パパママやって!子どもが「自分でやれることをやらない」4つの理由と対処法

ママパパやって!_eyecatch

ごはんを食べている時や着替えをする時、お子さんが一人でできるのに、ママやパパに「やって!」と言ってくることってありませんか?

忙しい時間帯にこれを言われると、親としてはちょっと困ってしまいますよね。

また、子どもの気持ちを受け止めたいとはいえ、「いつまでやってあげていいの?」と疑問に思っている方も多いでしょう。

この記事では、お子さんが自分でやれることをやらない理由と、解決につながる考え方をご紹介します。

スポンサーリンク

自分でやらない理由とは

子どもは今までできなかったことを自分でできるようになると、どんどん自分から積極的にやるようになります。

なのに、自分でできることをあえてやらないのなら、そこには理由があるばずです。

主に考えられる「子どもが自分でやらない理由」を4つ、ご紹介します。

甘えたい

単純に愛着対象であるママやパパに「甘えたい」という気持ちの表れです。

欲求の発散

保育園や幼稚園など家とは違う集団のなかで、子どもはいろいろなことを我慢したり、頑張ったりしています。

そのぶん、家に帰ったら素直な欲求を我慢できず、まとめて発散する可能性があります。

八つ当たり

機嫌が悪かったり眠かったりで、つい八つ当たりしてしまうことは、子どもにもあります。

ただし、時には本当に体調が悪くて、八つ当たりのような行動をする場合もありますので、お子さんの様子を細かくみてあげてくださいね。

赤ちゃん返り

弟や妹がいる場合、ママやパパの気を引くためにやっているという理由です。

兄弟子育て中の家庭では珍しくない光景です。

 

関連記事

子育てでは「甘えさせる」ことは大事、と聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。 子供の人格形成にいい影響を与えるのが、適切に甘えさせる行動だと言われています。 ただし「甘えさせる」ことと「甘やかす」ことは、似ているようで大[…]

「甘やかす」と「甘えさせる」の違いは?正しく知って自己肯定感を育もう

 

「パパママやって!」の対処方法=「やる」

パパママやって!_1

結論から言うと、子どもがママやパパに「やって!」と言ってきた場合は、その気持ちを受け止めて「やってあげる」のが一番いい対処方法です。

できるのにやらない時期には個人差があります。

ただ多くの場合は、保育園や幼稚園などでお友達ができて、コミュニティの輪が広がることで、だんだんと解消していきます

無理に自分でやらせようとすると、逆にこじれて長引く可能性もあります。

お子さんが自分でやらない理由を受け止めて、拒否せずにやってあげることが、解決への一番の近道と言えるでしょう。

 

 

まとめ

「ごはん食べさせて!」や「着替えさせて!」に困り果てて対応すると、「これはいつまで続くの?」と不安になりますよね。

「甘やかしたらダメなんじゃ…」と悩む方もいるでしょう。

しかし、子どもが自分でできることをやらないのには、必ず理由があります。

子どもの隠された感情を満たしてあげながら、しっかりと様子をみてあげることが大切です。

そうするうちに子どもの世界も広がり、やがて「パパママやって!」がなくなっていくのかもしれませんね。

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

ママパパやって!_eyecatch
最新情報をチェックしよう!