その体の不調「寝冷え」が原因かも!?夏の夜こそ体の冷えに注意!

真夏は夜でも気温が高く、暑くて寝苦しいですよね。

しかし、気温が高い夏でも体の「冷え」には注意が必要です。

寝ている間に体が冷え、お腹を壊したり、風邪をひくといった体の不調を引き起こすことを「寝冷え」と言います。

この記事では、夏の寝冷えの原因と対策方法についてご紹介します。

小さい子どもがいる方や、夏に風邪をひきがちな方はぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

寝冷えの原因は?子どもはなりやすい?

夏の寝冷え対策_1

夏の寝冷えの主な原因は、「冷房による部屋の冷やしすぎ」だと言われています。

暑くて寝苦しい夜は、つい冷房をつけっぱなしで寝てしまいますが、健康的には良くありません。

人間は入眠すると、自然に体温が低下します。

就寝時に設定した冷房の温度のままだと、数時間後に体を冷やしすぎる可能性が高まるのです。

そのため、寝冷えは体温・外気温が共に低下した朝方に起きやすいと言われています。

また、子どもは大人と比べて寝冷えになりやすいのです。

体温調節機能が未熟なうえ、寝相が悪いため寝具やパジャマが乱れやすく、寝ている間に肌を露出してしまうからです。

小さな子どもがいる場合は、寝具やパジャマを工夫して寝冷え対策をしてあげましょう。

 

ママ&キッズ「ナチュラルマーククリーム」
4.7

ママ人気No.1のスキンケアブランド、家族みんなで使える低刺激スキンケア「ママ&キッズ」。「デリケートな赤ちゃんの肌のために、 心から信頼できるスキンケアがほしい。」ママ&キッズはそんなママの深い愛情に応えるために、“低刺激処方”にこだわって生まれました。

 

寝冷え対策は明け方の体温調整が肝心!

夏の寝冷え対策_2

寝冷えを予防するためには、就寝後の体温調節が大切です。

エアコンの使用方法を工夫したり、気温が高い夏に適した寝具やパジャマを選びましょう。

冷房はタイマーを設定する

夏の最適な室温は、27〜29℃

それよりも室温が低くなると寝冷えにつながってしまいます。

そのため、適切な室温を保てるよう、就寝時は冷房のタイマーを設定して数時間後に切れるようにしておきましょう。

特に寝冷えのリスクが高まる朝方には冷房が切れるよう、設定時間を調節してください。

パジャマや下着は「綿」を選ぶ

夏のパジャマや下着は、綿素材がおすすめです。

人は寝ている間にたくさんの汗をかきますが、夏は特に汗の量が多いため、汗で体が冷えてしまうことも。

風通しが良い綿素材は、寝ている間に汗をかいても夜中快適です。

綿は天然素材のため、肌の弱い子どもの衣類としておすすめです。

夏の寝冷え対策_綿パジャマ
Via:Amazon

また、子どもは体温を調節するため頻繁に寝返りをうちます。

寝ている間に掛け布団を蹴飛ばし、お腹が丸出しになってしまうなんてこともありますよね。

夏でも薄手の腹巻きをしておくのも、おすすめの寝冷え対策です。

夏の寝冷え対策_ベビー腹巻

Via:Amazon

 

 

まとめ

夏は冷え対策を怠りがちですが、冷房や薄着が原因で体は簡単に冷えてしまいます。

冷房の使い方や衣類を工夫して、熱帯夜でも快適に過ごしながら寝冷えを避けてくださいね。

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

最新情報をチェックしよう!