秋から冬に流行る「ロタウイルス」甘く見ないで!症状は?処理方法は?

秋から冬に流行る「ロタウイルス」甘く見ないで!症状は?処理方法は?

朝晩が冷え込みだすと嘔吐下痢が流行りだしますよね。中でも乳幼児の間で流行しやすいのが「ロタウイルス」です。ロタウイルス感染症は乳幼児の急性胃腸炎と言われています。下痢や嘔吐をする我が子を見ていると可哀そうですよね。そこで今回「ロタウイルス」について解説します。

スポンサーリンク

子供の容態は急変しやすい

「さっきまであんなに元気だったに…」「今日はあんまり食欲無いな…」なんて思っていたら急にぐったりしたり、発熱したり。子供が小さいほど容態の急変は予想しにくいものです。
中でも子供の間で流行する「ロタウイルスは」はいきなりの嘔吐から始まる事が多いようです。

意外と知らない嘔吐物の処理方法

大人と違ってムカムカを上手く表現出来ない赤ちゃんや小さなお子さんは、機嫌が悪くなったり、大泣きしながらいきなり「オエッ」っと嘔吐してしまうことが殆どではないでしょうか。
子供の様子が落ち着いたら嘔吐物の処理に取りかかると思いますが、実はその処理の方法を間違うと実は2次感染、3次感染を引き起こしてしまうのです。
出来れば始めにマスクと手袋をご着用し、嘔吐物を新聞紙などで覆い素早く処理します。
その時普通にゴミ箱に捨てるのでは無く、スーパーの袋などに入れ口を堅く縛り外に菌が漏れないようにしましょう。
次に嘔吐した場所や汚れてしまった服などの消毒をします。
そのままにしてしまうと乾いて空気中にフワフワ漂う事になるからです。
「消毒」と言う言葉を聞くと、熱湯消毒やアルコール消毒が浮かぶ方も多いと思いますが、ロタウイルスはその2つでは死滅しないのです。
完全に死滅させるには塩素での消毒になります。
感染を防ごう!子供の嘔吐物の正しい消毒処理

脱水症状にも注意が必要

ロタウイルスに特効薬は無く、とにかく体外から菌を出すために何度も嘔吐を繰り返します。
次第に激しい下痢に変わっていきますが、水分がどんどん失われるのに水分摂取が出来ないこともしばしばです。
嘔吐の回数が落ち着くまではペットボトルのキャップ分の量から摂取を始めてみましょう。
お茶でも、スポーツ飲料でも飲める物で摂取できればいいのですが、オレンジジュースなど柑橘系の飲み物は吐き気を促しやすいそうなので控えた方が良さそうです。

 

水分を摂取しても何度も何度も吐いてしまう、飲まない、唇がカサカサしてきたり目がくぼむようなら病院に受診しましょう。

今回は、ロタウイルスで、
お子さんが脱水症状になった場合の対処方法は?
をご紹介します。
子供の脱水症状に要注意!5つのサインとは?

赤ちゃんの白いうんち!もしかしてロタウイルス?ロタウイルスの予防接種は必要? – マタイク

赤ちゃんの白いうんち!もしかしてロタウイルス?ロタウイルスの予防接種は必要? - マタイク
赤ちゃんのロタウイルスのワクチン接種はしましたか?我が子はワクチンをしませんでした。ロタウイルスの予防接種の費用は高額です。



まとめ

毎年流行する「ロタウイルス」ですので、まずは基本の手洗い、うがいで感染を防ぎましょう。
感染してしまったら、汚物の後処理など上手く付き合っていくことが大切だと思います。
兄弟やパパ、ママへの2次感染は防ぎましょう。

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

秋から冬に流行る「ロタウイルス」甘く見ないで!症状は?処理方法は?
最新情報をチェックしよう!