2017年10月10日 更新

赤ちゃんの歯磨きはいつから?方法や教え方は?ガーゼ磨きは?知っておきたい虫歯予防の心得

歯が生え始めると成長を感じ嬉しいものですよね。しかし気になるのがお口のケアです。子供が将来、虫歯で困らないように赤ちゃんのころからケアをすることが大切です。赤ちゃんの歯磨きってどうすればいいの?いつから始めたらいいの?そんなママさんの疑問にお答えします!

174 view お気に入り 0

虫歯になる仕組みとは?どんなことに気をつければいい?

子供のころ、歯医者が苦手だった人も多いですよね。
虫歯になると治療がつらいだけでなく、
見た目の悪さからコンプレックスになりがちです。

可愛いわが子にそんな思いをさせないために
お口のケアはとても大切です。

そもそも虫歯はどのような病気かご存知ですか?
実は虫歯は大人からうつる感染症なんです。
お口の中にはいい菌や悪い菌を含むたくさんの細菌(さいきん)が住みついています。
たくさんいる菌の中でも、虫歯の一番の原因菌といわれるのが『ミュータンス菌』です。
『ミュータンス菌』という細菌が作り出す酸によって歯が溶かされていく病気が虫歯です。
生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌はいません。では、なぜ子供は虫歯になってしまうのでしょうか? それは、虫歯菌がお母さんなどの身近な大人からうつってしまうから(母子感染)。そのため、大切なのはまずは虫歯にならないこと。子供の頃から予防意識をしっかり持つことが、一生のお口の健康につながるのです。
虫歯菌とよばれるミュータンス菌が原因なんですね。

虫歯菌を母子感染させないためには
どんなことに気をつければいいのでしょうか?
虫歯菌は、赤ちゃんのそばにいるお母さんやお父さんなど、身近な大人からうつります。そのしくみは、コップやおはしなどの食器の共有や、大人が噛んだものを与えたり愛情表現のキスをしたりすること。

つまり母子感染を避けるには、食器を共有しないよう注意するほか、大人のお口から虫歯菌を減らしておくことが大切です。大人の方は、ご自身のためはもちろん大切なお子さんのために、虫歯があったらきちんと歯科治療を受け、日頃からメインテナンスに努めましょう。
ママも一緒にお口のケアをする必要がありそうですね。

乳歯が生えてくる2歳前後が虫歯になりやすい時期だと言われており
この時期まで虫歯がなければ大人になってからも
虫歯になりにくいそうです。

可愛いわが子を見るとついキスしたくなりますが
3歳くらいまでは我慢してあげたほうが良さそうですね。

またママの虫歯菌を減らすためには
キシリトールがおすすめです。

タブレットやキシリトール入りのガムなどで
日々ケアしておけば感染予防につながります。

赤ちゃんの歯磨きはいつから?注意することは?

gettyimages (16780)

赤ちゃんにも歯磨きは必要?
虫歯菌を感染させないと同時に
歯磨きの習慣が虫歯予防につながります。

赤ちゃんの歯磨きについて
ママたちの声を集めてみました。
赤ちゃんの歯磨きについてよくわからないというママや、数本しか生えていないのに歯磨きが必要なの?というママもいました。
嫌がる赤ちゃんにはどのように歯磨きをしたらいいのでしょうか?
クレジットカード

クレジットカードのおすすめの話題を随時更新中!

