なぜテンションMAX?最高の思い出になる♡家族でスキー場を楽しもう!

なぜテンションMAX?最高の思い出になる♡家族でスキー場を楽しもう!

寒い日が続くと外に出るのが億劫になってしまいますよね。

かといって、ずっと家にいても飽きますし、運動不足にもなってしまいます。

そこでおすすめなのが、スキー場

スキーやスノーボードをやったことがない方でも、スキー場を楽む方法はたくさんあります。

この記事では、家族でスキー場へ出かけるメリットとデメリット、そしてウインタースポーツの始め方についてご紹介します!

スポンサーリンク

スキー場遊びのメリット&デメリット

スキー場遊びのメリット&デメリット

最初にスキー場に出かけるメリットとデメリットを考えてみましょう。

▼スキー場遊びのメリット

  • 運動不足の解消。
  • 滑る以外の楽しみ(各種イベントなど)もある。
  • 豊かな冬の景観を満喫できる。

スキーやスノーボード、ソリ遊びなどをすることで、体が温まり普段使わない筋肉を使います。

子どもにとっても、雪の上を滑る感覚や体重移動による方向転換など、様々な体の動きを覚えるいい経験になります。

▼スキー場遊びのデメリット

  • コストがかかりがち。
  • ケガのリスクが伴う。
  • 遠方のスキー場は道中が心配。

これらの不安点は、雪国以外の人がウィンタースポーツに腰が引ける原因でもあります。

ただ可能な対策はありますし、重い腰をあげていざ出かければ、「ナニコレ楽しいいいっ!」となるのもスキー場あるある♪

心配しすぎずお出かけするのが吉かもしれません。

最大のメリットは家族みんなの幸福感!

筆者が個人的に感じるのは、ウインタースポーツには他のレジャーにない魅力がある、という点です。

まず冬しかできませんし、雪国でもない限り、1シーズンに何度も体験できません。

家族全員で全身を使って遊んだ貴重な記憶は、楽しい思い出話につながること間違いなし!

モノを買う喜びは一瞬ですが、家族で体験するウインタースポーツは、5年後も10年後も思い出せ、そのたびに幸福感や満足感を得ることができるでしょう。

デメリット対策

まずコスト対策は、後述する用具レンタルの活用が有効です。

ケガや接触事故が心配な場合は、ぜひ「キッズ用ゲレンデ」「ファミリー用ゲレンデ」があるスキー場を選んでください。

ママパパには退屈かもしれませんが、安心感が違います。

そして最後に、でかけるスキー場のルールをしっかり確認して、当日の天候チェックもお忘れなく。

冬のアウトドアスポーツですので、トラブルがあるのもある意味当然と考え、余裕を持って計画を立てましょう!

 

関連記事

北陸は立山連峰や白山連峰がそびえ立ち、雪景色も素晴らしいエリアです。 規模の大きいスキー場もあり、おすすめしたいスポットが盛りだくさん! この記事では、子ども連れでもOKな家族で楽しめるおすすめスキー場をご紹介します。 今[…]

【北陸】ウインタースポーツの季節♪2023年おすすめスキー場4選

 

出かける前に準備する物は?

出かける前に準備する物は?

ここからはウインタースポーツを楽しむために、最低限必要な持ち物をご紹介します。

自前で用意するものとレンタルするもの、上手に組み合わせるのがコツです♪

基本の持ち物

  1. ニット帽かヘルメット、キャップ
  2. ゴーグル
  3. ネックウォーマーもしくはフェイスマスク
  4. 着替え、タオル
  5. グローブ
  6. マスク
  7. 日焼け止め
  8. 現金
  9. スマホ(あればモバイルバッテリーも)

現金は駐車場や自販機の支払いで必要になる可能性があります。

寒さ対策の使い捨てカイロ、おやつ類などを持ち込む際は、出たゴミを持ち帰るようにご注意ください。

レンタルでいいもの

  1. ウエア
  2. スキー・スノーボードの用具
  3. ソリ etc

成長期の子ども用のウェアは、毎年サイズアウトしますのでレンタルがおススメ!

大人用も、初めての方や今後も続けるか分からない方は、まずはレンタルが無難です。

これらはほとんどのスキー場でレンタル可能ですが、事前予約が必要な場合もあります。

お出かけ前にスキー場の公式HPで、レンタル情報を確認してくださいね。

 

関連記事

好きなフルーツランキングで、必ずといっていいほど上位にランクされるいちご♡ 見た目も可愛く甘酸っぱいいちごは、子供から大人まで世代問わず大人気ですよね♪ 新鮮ないちごを自分で収穫して思う存分食べられる、そんな夢のようなイベントが[…]

【関東近郊】子供と一緒に楽しめるいちご狩りスポット5選

 

スキーの練習おすすめ動画!

子どもがスキーをしたいと言い出しても、親に経験がなければ躊躇してしまいます。

そんなときはキッズスクールファミリー向けスクールを開催しているスキー場なら安心♪

また、スキーを子どもに教えるための動画が、YouTubeで配信されています。

個人的におすすめなのが「自由人704チャンネル」で配信中の、「【初心者必見】スキーデビューするならこれだけ覚えればOK!絶対滑れるようになる秘密のレッスン!(前編)」。

家族で実際にやってみましたが、教える側もいい運動になり、子どもも1日で滑れるようになりました!

まとめ

初めての方でも思い切ってスキー場に行ってみると、意外と楽しい思い出ができると思います。

一番注意してほしいのは、子どもにスキーを教えるときには絶対に怒らない、という点です。

年齢にもよりますが、初めての場所で慣れないウエアや道具を身につけるだけで、子どもも最初はいっぱいいっぱいです。

10㎝でも滑れたら良しとして、できたことをたくさん褒めてあげてくださいね。

HANAオーガニック UVミルク
@コスメランキング1位の実績を持つ、 肌にやさしい天然100%の国産オーガニック化粧品『HANAオーガニック(HANAorganic)』
オーガニックUVミルク「ウェアルーUV」は、天然100%、美容液成分85%配合、SPF25の日焼け止めです。 オーガニックで白浮きせず、光をコントロールして毛穴、色ムラの目立たないクリアな肌に整えてくれます。

 

なぜテンションMAX?最高の思い出になる♡家族でスキー場を楽しもう!
最新情報をチェックしよう!