英才教育よりもお手伝い!?3歳から始めるお手伝いの絶大な効果

英才教育よりもお手伝い_eyecatch

子どもが3才くらいになり、幼稚園入園の時期を迎えると、我が子の早期教育について考える方が多いでしょう。

「塾に通わせたほうがいいの?」「英会話教室も必要かな?」と悩むこと、ありますよね。

しかし最近では、英才教育や早期教育よりも『お手伝い』をする方が、子どもの将来にとって良い効果があることが解ってきました。

この記事では、お手伝いの効果と、お子さんに楽しくお手伝いをしてもらうポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

お手伝いは人間関係の構築力を上げる!

英才教育よりもお手伝い_1

お手伝いと言っても、3歳くらいのお子さんがやることです。

うまくできなかったり、急いでいる時は逆に手伝ってほしくないこともありますよね。

でも3歳から4歳の時に、たくさん家事のお手伝いをすることには、こんな良い影響があると言われています。

  • 将来の教育レベルを上げやすくなる
  • 成人後のキャリアを築きやすくなる
  • 人間関係を良好に保てるようになる

その理由は、お手伝いをすることで「家族の中での自分の役割」を認識し、「家族とのコミュニケーション」を取れるから。

その結果、人間関係を築くための力が鍛えられるのです。

ハーバード大学の75年にわたる追跡調査によると、「私たちの幸福と健康を高めてくれるのはいい人間関係である」のだそうです。

お金や地位などよりも、いい人間関係の構築こそが幸せにつながる、そう科学的に証明されたんですね。

なにも、早期教育や英才教育を否定する結論ではありません。

ただそれ以前に、良い人間関係を作る力を高めることが、子どもの将来の幸福にとって重要!というお話です。

 

Kindle unlimited
4.6

小説、ビジネス本、実用書、コミック、雑誌、洋書など幅広いジャンルから好きなだけ楽しめます。Kindle端末だけではなく、お使いのスマートフォン、タブレット、PCやMacでもご利用可能!どこでも、好きな時間に読むことができます。

 

楽しくお手伝いをしてもらう3つのポイント

英才教育よりもお手伝い_2

しかし、お手伝いといっても、3歳の子どもになにをしてもらったらいいか、悩みますよね。

3歳頃になれば、自分からすすんでお手伝いをしたがるお子さんもいそうですが、全員そうとは限りません。

そこで、お子さんに楽しくお手伝いをしてもらえるようになる方法を、3つご紹介します。

大人に余裕がある時に手伝ってもらう

1つめのポイントは、大人の側の余裕の問題です。

せっかくお手伝いに興味を持ち始めても、大人がついイライラして怒ってしまうと、お子さんはもうお手伝いをしたいとは思わなくなるでしょう。

ぜひ「ママ・パパの時間と心に余裕がある時」に、声掛けをしてください。

上手くできなくてもそのままで!

2つめポイントは、「間違っていても大人が許せる範囲でそのまま続けてもらうこと」です。

例えばお掃除の仕方が間違っていて、きれいにならないのであれば、それはお掃除に関する学びの機会です。

「なぜきれいにならないのかな?」「どうすればきれいになるのかな?」と、一緒に考える場にしてあげましょう。

 

Prime Student
4.4

通常会員費の半額¥250(税込)でご利用できる学生限定のおトクな特典。Prime Video、Amazon Music Prime、配送オプション、そのほかの会員特典が利用できます。映画、音楽、お急ぎ便で充実の学生生活を。

 

自発的に動くのを待つ

3つめのポイントは、強制的にお手伝いさせても効果は薄いという点です。

ぜひ、お子さんが「自分からお手伝いをしたいと思うタイミング」を見計らってください。

なかなかお手伝いに興味を示さない子の場合には、大人が家事をする様子を見せてから声掛けを。

「自分もやってみたい」「楽しそう!」という好奇心を刺激してあげましょう。

 

関連記事

アドラー心理学という言葉を聞いたことがありますか? 「嫌われる勇気」という書籍がベストセラーになり、テレビドラマ化もされたため、耳にしたことがある方も多いでしょう。 アドラー心理学は、基本的には対人関係についての心理学ですが、子[…]

子どもと良い関係を築くために。アドラー心理学に学ぶ「子育ての目標」

 

まとめ

お子さんの将来の幸せを考えると、大人としては「何をしてあげたらいいのだろう?」と悩みますよね。

でも、3歳~4歳の頃にたくさんのお手伝い経験をするだけで、一生の武器とも言える「良い人間関係を作る力」を鍛えられるなら?

塾などに行くお金をかけることもなく、長い目で見れば大人の家事の負担も減って、一石二鳥にも一石三鳥にもなります。

これは試す価値あり!でしょう。

まずは、大人の時間と心の余裕がある時に、お子さんに声をかけてみてはいかがでしょうか?

世界の七田式英語教材7+BILINGUAL
たった35日で私の子供が英語を話し始めた!
35日という短期間でネイティブの子供達が日常で使う英会話、約700フレーズを身につけることができる教材です。
『早いうちから実践的な英語を覚えさせたい』『積極的に英語で発話してほしい』という方にはおすすめです!

 

英才教育よりもお手伝い_eyecatch
最新情報をチェックしよう!