知っておきたい!「赤ちゃんの肌」スキンケア5つのポイントと乳児湿疹の注意点

知っておきたい!「赤ちゃんの肌」スキンケア5つのポイントと乳児湿疹の注意点

生まれたてのあかちゃんの肌はツルツルすべすべでぷるぷる。でも赤ちゃんの肌は思いのほかデリケートなので肌トラブルになりやすいのです。肌あれや湿疹ができてしまったらママはとっても心配ですね。そこで赤ちゃんの肌を健康に保つためのスキンケアと肌トラブルになった時の対処法のお話です。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの肌

赤ちゃんの肌はバリア機能が未熟で、とてもデリケートです。
また赤ちゃんの肌の厚さは大人の半分の厚さしかないです。
水分量も皮脂量もとても少なくて、その水分を肌に保持するの機能が弱いのです。 赤ちゃんの肌の成長を助けるためにに、ママがきちんと赤ちゃんにスキンケアをしてあげる必要があります。 せっかくツルツルすべすべぷるぷるで生まれてきたのだから、そのままの肌でいてほしいですね。
赤ちゃんの肌を守って育てる「基肌育のススメ」 | 低刺激スキンケア基礎化粧品のナチュラルサイエンス (14309)
赤ちゃんの肌は大人よりずっと薄い!
ちょっとした刺激や気温・室度の変化を受けやすくトラブルを起こしがちです。
赤ちゃんの肌を守って育てる「基肌育のススメ」 | 低刺激スキンケア基礎化粧品のナチュラルサイエンス (14310)
新生児の皮脂量が多いのはおでこだけ、頬やお腹は乾燥しています。
1歳までにはさらに前進皮脂量が減少します。
赤ちゃんのスキンケア方法はとっても簡単です。
ポイントは、洗うときも保湿ケアをするときも、肌を傷つけないようやさしいタッチで触れること。
赤ちゃんの肌を守って育てる「基肌育のススメ」 | 低刺激スキンケア基礎化粧品のナチュラルサイエンス (14311)
プルプルして見える赤ちゃんの肌ですが、実際の水分量は四季を通じて大人より少ないことがわかります。
湿度の高い夏でさえ大人の半分以下の水分量です。

スキンケアすることで全身のうるおいバランスが整います!

赤ちゃんのスキンケア方法はとっても簡単です。
ポイントは、洗うときも保湿ケアをするときも、肌を傷つけないようやさしいタッチで触れること。
沐浴の後にローションで保湿をしてあげましょう! ベタ付きやすいおでこなどの皮脂量は減少し、カサつきが目立つ頬や体はのうるおいがアップします! 全身の肌がうるおってプルプルなバランスの良い肌になります!
赤ちゃんのスキンケア方法はとっても簡単です。
ポイントは、洗うときも保湿ケアをするときも、肌を傷つけないようやさしいタッチで触れること。

【アロベビー オーガニックミルクローション(ALOBABY)】

【楽天市場】【公式】アロベビー オーガニックミルクローション(ALOBABY)

¥2,480
しっとり高保湿成分を厳選!
ホホバオイル&シアバターで乾燥からしっかり守ってくれます。
※価格・在庫有は2017年3月23日現在の情報です。

赤ちゃんの肌のトラブル「乳児湿疹」

乳児の湿疹としてあげられるのは「新生児にきび」「乳児漏性湿疹(しろうせいしっしん)」「あせも」「おむつかぶれ」「アトピー性皮膚炎」などがあり、生後2週間頃から現れやすくなります。

 

1~2歳くらいまでには自然に治りますが、湿疹の症状がさまざまなので自分で判断せず必ず受診しましょう!

【新生児にきび】

赤ちゃんにできる「新生児ニキビ」原因とケア方法

「清浄綿」PIPBABY ベビー コットン

Amazon|PIPBABY ベビー コットン (14566)

 

Amazon|PIPBABY ベビー コットン

¥578
 
※価格・在庫有は2017年3月23日現在の情報です。

【脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)】

乳児脂漏性湿疹の症状とケアのしかた

【あせも】

乳児の「あせも(汗疹)」の原因とケア方法

【おむつかぶれ】

おむつかぶれの発生する原因と対策(予防方法)について

【アトピー性皮膚炎】

乳幼児のアトピー性皮膚炎について



湿疹ができた時の受診するタイミング

広い範囲にひどい赤みや腫れがでたり、ブツブツが広がり、かゆみがひどくて赤ちゃんが患部を触り機嫌があまりよくない時などの場合は受診した方がいいでしょう。

 

放っておくとさらにひどくなり、治るのに時間がかかったりと大変になります。

また、肌トラブルだけではない他の病気の可能性もあります。

小児科での受診でも構いませんが、ひどい場合は湿疹の違いをきちんと判断してくれる専門の先生がいる皮膚科の受診がおすすめです。

肌のトラブルは季節を問わず赤ちゃんには多い症状のものです。
ママは赤ちゃんのちょっとした変化にもすぐに対処すれば、大変なことにはならずに済みます。

 

そのためには赤ちゃんの肌についての知識を持ってケアをしてあげてくださいね。
毎日の少しのケアが赤ちゃんの健康な肌を作ることになります。

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

知っておきたい!「赤ちゃんの肌」スキンケア5つのポイントと乳児湿疹の注意点
最新情報をチェックしよう!