クレジットカードのお得でおすすめな話題を詳しく解説!審査・主婦・学生・年会費・ゴールドカードなど特徴別に厳選した記事も。
そもそも赤ちゃんの歯磨きはいつから始めたらいいのでしょうか?
気をつけるポイントなどママの疑問について調べてみました。
当院の患者さんから聞かれるのは「いつ始めるの?」という質問が一番多いです。赤ちゃんの歯磨きを始めるタイミングは、最初の歯が生えたときからです。ですので、歯磨きのスタートは6ヶ月~1歳位が目安です。この時期はまだ間食も少なく、唾液の自浄作用で清潔に保てるので、しっかり磨くというよりは赤ちゃんにもこの時期から始め、磨く側に慣れてもらうことが大切です。歯ブラシに慣れてもらうにリラックスできるように心がけて下さい。
磨くときは、おっぱいと同じ抱っこで寝かせる姿勢にしてあげましょう。
赤ちゃんがリラックスして歯磨きを楽しめる雰囲気作りも大切です。歌ったりおしゃべりしたりしながら磨くと楽しいでしょう。
そしておわったら、たくさんほめてあげましょう。
そして日頃から、遊びついでに口や頬に触るようにし、触られることに慣れさせましょう。
まだ数本しか生えていない場合は
ガーゼで優しくふき取るだけでも大丈夫だそうです。

これから虫歯を作らせないためには
ママがする歯磨きだけでなく、自分で歯磨きをする習慣をつけさせることが重要です。

歯磨きに苦手意識を持たさないために
歯磨きを親子のスキンシップの一つにできるといいですね。

赤ちゃんが嫌がって歯磨きができないママは
歯磨きの姿勢を見直してみるといいかもしれません。

甘いものは大丈夫?虫歯にならない食生活は?

gettyimages (16790)

おやつは食べても大丈夫?
歯磨きと同時に食生活も虫歯予防に大切です。

子供がおやつを欲しがる場合はどうすればいいでしょう?
虫歯にならない間食の方法を調べてみました。
お口の中に、糖分を含んだ食べ物がある間は、ムシ歯菌が活動して酸性の物質をだし、ムシ歯が出来やすい状態になっています。お口の中に、食べ物がなくなると、唾液が酸性物質を洗い流し、虫歯になりにくい状態になります。このことから、考えると、ムシ歯になりやすいおやつとは、

砂糖の多く含まれているもの
食べ終わるのに時間のかかるもの
歯にくっつきやすいもの(食べ終わっても、歯にくっついてまま長時間お口に残っていると、いつまでも酸性状態が続きます)

具体的に例を挙げると、砂糖をたくさん含み、食べ終わるのに時間がかかり、しかも歯にくっつくアメやキャンディ、キャラメル、ガムなどは最高にムシ歯になりやすいお菓子と言えます。その次に砂糖を多く含み歯にくっつくチョコレート、ビスケット、クッキー、ケーキなどがきます。アイスクリームやプリン、ゼリーはお砂糖を多く含むのですが、すぐに食べ終わり、歯にもくっつく時間が短いので、どちらかというとムシ歯になりにくいお菓子と言えます。せんべいやクラッカー、ポテトチップス、ナッツ類は砂糖が少なく、歯にくっつきにくいためムシ歯にはなりにくいお菓子です。
むし歯になるかならないかは、おやつを食べるタイミングにも関係する。
ふだんは中性に近い口の中も、ものを食べると酸性に傾きます。だ液の働きで口の中は自然に中性に近づこうとはしますが、間食が多いとだ液の働きが間に合わず、常に酸性の状態に。むし歯になりやすくなるのです。 おやつを食べるなら食事とセットで。だらだら食べに注意しましょう。
子供がおやつを欲しがる場合は、
おやつの種類や時間を考慮してあげることで
虫歯になりにくくなります。

まとめ

thinkstock (16804)

虫歯ができない習慣作りが大切です。
子供が虫歯にならないようにするためには
赤ちゃんからケアが大切なんですね。

また少し大きくなれば歯磨きの習慣や、
食の好みが虫歯の有無に関わります。

甘味嗜好がつくと買い食いができる年になって
虫歯に悩まされるようになります。

だらだら甘いものを食べる習慣をつけないためにも
間食の時間を決めたり、ジュースやお菓子の買い置きをやめるなど
ルールを決めるといいかもしれません。

子供が大人になって歯のトラブルに困らないように
しっかりケアをしてあげたいですね。
29 件
クレジットカード審査甘い

クレジットカード審査申請基準が甘い厳選17枚を比較!審査のポイントを解説

初めてクレジットカードを作る場合や審査に自信がない場合には、審査の基準が高いクレジットカードの申込みは避けましょう。一度クレジットカードの審査に落ちてしまうと信用情報に記録が残ってしまいます。

