2017年8月31日 更新

子供が発症しやすい小児ぜんそくとは?症状や原因は?

小児ぜんそくをご存知ですか?小さいころに喘息になり、大人になってから治る人と、小さいときに発症せずに成人してから発症する人に分かれます。そこで最近、子どもたちの間で増加傾向にある小児ぜんそくについてまとめました。小児ぜんそくと喘息の種類について紹介します。

140 view お気に入り 0

小児喘息とは?

thinkstock (18542)

こどものうちに、咳をしていたりすると風邪をひいたのかな?具合が悪いのかな?と思います。現在、大人になっている人でも、こどもの頃、小児喘息にかかったことがあるという方は意外に多く、大人になってから咳が出なくなったという人もいます。
小児喘息の主な原因はアレルギーと言われています。
小児喘息の定義は、「発作的に喘鳴(ぜんめい)を伴い、呼吸困難を繰り返す疾患」です。これには個体因子(両親からの遺伝や体質)と環境因子(アレルゲンや受動喫煙など)が絡み合って発症します。
気管支に慢性的な炎症があり、気道過敏性により気管支の粘膜がむくんで気管が狭くなります。
たんが増え呼吸が苦しくなり、ヒューヒュー、ゼイゼイという喘鳴(ぜんめい)音が聞こえるようになります。
小児ぜんそくについて書かれています。

咳喘息、気管支喘息、喘息の違い

・咳喘息

咳喘息は成人、大人になってから発症することが多く、風邪をひいたりすると、風邪が治った後でも咳が止まらず生活に支障をきたすこともあります。
私の主人が、27歳くらいの時に咳喘息を発症し、咳喘息になったら吸入薬(ステロイド)ではないと収まらないようになってしまいました。
発症してから5年経ちますが毎年、風邪をひくと、風邪が治っても咳だけが出続けます。

・喘息

呼吸をする時にどこからともなく、ヒューヒュー、ゼイゼイと言う音から喘息と判断するそうです。

・気管支喘息

小発作

呼吸困難はそれほど起こらず、食べたり眠ったりできる。

中発作

ヒューヒュー、ゼイゼイという音がはっきり聞こえる。眠っていても夜に目を覚ますことがある。食欲も落ちてくる。

大発作

呼吸困難が激しくて日常生活が送れない。前かがみになって息をする。苦しくて眠れなくなり食事も取れなくなる。
気管支ぜんそくは死に至る場合もあるので注意が必要です。
クレジットカード審査ポイント

クレジットカード審査が分かる7つのポイントを詳しく解説!

クレジットカードの審査を通過するには、申込み欄をきちんと埋める必要があります。この記事ではクレジットカード審査が良くわかる7つのポイントを詳しく解説しています。
私も3年前に気管支喘息になり現在も治療中です。重度の気管支喘息(大発作)でほっといたら死ぬと言われました。

小児喘息は遺伝する?

gettyimages (18564)

家族に喘息を持っている方や、兄弟に喘息を持っている方は遺伝率が高く、アレルギー体質になりやすいそうです。
アトピー性皮膚炎を合併症として起こしてしまうこどももいるようで、治療には時間がかかると言われています。
私の子供も風邪をひいて咳をした時に、気管支炎喘息と言われました。
気管支炎喘息と気管支喘息はまた違い、気管支炎の場合はウィルスや細菌などが原因で発症してしまうそうです。

早期発見するには?

咳が出るので風邪かと思い小児科を受診したら、喘息と診断された
急な発作から始まる
アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎による鼻水がのどに流れ、気管支を刺激して咳や発作の原因となる
風邪と喘息の症状は似ているので病院に行くのが一番です。
私たちのような、親が喘息を持っていれば、子供の症状に逸早く気づいてあげられるかもしれませんが、そうでない場合は、日々の観察が重要になると言えます。
20 件
クレジットカード審査甘い

クレジットカード審査申請基準が甘い厳選17枚を比較!審査のポイントを解説

初めてクレジットカードを作る場合や審査に自信がない場合には、審査の基準が高いクレジットカードの申込みは避けましょう。一度クレジットカードの審査に落ちてしまうと信用情報に記録が残ってしまいます。

マタイク関連記事 こんな記事も人気です♪

おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

クレジットカードニュース編集部では、クレジットカードを検討している人に特徴とおすすめポイントを分かりやすく解説している記事とクレジットカードにまつわるニュースや豆知識記事を随時更新してお届けしています。
アメックス

アメックス

アメックスのクレジットカード12枚の特徴や審査申請基準をまとめて解説!
旅行や発表会など、イベントを風邪でお休みさせたくない!今日からできる身体改善方法まとめ

旅行や発表会など、イベントを風邪でお休みさせたくない!今日からできる身体改善方法まとめ

保育園や幼稚園など、集団に入ったとたんに増えるのが風邪などの感染症。小学生になっても中学生になってもそれは変わりません。これからの時期は特に病気にかかる子供が増えてきます。そんな冬に是非試してほしい「免疫力を高め、病気にならない強い体を作る」ための方法をまとめました。
塚原朋子 | 318 view
赤ちゃんが風邪を引いた!症状別「熱性けいれん」の対処法《発熱編》

赤ちゃんが風邪を引いた!症状別「熱性けいれん」の対処法《発熱編》

大切な赤ちゃんが風邪を引いてしまった!焦らず適切な対応をとってあげることで、1日でも早く回復できるようサポートしてあげましょう。今回は『高熱が出た場合』についての発熱時の対処法を徹底解説していきます。
塚原朋子 | 88 view
あれ?もう抜けた?早く乳歯が抜けてしまう「低ホスファターゼ症」が増えているって本当?

