ママは抱っこ紐で肩が凝る!簡単マッサージ・ストレッチで肩凝り解消!の活用法

ママは抱っこ紐で肩が凝る!簡単マッサージ・ストレッチで肩凝り解消!の活用法

抱っこ紐は最初はラクだけれど、長時間歩いたりしていると、子どもの体重で肩に負担が掛かって肩凝りになってしまいますよね。

そんなお疲れママさんにオススメの肩凝りマッサージを紹介します!

スポンサーリンク

抱っこ紐での肩凝り!どうにかしたい!

今日は抱っこ紐でお出掛け♪最初はルンルンと出掛けたは良いものの、ちょっと経つと肩が痛い…。
子どもの体重を抱っこ紐で支えて、何もなしで抱っこするよりは確かに楽なんだけど、肩にガッツリ負担が掛かって肩凝りがハンパない!
なんてママさんにとっては日常茶飯事ではないでしょうか…。
そんな日々頑張っているママさんの肩をストレッチで癒してあげましょう♪

そもそも、肩凝りとは

頸部から僧帽筋エリアの諸筋に生じる主観的に詰まったような、こわばった感じや不快感・こり感・重苦しさや痛みにいたる症候の総称である。頭痛、吐き気を伴うことがある。 この症状に対する原因には諸説あるものの、確定的な診断方法や治療法はなく、腰痛などと並んで不明な点がとても多い疾患となっている。 長時間、首や背中が緊張するような姿勢をとり続けたり、猫背、前かがみなどの姿勢の悪さ、ショルダーバッグ、冷房などが原因とされる。 それらが原因で頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉(肩甲挙筋・上後鋸筋・菱形筋群・板状筋・脊柱起立筋)の持続的緊張によって筋肉が硬くなり、局所に循環障害が起こる。 それによって酸素や栄養分が末端まで届かず、疲労物質が蓄積しこれが刺激となって肩こりを起こすと考えられている。 或いは、筋肉を包む筋膜に出来る皺(しわ)が原因となる場合もあることが、最近分かってきた。
肩こりについて、肩がただ痛いと漠然としたイメージしか無かったのですが、こんなメカニズムがあったのですね!

 

「肩こり」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる (41015)
 
  • 首や背中が緊張するような姿勢での作業
  • 姿勢の良くない人(猫背・前かがみ)
  • 運動不足
  • 精神的なストレス
  • なで肩
  • 連続して長時間同じ姿勢をとること
  • ショルダーバッグ
  • 冷房などが原因に⁈

 

関連記事

育児をしていると、24時間続く抱っこやお世話、睡眠不足で疲れの抜けないママも多いと思います。 疲労感を減らすには、血流を良くすることと、しっかりリラックスして休むこと。 育児の合間にもできる手軽なストレッチ・[…]

子育て中の疲労感は育児の合間にケア!簡単にできる5つのストレッチとリラックス法

 

動画・画像を見て、ストレッチしてみよう

早速、動画を見ながらストレッチしてみましょう! 凝り固まった肩をほぐしてリフレッシュ!
見て覚えて、出先ではお手洗いの個室などでストレッチすると良いかも♪
やっぱり少し動かすだけでも違いますよ。

たった1分!超絶簡単なのに「みるみる肩こり解消ストレッチ」

 

 (41020)

 

関連記事

話題の腎臓マッサージ!その名も「腎マッサージ」で弱った体を健康体に! 人間の血液は体重の13分の1ほど。 血液は老廃物を運んで、腎臓は体外に排出してくれる役目を持っています。 でもその流れが滞ってくると体調不良の原因に。 話題の[…]

腎臓のツボで子育ての疲れが取れる!血液ドロドロも解消!話題の腎臓マッサージ方法のテクニック

 

マッサージにプラスして更にリラックス

肩凝りは、目の疲れからもきますので、目のケアも大切。
目を温めるアイマスクをしたり、目薬をこまめにしましょう。
また、シャワーだけでなく、しっかりと湯船に浸かると身体が温まり血流が良くなります。
湯船に入る時間がない場合は、首や肩に長めにシャワーを当てて温めましょう。

 

無香料でも充分気持ち良い…寝る前に付けると翌朝目がスッキリします。

まとめ

肩凝りとは無縁だった方も、子どもが生まれて抱っこを常にしているようになると知らぬ間に肩や背中、腰が凝ってしまいますよね。
短時間で効果抜群なストレッチをして気分転換してみましょう♪
また、パソコンやスマホを長時間見て、疲れた時にも効果的なので、是非試してみてください。

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

ママは抱っこ紐で肩が凝る!簡単マッサージ・ストレッチで肩凝り解消!の活用法
最新情報をチェックしよう!