マタイク関連記事 こんな記事も人気です♪

おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

クレジットカードニュース編集部では、クレジットカードを検討している人に特徴とおすすめポイントを分かりやすく解説している記事とクレジットカードにまつわるニュースや豆知識記事を随時更新してお届けしています。
アメックス

アメックス

アメックスのクレジットカード12枚の特徴や審査申請基準をまとめて解説!
元歯科衛生士が教える『おでかけ中で、歯磨きができない!』そんな時OKなお菓子・NGなお菓子

元歯科衛生士が教える『おでかけ中で、歯磨きができない!』そんな時OKなお菓子・NGなお菓子

子供の歯は虫歯になりやすいということを、どのママも知っているはずです。そのため、おやつをあげるタイミングやお菓子を始める時期など皆さん試行錯誤されていることでしょう。大切なのは歯磨きです。わかっていても、お出かけ中などすぐに磨けないときもありますよね。そんな時の対処法や、おすすめのお菓子についてのコラムです。
塚原朋子 | 65 view
歯磨き&仕上げ磨き きちんとできてますか?目で見て確認!液体歯磨きで、磨き方を見直そう!

歯磨き&仕上げ磨き きちんとできてますか?目で見て確認!液体歯磨きで、磨き方を見直そう!

お子様の大切な歯を守るために、毎日仕上げ磨きを頑張っているママさんは多いでしょう。しかし、歯磨きの仕方には誰しも少なからず癖があり、『よく磨けていない場所』が存在します。子供の歯磨きに対する意識を上げるためにも、液体歯ブラシがおススメです。
塚原朋子 | 138 view
2歳から始められる『口がゆすげるようになったら』洗口液で虫歯予防のススメ!

2歳から始められる『口がゆすげるようになったら』洗口液で虫歯予防のススメ!

子供を虫歯にさせたくないと、誰もが思いますよね。しかし、子供はおやつやジュースが大好き!歯磨きや、定期検診だけではちょっと不安というママさんにおススメなのは「洗口液でのオーラルケア」です。利用している大人は多いですが、子供で洗口液というとまだあまり馴染みがないのではないでしょうか? うがいができるようになってから始める洗口液について解説します。
塚原朋子 | 201 view
元歯科衛生士のママが教える【虫歯にならないおやつ】とは?チョコレートはやっぱりだめなの?

元歯科衛生士のママが教える【虫歯にならないおやつ】とは?チョコレートはやっぱりだめなの?

チョコレートや飴など、いつからあげていいのかわからないおやつはありませんか?虫歯になるからダメっ!と禁止されている子供をよく見かけます。ではいつからなら食べていいのでしょうか?虫歯のメカニズムを知り尽くす、元歯科衛生士が乳歯と虫歯について解説します。
塚原朋子 | 194 view
【必見】赤ちゃんにキスしたら虫歯がうつるってホントなの?対策を大公開!

【必見】赤ちゃんにキスしたら虫歯がうつるってホントなの?対策を大公開!

愛しい我が子を見ているだけキスしたくなりますよね。チューしたくなりますよね。しますよね。しかし、赤ちゃんにキスすることで虫歯菌がうつると言われています。それってホントなの?について調べてみました。
おしゃぶりで歯並びが悪くなるって本当!?これを読めばスッキリ解決!!

おしゃぶりで歯並びが悪くなるって本当!?これを読めばスッキリ解決!!

1度は耳にするおしゃぶりについて。「おしゃぶりをすると歯並びが悪くなる」これって真実なのでしょうか?すでにおしゃぶりに慣れてしまってこれがないと落ち着いてくれないから困る…。今回は、「おしゃぶりで歯並びが悪くなる」についてお答えします!!
naay76 | 63 view
出産をスムーズに陣痛を乗り切る!「ソフロロジー式」ってどんな呼吸法?

