子供が自転車に乗れるようになる練習のコツは?教え方は?自転車を乗りこなすためのプロセス!

子供が自転車に乗れるようになる練習のコツは?教え方は?自転車を乗りこなすためのプロセス!

補助輪を外して自転車の練習を泣きながら頑張った思い出がある親御さんも多いのではないでしょうか。

1回コツをつかめば簡単に乗れてしまう自転車も、はじめはとても難しいものです。

補助付き→自転車への移行を楽にするためのマル秘テクニックやおすすめの練習法をご紹介します。

スポンサーリンク

補助輪を外すのは何歳くらい?

これは、お子様の自転車に対する意欲やご両親の指導方針によって様々です。
早い子は2歳後半で補助なし自転車に乗っているという子もいますし、小学校にはいっても補助輪付きのままという子供もいます。
身体の動きとしては、2歳代から可能ということではありますが、運動能力には個人差がありますので一概に『この年齢までに乗れないと。。』という目安は無いように思います。
とはいえ、小学生になって補助付き自転車に乗っている子は多くはいません。
みなさん就学前を目標に自転車の練習を始めるようです。

子供用自転車の種類

子供向けの自転車にはいくつかの種類があります。
まずは、「三輪車」です。前に一つ・後ろに2つの車輪が付いており安定性に富んでいます。
次に「補助輪付き自転車」です。
ここからは大人と同じくインチという単位で大きさが分類されてきます。
一般的に補助輪付き自転車は12インチ・14インチ・16インチとなっています。インチによって、自転車そのものの大きさ・タイヤの大きさが変化します。
この補助輪付き自転車は、大人の自転車と同じ様に前に1つ・後ろに1つのタイヤが付いており、後ろのタイヤの左右に小さな補助輪をつけることで安定させています。
この補助輪を外すことで普通の自転車にすることができます。
16インチ以上であれば、デフォルトで補助輪が付いていることが少なくなってきます。
 

必要な道具とは

1歳~6歳未満 デザイン・カラーが豊富に揃って...

Amazon | 幼児・子供用 自転車ヘルメット

¥2,700
1歳~6歳未満 デザイン・カラーが豊富に揃っています。
※価格・在庫は2017年10月26日現在の情報です。
XSサイズ:48cm52cmデザイン・カラーが...

Amazon | ナットケース 幼児・子供用ヘルメット

¥7,344
XSサイズ:48cm52cm デザイン・カラーが豊富に揃っています。
※価格・在庫は2017年10月26日現在の情報です。
Amazon | インダストリアル パッド プロテクター 3点セット 3 In 1 Pad Set (68980)

Amazon | インダストリアル パッド プロテクター 3点セット 3 In 1 Pad Set

¥4,040
 
※価格・在庫は2017年10月26日現在の情報です。
[ヘルメット・肘/膝/手首プロテクター4点セット]...

 

Amazon | DOPPELGANGER キッズヘルメットセット

¥ 2,855
[ヘルメット・肘/膝/手首プロテクター4点セット]

 

[ ヘルメット重量] 約195g 頭周囲:約51~55cm

[対象年齢目安:3歳~8歳] 安全基準合格品/子供用自転車プロテクター

※価格・在庫は2017年10月26日現在の情報です。

段階を踏んでいくとスムーズ

まずは、ペダルをこぐという動作を覚えましょう。
三輪車や補助輪付き自転車・ストッパーで止めた状態の自転車などで練習することができます。
両足をまわしてこぐことで自転車が進んでいくという感覚をつかみましょう。
次に、両足で蹴って進みバランスを取れるようになることが大切です。

これは、三輪車や補助輪付き自転車では養うことのできない能力です。

ストライダーや、補助輪付き自転車の補助輪とペダルを一旦外して練習しましょう。

ゆるやかな坂道を転ぶことなく降りることができるようになればOKでしょう。

最後は、いよいよ補助輪を外した自転車を実際に乗って練習です。

最初は親がサドルの後ろや、ハンドルなどを持って支えてあげて進んでみましょう。

このように、行きなり自転車の練習をするのではなくペダルの動き・身体のバランスこの2つをしっかりと身に着けてから本番練習に取り組むことがポイントです。

 

自転車の選び方にもポイントが。
補助輪を外そうと思っているのであれば、またがった時に両足がべったりと地面につく高さの自転車を買うことをおススメします。
例えば、16インチではつま先のみ・14インチでは両足が完全に地面に付いてるというケースでいまからすぐに補助輪を外す練習に入りたいということであれば、14インチを選びましょう。

16インチの方が長く乗れると考えますが、自転車をこぎ始める際に助走を付けなければなりません。

その時に足がつま先しかつかないと思うように速度を上げることができないのです。

また、止まった時や転んだ時にも、足が完全に地面に付いている方が安全です。

 

関連記事

最近、公園で子供たちがペダルのない自転車に乗っているのをよく見かけます。実はランニングバイク、バランス感覚を養うのに最適な遊び道具なのです。楽しく遊べてバランス感覚をカラダで覚えるキッズバイクは子供にとって最高の乗用玩具。人気急上昇中のラ[…]

2歳児から5歳児に最適!バランス感覚を養うランニングバイク「ストライダー・スパーキー」などおすすめ6選

 

まとめ

子供3人を育てていますが、平均して年中さん(4~5歳)で自転車にのれるようになる子が多い印象です。
早い子では3歳になってすぐから補助なし自転車を乗り回している子もいました。
本人の意思が重要なので、子供自身が「自転車に乗れるようになりたい」と思っていないと練習にならないでしょう。
ずっと補助輪付きの子はいませんし、周りが乗っていれば「私も乗りたい」と言う時期は必ずきます。

ステップを踏んで、上手に教えてあげることが最速で乗れるようになる最大のポイントです。

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

子供が自転車に乗れるようになる練習のコツは?教え方は?自転車を乗りこなすためのプロセス!
最新情報をチェックしよう!