迷子対策『夏のお出かけ前に』もう一度確認しよう!子どもと安全に楽しむために親ができる迷子予防!

夏休みのレジャーはどこに行っても混雑していることが多いですよね。そんな時に怖いのが『迷子」です。今のご時世、迷子になった子供が犯罪に巻き込まれてしまう可能性も。。もしもの備えて対策をととのえてかた出かけるようにしましょう。

スポンサーリンク

我が子が迷子になった経験はありますか?

ショッピングモールや、レジャー施設で必ず流れてくるのが「迷子案内の放送」です。
わが子は大丈夫と思っていても、子供はちょっと目を離すだけでいなくなってしまいます。迷子に関するアンケートでは、約9割ものママが「迷子になった」もしくは「一瞬姿を見失った」経験があると答えています。 夏休みのレジャーで、パパもママも楽しくなってつい気が緩んでしまうことも考えられます。お出かけ前からしっかりと対策を練っておきましょう。

おススメの迷子防止対策

目立つ服や帽子

人込みに紛れても、すぐにわかるような帽子や派手な服は効果大です。
また、人が多い場所では靴下や靴を目印に探すという手もあります。ネオンカラーなど目につきやすいものを選んでみてはいかがでしょうか。

【楽天市場】A&Fエイアンドエフ|インターステラーキャップ:viewgarden(ガーデニング 雑貨)

3,456
【100円クーポン対象】 【合計7,560円(税込)以上送料無料(沖縄・離島・一部地域除く)】
※価格・在庫は2017年7月11日現在の情報です。

音の出る靴やキーホルダー

音の方向で大体の場所や動きを予測することができます。小さなお子様であれば、音のなる靴を履かせるのが便利でおすすめです。少し大きな子には、バックや洋服に「鈴のついたキーホルダー」をつけると代用できます。 歩くたびに音がなるので、離れてしまってもすぐに気づけます。
ベビーシューズ 音が鳴る サンダル*メール便不可*

Amazon | 【アーノルドパーマ】ベビーサンダル AP4108 | ベビーシューズ

2,350
ベビーシューズ 音が鳴る サンダル
*メール便不可*
※価格・在庫は2017年7月11日現在の情報です。
Amazon | 【ベビー・キッズ】ミッキーマウス 音が鳴るスニーカー | スニーカー (47255)
JCBカード審査

JCBカードの審査基準や特徴は?口コミや評判も詳しく解説

JCBカードはAmazonとセブンイレブンでポイント3倍!ハイスペックなクレジットカードを手に入れよう!

迷子ベル

親機と一定距離離れると、アラームが作動するというシステムのグッツです。迷子防止として子供やお年寄り向けに開発されています。親機を、両親が・子機を子供のバックにつけたり、首からさげたりして身に着けさせましょう。 また、ボタンを押すとアラーム音がなる商品もあり、防犯ブザーとしての役割を果たしてくれます。
Amazon|離れるとアラーム WSA-B1|防犯ブザー・アラーム 通販 (47258)

Amazon|離れるとアラーム WSA-B1|防犯ブザー・アラーム 通販

2,700
※価格・在庫は2017年7月11日現在の情報です。

GPSキーホルダー

携帯電話やスマートフォンと連動させることで、離れてしまっても場所をサーチすることができるという最新アイテムです。お出かけの迷子防止だけでなく、日常の防犯対策としても使用することができる便利な商品でママたちの間で大注目のアイテムです。 一人である程度動くようになった子供には、上記のアラーム型よりもこちらのほうが範囲が広くわかるのでお勧めです。

”ケガにつながる恐れのある服装”は避けたい!我が子の事故を未然に防げる種は除いていきましょう! – マタイク

”ケガにつながる恐れのある服装”は避けたい!我が子の事故を未然に防げる種は除いていきましょう! - マタイク
服装をちょっとだけ気にしておけば、未然に防げるようなケガってあると思います。”こういう服装はケガに繋がりやすい”というものを…

迷子札

まだ、自分で名前や住所・親の連絡先などをはっきりと伝えられない子にはこちら!
かわいい迷子札です。カラーバリエーションも豊富で、何度でも取り外し可能・防水機能付きと至れり尽くせりです。 また、防犯の観点からも「名前や電話番号」などの個人情報が内側にくるように装着することが可能です。「もし迷子になったら、お店の人にこれをみせるんだよ」と教えておくだけでOKなので、まだまだおしゃべりが得意ではないという子でも安心です。

【楽天市場】迷子札 迷子防止 インフォバンド:ベビー用品 出産祝のpickpack

627
【DM便送料無料】 プールや海でも使えるお洒落な子供迷子札。
※価格・在庫は2017年7月11日現在の情報です。

お出かけ前に、話しておくことも大切

万が一はぐれたら

万が一はぐれたら、その場で動かずに待っていることを教えるママも多いようです。
とはいえ、子供も不安で心細くてつい親を探して動いてしまうはずです。犯罪や事故に巻き込まれないためにも、お店の人や近くの大人に助けを求めるように教えることも大切です。 大人であればだれでもよいのではなく、「○○ちゃんみたいな子供のいるパパとかママに迷子になったと伝えなさい」と教える方もいます。確かに、子を持つ親であれば、親身になってくれるはずです。 また、「今日は人が多いから、離れたら迷子になってしまう」と教えておくだけでも違ってきます。楽しくなるとついつい我を忘れてしまいますが、自制のできる子であれば約束を思い出してくれるはずです。

全身写真を撮っておこう

探す際にとても役に立つのが、その日の前身の服がわかる写真です。お出かけ前に携帯やスマホで撮影しておきましょう。万が一迷子になってしまった場合、特徴を警備の人に伝えやすくなります。

まとめ

子供が勝手にどこかへ走っていってしまった・ここで待っているように言ったのにいなくなった。など様々な理由があるとは思いますが、基本的には迷子は親の責任です。何歳になっても、まだまだ子供。しっかりと目を配ってあげる必要があります。 特にこれからのレジャーシーズンは、人も多くなるうえ子供も楽しくなってつい羽目を外してしまいます。楽しいレジャーにするためにも、しっかりと迷子対策を取りましょう。
]]>

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

最新情報をチェックしよう!