出産をスムーズに陣痛を乗り切る!「ソフロロジー式」ってどんな呼吸法?

出産準備をしながら呼吸法の練習。陣痛の最中に、リズムをつかみながらうまくできるのかな・・・と心配になります。そこで、シンプルな呼吸法や赤ちゃんをしっかりイメージする練習をすることで、リラックスして出産するという方法の「ソフロロジー式」。どのような方法なのでしょうか。
COFFEE | 958 view
6月4日は「虫歯予防デー」こどもの「歯のケア」を家族で考えよう!

6月4日は「虫歯予防デー」こどもの「歯のケア」を家族で考えよう!

6月4日は「虫歯予防デー」。集団歯科健診の結果に、今年も悩まされたり。歯のケアは大切な生活習慣ですので、子どものうちに身につけてもらいたいですね。便利な歯磨きグッズや、虫歯を防ぐケアサプリ、効果の高いL8020乳酸菌についてご紹介します。
COFFEE | 663 view
【肌荒れに悩むママ必見!】今年の夏は「おむつかぶれ」知らず!自宅でできるホームケア教えます☆

【肌荒れに悩むママ必見!】今年の夏は「おむつかぶれ」知らず!自宅でできるホームケア教えます☆

だんだんと暑くなるこの季節。赤ちゃんは汗っかきなのに、さらに拍車がかかり「おむつかぶれ」を引き起こす原因に!繰り返す肌荒れは将来あとに残ることもあるので、何とかしてあげたいですよね?今回は、自宅でできるホームケアと我が子はこれで治った裏技を教えます(^^)!
naay76 | 185 view
知っておくと便利!赤ちゃんが病気の時の「症状別離乳食」【病気の時のホームケア】

知っておくと便利!赤ちゃんが病気の時の「症状別離乳食」【病気の時のホームケア】

赤ちゃんが病気になったとき、薬のことは病院からの処方でわかるけれど、自宅では何をどんなふうに食べさせればいいの?と不安に思ったことのあるママも多いと思います。そこで赤ちゃんの病気の時の「症状別の離乳食」の紹介です。ママは赤ちゃんが早く回復に向かうように、病気の症状に合わせて離乳食を作ってあげてくださいね。
miyamu | 305 view
【0~3ヶ月の赤ちゃん】育児・子育てママの不安・気がかりQ&A

【0~3ヶ月の赤ちゃん】育児・子育てママの不安・気がかりQ&A

新米ママの初めての育児は、赤ちゃんのほんのささいなことが不安になったり、気がかりになったりします。こんな時はどうすればいいの?などママが気になっていることって意外と多いものです。そこでその不安やきがかりを解消します!
miyamu | 591 view
赤ちゃんの健康を左右する妊娠中の健康管理はバランスが重要!【健康・学力に影響も】

赤ちゃんの健康を左右する妊娠中の健康管理はバランスが重要!【健康・学力に影響も】

以前は「小さく産んで大きく育てる」と言われていた時期もありましたが、妊婦さんの栄養のとり方や出産時の赤ちゃんの体重によって、健康に大きな影響が出てくる可能性が指摘されています。出生時の体重が少ないと、将来の健康リスクや学力に影響するという新聞記事についてご紹介します。
COFFEE | 316 view
せっかく寝たのに「背中スイッチ」と戦うママ必見!スイッチは背中じゃなかった!【背中スイッチ対策】赤ちゃんの寝かせ方

せっかく寝たのに「背中スイッチ」と戦うママ必見!スイッチは背中じゃなかった!【背中スイッチ対策】赤ちゃんの寝かせ方

やっと寝てくれた・・さぁ布団へ置きましょうかね・・・「ギャー!」よくある光景ですね。赤ちゃんを寝かせつけて布団に下ろそうとすると、まるでスイッチが入ったように泣きだす。寝てくれたら家事をする時間もできるのに・・ため息をついて、また抱き上げる。赤ちゃんを起こさずに布団におろすテクニックをまとめてみました。なんと、スイッチは背中ではなかった。
マタイクは妊娠・出産・育児にのぞむママ・パパのために毎日安心できる情報がいっぱい!