あれ?もう抜けた?早く乳歯が抜けてしまう「低ホスファターゼ症」が増えているって本当?

「低ホスファターゼ症」という病気はご存知ですか?骨の発達に関わる疾患として、近年話題となっているものです。早期診断が重要となってくるこの病気。初めて聞いたという人は、この記事をよんで是非知識を深めてください。
塚原朋子 | 669 view
子供だけじゃない!手足口病には大人も気を付けて!初期症状は?治療法は?何科?何日で治る?

子供だけじゃない!手足口病には大人も気を付けて!初期症状は?治療法は?何科?何日で治る?

子どもの病気だと思いがちな「手足口病」は大人は感染しないと思っていませんか?実は大人もしっかり感染する病気で、大人がかかると重症化しやすいのも特徴です。これから夏にかけて感染しやすく、なかなか大変な大人の手足口病の予防や治療法についてまとめました。
れぺて | 1,245 view
6月4日は「虫歯予防デー」こどもの「歯のケア」を家族で考えよう!

6月4日は「虫歯予防デー」こどもの「歯のケア」を家族で考えよう!

6月4日は「虫歯予防デー」。集団歯科健診の結果に、今年も悩まされたり。歯のケアは大切な生活習慣ですので、子どものうちに身につけてもらいたいですね。便利な歯磨きグッズや、虫歯を防ぐケアサプリ、効果の高いL8020乳酸菌についてご紹介します。
COFFEE | 715 view
知っておくと便利!赤ちゃんが病気の時の「症状別離乳食」【病気の時のホームケア】

知っておくと便利!赤ちゃんが病気の時の「症状別離乳食」【病気の時のホームケア】

赤ちゃんが病気になったとき、薬のことは病院からの処方でわかるけれど、自宅では何をどんなふうに食べさせればいいの?と不安に思ったことのあるママも多いと思います。そこで赤ちゃんの病気の時の「症状別の離乳食」の紹介です。ママは赤ちゃんが早く回復に向かうように、病気の症状に合わせて離乳食を作ってあげてくださいね。
miyamu | 528 view
「小児糖尿病」って何?普通の糖尿病との違いとは?予防できるの?治療方法は?

「小児糖尿病」って何?普通の糖尿病との違いとは?予防できるの?治療方法は?

小児糖尿病という言葉を聞いたことがあるでしょうか。子どもが発症しやすいⅠ型糖尿病と混同されがちですが、それとは違います。子どもに起こるⅡ型糖尿病である、小児糖尿病について、予防方法や治療方法を解説します。
りょうか | 259 view
危険な熱中症!熱中症のサインは?子どもを守る予防・対処・応急処置のポイント

危険な熱中症!熱中症のサインは?子どもを守る予防・対処・応急処置のポイント

暖かい季節になてくると、油断できないのが熱中症。真夏のものかと思いきや、春でも油断はできません。熱中症は対処が遅れると命の危険すらあります。そんな熱中症から子どもを守るためにも熱中症の予防や、かかってしまった時の対処法、応急処置についてまとめました。
りょうか | 269 view
子宮筋腫!症状は?治療法は?診断を受けたらどうしたらいい?

子宮筋腫!症状は?治療法は?診断を受けたらどうしたらいい?

健診を受けて「子宮筋腫」と診断された場合、どうしたらよいのでしょうか。悪化する?経過観察?このままでいいの?婦人科の腫瘍のなかで最も多い病気が子宮筋腫と言われています。成人女性の4~5人に1人といわれる身近な病気「子宮筋腫」についての情報をお伝えします。
COFFEE | 120 view
これから強くなる紫外線!赤ちゃんに日焼け止めは必要?皮膚がんのリスクは?対策は?

これから強くなる紫外線!赤ちゃんに日焼け止めは必要?皮膚がんのリスクは?対策は?

出来れば子供を外でたくさん遊ばせてあげたいですよね。しかし気になるのが紫外線です。紫外線を浴びすぎるとシワやシミ、皮膚がん発症などを引き起こす可能性だってあります。そこで、赤ちゃん、子供の紫外線対策はどうすれば良いのでしょうか?また紫外線によるリスクなどはどれ程あるのでしょうか?
mitukitukituki | 211 view
家族旅行で子供が成長?!驚き!旅が子供に与える大きな力とは?情緒教育に最適!

家族旅行で子供が成長?!驚き!旅が子供に与える大きな力とは?情緒教育に最適!

