ほんとにいいの?0歳の子供を保育園に入れるメリットとは?

ほんとにいいの?0歳の子供を保育園に入れるメリットとは?

保育園へ子供を入園させるかどうか、ということはそれぞれの家庭ごとに「理由」があるものです。
ただ、生まれて間もない数か月以内の0歳児を保育園に預けることに関しては、世間で賛否両論が交わされいるのが現状です。
ここでは、「何も生まれてすぐに預けなくても…」という声が多い0歳の保育園入園について、様々な視点から「メリット」と「デメリット」を考えてみたいと思います!

 

スポンサーリンク

「保育園」とは

保育園とは、保護者となる親が働いていたり、病気であったりすることが理由で、自宅で十分に保育できない場合に、親にかわって就学前の子供たちを保育する福祉施設です。 主に国が定めた基準をクリアして、都道府県に認可された「認可保育園」と、市区町村の自治体や企業が運営する「認可外保育園」の2つがあります。 就労条件や家庭環境によって利用できる条件、申請方法などが変わってきます。

 

保育園には何歳から入園できるの??

保育園は、認可・認可外に関わらず、0歳児から受け入れている保育園が多くあります。

 

しかしながら、0歳児保育の場合は、出産後8週の期間が経たなければママが就労することができません。そのため、入園できるのは早くて生後2ヶ月、平均的には生後4~6ヶ月からだとといわれています。

保育園の中には、乳児が1歳以上経っていないと入ることができないという保育園もあります。

保育園によって受け入れ可能な時期に違いがある理由はいろいろあるのですが、乳児は一人でできないことがたくさんあるので、幼児より人の手助けが必要となります。

保育園の先生の人数によって、受け入れが可能か不可能かということも理由の一つです。

生後4ヶ月、6ヶ月と定めている保育園の多くは、受け入れの理由として、首が据わっている、発育が安定しているなどの条件を満たすことで、安全に保育ができるようになってから受け入れるという方針も多いようです。

入れたい保育園が決まっている場合は、まずは子供を預けたい時期と受け入れが可能な時期が合っているか、正確な情報を得られるように、直接電話やホームページなどで確認してみましょう。

何歳から保育園に入れるのが良い?

Free photo: Brothers, Family, Siblings, Boys - Free Image on Pixabay - 457237 (15490)
子供のことを考えると何歳から保育園に入れるのがいいのか悩みどころですよね…

 

「3歳までは身体的・精神的で安定した成長がとても大切」

「3歳までは惜しみない愛情を注いで育てる必要がある」など、

いわゆる「3歳児神話」という問題が昔から取り上げられ、さらには自分の親からも「まだ預けるのは早いんじゃないの」などといった意見をよく耳にします。

保育園に入れなければならない親は判断に迷うこともきっとあります。

だからといって、実際に働くママは「3歳になるまでは子供につきっきりになれないし、保育園に入れないわけにはいかない」という人も多いはず。

実際には、小さな頃から保育園に通っていても、親の愛情をたっぷり受けてすくすくと成長してきた子もたくさんいます。

保育園に預けた年齢によって成長に差が出たという医学的事実はほとんどわかっていません。

保育園に通わせようが、通わせまいが、そのような問題ではなく、愛情をたっぷり注いで、いかに子供とよりよいコミュニケーションをとったかがなによりも大事なことなのです。

0歳で保育園に預ける「メリット」5つ

1:親の自由な時間が増える

子供が生まれると、優先順位は確実に子育てになってしまいます。

 

ですが、母親も1人の人間であって、赤ちゃんを育てる為だけが仕事でもなければ、他にももっとたくさんしたいことだってあるはず。

最近では、家計を支えるために共働きで、女性が仕事のステップアップのために勉強をしたり、研修を受けることも増えているのは確かです。

そんな時に、どんなに頑張っても両立が難しいことだってありますよね…

仕事、育児、家事などに追われて自分の息抜きの時間を作ることができずに、育児ノイローゼ気味になる方も少なくはありません。

そうなる前に、自分の自由な時間が少しでもあると気持ちも体もきっと楽になるはずです!