マタイクは妊娠・出産・育児にのぞむママ・パパのために毎日安心できる情報がいっぱい!

マタイクは「マタニティ」と「育児」のまとめサイトです。妊娠・出産・育児にのぞむママ・パパのために毎日安心できる情報をお届けします。また、ファッション、美容、グルメ、節約、健康、教育などライフスタイルでママ・パパに役立つ情報も満載なまとめサイトです。
1歳6ヶ月検診は何をする?知っておきたい赤ちゃんの健康状態や成長の基準とは

1歳6ヶ月検診は何をする?知っておきたい赤ちゃんの健康状態や成長の基準とは

1歳6ヶ月くらいになりますと、赤ちゃんの健康状態や成長具合を確認する定期検診があります。それが1歳6ヶ月検診です。子供の成長はそれぞれとは言っても何をどのように診るのかは気になる方も多いでしょう。そこで、1歳6ヶ月検診について、知っておきたい情報をまとめました。
tm3 | 111 view
【朗報!経験者ママが語る!】”授乳”は乳がんリスクを下げる!赤ちゃんとママのwin-winな関係

【朗報!経験者ママが語る!】”授乳”は乳がんリスクを下げる!赤ちゃんとママのwin-winな関係

母乳は赤ちゃんの免疫力を高めるのに効果的と言われていますが、実はママにもメリットがありました。女性の罹るがんNO1と言われている乳がんの予防に効果的ということでした。結構リスクが低下するので、できるなら長く母乳をあげたほうがいいのかもしれません。
慌てずに!赤ちゃんの高熱「突発性発疹」の対処法のポイント!

慌てずに!赤ちゃんの高熱「突発性発疹」の対処法のポイント!

生後半年~2歳くらいまでの間にかかることが多い感染症です。突然38度くらいの熱で発症し、その日のうちに40度近くまで上がることもあります。この病名を「突発性発疹」といい、多くの赤ちゃんが経験する病気のひとつです。そんな赤ちゃんの症状にママは慌てず対処が必要です!突発性発疹について、理解しておくべきポイントを押さえておきましょう!
ビオラちゃん | 203 view
【癒される】知っておきたい!ベビーマッサージの基礎知識!赤ちゃんの冬の乾燥肌にも効果あり!

【癒される】知っておきたい!ベビーマッサージの基礎知識!赤ちゃんの冬の乾燥肌にも効果あり!

赤ちゃんとママのコミュニケーションができると話題のベビーマッサージ。ベビーマッサージは赤ちゃんとお母さんの愛情を深めるスキンシップの一つです。お母さんに触れられることで赤ちゃんはとても安心し、心が満たされます。
赤ちゃんの歯磨きと歯磨き粉はいつから始めるの?口コミで人気の歯磨き粉8選

赤ちゃんの歯磨きと歯磨き粉はいつから始めるの?口コミで人気の歯磨き粉8選

生えて間もない時期の赤ちゃんの歯は柔らかくて、虫歯になりやすいですね。今回は赤ちゃんの歯磨きや歯磨き粉の選び方・口コミで人気のおススメ商品を8点の紹介です。
miyamu | 83 view
「3歳児神話」3歳までの子育てが大事?

「3歳児神話」3歳までの子育てが大事?

よく「子育ては3歳までに決まる」と言われますよね?なぜなんでしょうか?「3歳児神話」についてまとめました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mitukitukituki mitukitukituki

人気まとめ記事

mataiku編集部イチオシ

おすすめの記事

今注目の記事

NEW 新着記事

最近投稿された記事

関連おすすめ記事

mataiku relation