幼いころから色々な物を見て様々な体験をしていくうちに、子供の感性や心は豊かになります。そこで今回オススメしたいのが「家族旅行」。家族の思い出も作れて、さらに子供の心を育てる、いいことだらけの家族旅行がもたらす効果を紹介します。
プーさん | 1,990 view
慌てずに!赤ちゃんの高熱「突発性発疹」の対処法のポイント!

慌てずに!赤ちゃんの高熱「突発性発疹」の対処法のポイント!

生後半年~2歳くらいまでの間にかかることが多い感染症です。突然38度くらいの熱で発症し、その日のうちに40度近くまで上がることもあります。この病名を「突発性発疹」といい、多くの赤ちゃんが経験する病気のひとつです。そんな赤ちゃんの症状にママは慌てず対処が必要です!突発性発疹について、理解しておくべきポイントを押さえておきましょう!
ビオラちゃん | 289 view
アレルギーに関する3歳児子どものアレルギー東京都調査!疾患 出産前に知っておきたい知識と対策とは?

アレルギーに関する3歳児子どものアレルギー東京都調査!疾患 出産前に知っておきたい知識と対策とは?

東京都が実施したアレルギーに関する3歳児全都調査(平成27 年5月発表)によると、3歳までに何らかのアレルギー症状があり、かつ診断されている児は約4 割でした。
子育てを頑張るママへ♡ママだから共感できる子供への愛を歌った名曲5選

子育てを頑張るママへ♡ママだから共感できる子供への愛を歌った名曲5選

音楽には様々なメッセージが込められており、聞く人の心に響きます。恋人に宛てた恋愛ソングや失恋ソング・元気のでる応援ソングなどがありますが、家族に向けられた歌・特に”母から子への愛”を歌った名曲を集めてみました。
塚原朋子 | 15 view
果物の王様”りんご”の効果がスゴイ!疲労回復や便秘改善になる♡美味しいリンゴの見分け方

果物の王様”りんご”の効果がスゴイ!疲労回復や便秘改善になる♡美味しいリンゴの見分け方

りんごはまさに今が”旬”。「一日一個のりんごは医者を遠ざける」「百薬の長」とも言えるほど体に大変良い果物です。この記事には”りんごに含まれている効能”と、買うときに参考になる”おいしいりんごの選び方”などを解説してあります。
【育児絵日記】過酷!嘔吐下痢症

【育児絵日記】過酷!嘔吐下痢症

寒くなると風邪やインフルエンザや感染性胃腸炎など流行る病気はさまざま。そんな我が家のとある1日。
Shokotan | 21 view
お年玉いくらあげる?相場は?もらったお金はどうしてる?【みんなのお年玉事情が知りたい!】

お年玉いくらあげる?相場は?もらったお金はどうしてる?【みんなのお年玉事情が知りたい!】

クリスマスに大掃除・帰省準備・年賀状の作成など、年末年始はやることがたくさんあってバタバタしますよね。年始のあいさつ回りにむけて準備しておきたいのが『お年玉』です。でもいったいいくら入れればよいの?もらったお金は皆どうしているの?と疑問に思ったことはありませんか?「お金」がテーマということもあり、あまり聞けない皆のお年玉事情をリサーチしてみました。
塚原朋子 | 21 view
初心者でも作れる「女の子の服の作り方が分かる洋裁本」2選!初めて洋服を作るならスカートから♡

初心者でも作れる「女の子の服の作り方が分かる洋裁本」2選!初めて洋服を作るならスカートから♡

子供の誕生をきっかけにミシンを買う方は多いです。お裁縫は得意ではないけど「娘に服を作ってみたい!」と思うママは多いのではないでしょうか。初めて洋服を作るならスカートがおすすめです。今回は初心者におすすめの子供服洋裁本と本を参考に作られた作品を紹介したいと思います。
2018 幼児が喜ぶクリスマスプレゼント♡贈って嬉しい人気のおすすめ商品15選!

2018 幼児が喜ぶクリスマスプレゼント♡贈って嬉しい人気のおすすめ商品15選!

あと1ヶ月もしないうちにクリスマスがやってきます!お子さんへのクリスマスプレゼントはもうお決まりですか?男の子も女の子にもよろこぶおすすめプレゼント15点をご紹介します。サンタさんが来るのが待ち遠しくなっちゃうね!
子どもの寝冷えに悩む子育てママ必見!先輩ママに学ぶ”寝冷え防止”テクニック5選

子どもの寝冷えに悩む子育てママ必見!先輩ママに学ぶ”寝冷え防止”テクニック5選

朝晩の冷え込みが厳しくなってきて、いよいよ冬が到来してきたという地域も多いのではないでしょうか?寒い季節になるといつも頭を悩まされるのは”子供の寝相”です。寝相が悪く、布団からすぐに出てしまうという子供は多いでしょう。これからの寒さが厳しくなる時期、怖いのは寝冷えによる風邪です。3児の母が教える、寝冷えを予防する目から鱗のテクニックをご紹介します。
塚原朋子 | 30 view

この記事のキーワード

この記事のライター

ちろひろ ちろひろ

人気まとめ記事

mataiku編集部イチオシ

おすすめの記事

今注目の記事

NEW 新着記事

最近投稿された記事

関連おすすめ記事

mataiku relation