子どもの食が細い!好き嫌いが激しい!そんな子にもっと食べさせるコツとは?

子どもの食が細い!好き嫌いが激しい!そんな子にもっと食べさせるコツとは?

子どもの「食」は母乳メインの時期から離乳食期、幼児食期へと移り変わって行きます。

愛情こもった母の手料理をニコニコしながら食す我が子…そんなシナリオ通りに事が運ぶかと思っていたら大誤算!

蓋を開けてみたら、食べる量は少ないし、好き嫌いは激しいし。

母にとって、子どもの「食」は悩みの種の代表格なのです。

一体どうしたら美味しく食べてもらえるのか、今日から出来るちょっとしたコツをご紹介します。

スポンサーリンク

9割のママが悩んでる!?子どもの「食」について。

厚生労働省の調べによると、1~4歳半未満の子どもを持つ母親のおよそ9割が「子どもの食事について困りごとがある」と答えたことが分かりました。
また、カゴメ株式会社の調査では「子どもの健康管理上の悩み」で上位3位にランクしたのが「食」に関する悩みでした。
幼児期の食について|おやこのニコニコ食卓|しまじろうと野菜をおいしく!こどもちゃれんじ&カゴメ (17645)
子どもの健康管理上の悩みの上位は、「好き嫌いが多い」24%、「野菜嫌い」21.6%、「食が細い」19.1%と食に関する悩みが上位を占めていることが分かります。
 
関連記事

離乳食から2歳ごろにかけて、食事の悩みは尽きません。 今まで食べていたのに急に食べなくなったり。 どうしても食が細くて食べてくれなかったり。 食事中に遊んだり。どうして食べてくれないのだろう?と、食事に対するママの悩みは尽きません[…]

【うちの子だけ食べない】なんて悩まないで大丈夫です。食べるようになります!
 

偏食やむら食いは、ほとんどが一過性のものです。

悩ましい子どもの偏食やむら食いですが、一過性であることがほとんどのようです。
というのも、幼児期は精神的にまだまだ不安定な時期で、ほんの少しの感情の揺れが食欲を左右することも多いからです。
気分が乗れば食事に集中することが出来るし、ほかに興味を奪われたり、気に入らないことがあれば、食事が二の次になってしまうこともあります。
【「偏食」はこうして対処しましょう】
  • 嫌いなものをむり強いするのは逆効果!まずは好きな食品を取り入れるなど、食への意欲を掻き立てる。
  • 盛り付け方法を工夫したり、時には外食やお友達と会食するなど、食環境にバリエーションをつけてみる。 【「むら食い」はこうして対処しましょう】
  • 食事を強制するのは逆効果。
  • 間食を控え、食事の時間にきちんとお腹が減っている状態にする。
  • 体を動かす遊びをたくさん取り入れて、空腹感を覚えさせる。

 

関連記事

子供に自我が芽生えると、好き嫌いが出てきて、苦手なものは食べなくなってしまいます。 野菜が嫌いな子供は多いですが、栄養満点なので健康のためにも食べて欲しいですよね. なぜ子供は野菜が苦手で、どうやったら克服できるかを、筆者の体験談と[…]

子どもが野菜を食べてくれない!好き嫌いを克服させるには食事を楽しく!ママにできる10の活用法

 

こんなメニューが子どもにウケる!!今日から作れるお手軽レシピ☆

【クックパッドから厳選】野菜嫌いのこどもでも食べられる!絶品レシピまとめhttps://t.co/QaUFBxBgZU

— 知ってて損しない雑学 (@BUCKTake) April 5, 2017
野菜嫌いの子どもでも食べられるレシピがたくさん紹介されています。
手軽に作れ、しかも見た目にも美味しいものが多いので、ママにも子どもにも嬉しいレシピです!

「常備菜」作りにチャレンジしてみたいけれど、子どもが小さくてなかなか時間が取れないというママはいませんか?
■2〜3歳の子どもとお料理!簡単な「常備菜」レシピ3選、子どもの食育にもhttps://t.co/CYhtwZhHym#常備菜 #レシピ #お弁当

— qufourクフール|使える暮らしの工夫 (@qufour_jp) April 5, 2017
超簡単な常備菜が紹介されています!
2~3歳の子どもでもお手伝いできるほど簡単なので、是非親子で作ってみるといいですね!
自分で作ったものなら、子どもも喜んで食べてくれるはずです。
 
関連記事

子どもに可愛いキャラ弁を作ってあげたい! でも不器用でなかなか可愛くできない方必見! 誰でもできる簡単なキャラ弁の作り方をまとめました。 【おにぎりで簡単!貼り付けるだけ】 キャラ弁*簡単[…]

不器用さんも出来ちゃう簡単・早い・可愛いキャラ弁作り方イベントにも使える
 

上手く行かなくて当たり前!おおらかな気持ちで見守りましょう。

今回は子どもの「食」に関する悩みを取り上げてきましたが、いかがでしたでしょうか?
毎日の食事は、子どもの心身の健康を支えるという重要な役割を担っています。
だからこそ、種類や程度の差こそありますが、子どもの「食」について悩むママは多いのです。
ただ、日々肉体的にも精神的にも変化している子どもに、初めから安定した食事のリズムを求めるのは難しいです。
一喜一憂せず、おおらかな気持ちで見守ってあげることが、子どもに食事の楽しさを覚えさせる一番のコツではないでしょうか。

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

子どもの食が細い!好き嫌いが激しい!そんな子にもっと食べさせるコツとは?
最新情報をチェックしよう!