育児も仕事も楽しむために、自分に余裕を持つ時間を確保することができるので、保育園はありがたいですよね♪

2:子育てを助けてくれる頼れる存在

「子育て」に初めから自信がある親なんていません。

 

はじめてお母さんになって、子供の体調のこと、食事のこと、排せつのこと、たくさん不安なことがあるんです。

保育園に子供を預けると、子供の扱い方をしっかり学んだ先生方がいます。1人で悩まないで、小さな不安や疑問に答えてくれる頼れる人が近くにいるだけで、安心することができます。

実際に保育園に預けている方の中には『子育てに自信がなかったから』という意見を持つ親はたくさんいます。

自身が一人っ子、両親とは離れて暮らし、旦那さんは出張の多い、または単身赴任という方は、子どもと二人きりでいる時間の長さと孤独感に、ノイローゼ気味になった人も見かけます。

保育園の体験入園会に行ったら、保育士さんが何人もの0歳~4歳の子どもたちの相手を上手にこなしているのを見ることができます。

保育士さんに子育てを完全に任せてしまうわけではなく、数時間や半日保育で預けながら、プロの保育士に育児の相談ができたことが一番のメリットだということもよく耳にします。

一人で悩まずに思い切って誰かの手を借りる、そして、解決していく。ということが子育てにいい影響を与えるのではないでしょうか?

3:一日のリズムを整えやすい

毎日、子どもと二人でいると、お互いの都合で一日のペースがバラバラになり、夜中に起きだした子供の相手をして昼夜が逆転してしまうことあります…

 

これは、親にとってだけでなく、実は子供にとってもあまりいいことではありません。親と子供が互いのペースに合わせすぎて、生活習慣が乱れると体にも心にも負担がかかります。

保育園に入れることで、起きる時間、食べる時間、寝る時間が自然と固定して、イライラが減ったという意見を聞いたことがあります。

一日のリズムの基礎となってくれる保育園の存在は、親にとっては救世主になるのです!




 

4:子どもと一緒に有意義な時間を過ごせる

保育園に子供を預けるということは、自ずと子供と過ごす時間が短くなります。

 

いつも一緒に子供といることもいいですが、慣れない子育てにイライラしたりすると、待ち望んでいた自分の子供と過ごす時間が貴重なものであるということを忘れがちになってしまします。

自分の都合で保育園に入れたことで罪悪感も持つことだってあると思いますが、だからこそ、子どもと一緒に過ごす時間を大事にできていると思うようになれるんです。

24時間育児に取り組んでいると、子どもと一緒に過ごせることのありがたみや幸せを実感するチャンスを逃してしまう可能性も。適度な距離感を保つことで、「離れて初めてわかる」こともあるのではないでしょうか?

5:入園しやすく、慣れやすくなる

なんで、入園しやすく、なれやすいのかというと…

 

保育園ごとに条件は違うでしょうが、確かに0歳からの入園希望者は2歳、3歳に比べると人数は比較的少ない傾向にあるので、入園の倍率が低くなります。

また、子どもが物心ついてからだとママと離れるのを嫌い、保育園に馴染めない例も数多く上げられます。

将来的に保育園に預ける必要がある家庭では、0歳児のうちから数時間や半日保育としてでも入園して籍を確保し、子どもを保育園慣れさせておくと子供も不安が軽くなり、保育園になじみやすくなるということもメリットとして挙げられています。

 


イオンカード審査

イオンカードの審査って在籍確認はあるの?どんな審査があるの?イオンカードの審査を詳しく解説

イオンカードの審査ではWEB上に「勤務先に申込確認の連絡をさせていただく場合がございます。」と気になる文言。実際にはどうなのでしょうか。イオンカードの審査・在籍確認について詳しく解説。

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

ほんとにいいの?0歳の子供を保育園に入れるメリットとは?
最新情報をチェックしよう!