妊婦さん気をつけてる?妊娠中に注意すべきNGな食べ物とは?

妊婦さん気をつけてる?妊娠中に注意すべきNGな食べ物とは?

妊娠したらお腹の赤ちゃんのためにたくさん栄養を摂ってあげたいと思いますよね。

でも実はあまり食べてはいけない食べ物というのがあるんです。

おなかの赤ちゃんの為にも意識したいですよね。

そこで今回は特に気をつけるべき食べ物や栄養素についてまとめました。

スポンサーリンク

妊娠中に絶対NGなものは意外に少ない

実は妊娠中に絶対食べてはいけないという食べ物はほとんどありません。
どれも調理法や量を適切に守れば安全に食べることができます。
そのため過剰に心配しすぎる必要はありませんが、母体や胎児に影響があると言われているものは避けた方が赤ちゃんのためにも安心です。

1. アルコール類

アルコールはNGです。
アルコールは胎盤を通して胎児に届いてしまうため胎児の成長に影響を与えると言われています。
お酒好きな人は辛いかもしれませんが、妊娠中だけは禁酒をするようにしてください。
 
関連記事

妊娠前と同じ生活を送っていると、そこには大きな落とし穴が!妊娠中には気をつけなくてはならないことがいろいろあります。今回は「妊娠中にこれだけはやってはいけないこと」をご紹介いたします!知らなかったでは遅いですよ…   妊娠中の「飲酒」[…]

妊娠初期の大切な時期に「気をつけなくてはならないこと5選!」妊婦さんは絶対に守りましょう!
 

2. 生魚・生肉

妊娠中、生魚や生肉などは過熱して食べるようにしましょう。
生ものを食べると「ノロウイルス」などの菌に感染する恐れがあります。
免疫力が低下している妊娠中は菌にかかりやすくなっているため注意が必要です。
また、生肉には「トキソプラズマ」という寄生虫がいることがあります。
トキソプラズマに感染すると、胎児の脳や視力に重い障害が残ることもあるので要注意です。
生ものは必ず加熱をし、芯まで十分に熱が通るように気を付けましょう。
 
関連記事

いよいよ臨月! もう少しで赤ちゃんに会えるというワクワクと同時に、陣痛に対する怖さも増してくるころです。 痛みを乗り越えれば喜びが待ってるとは思いつつも、不安はぬぐえません。 今回は、そんな陣痛の痛みを和らげると言われている方法を[…]

陣痛の痛みが怖い!始まりは?どんな痛み?痛みを和らげる5つの方法
 

3. 水銀

水銀は特に大型の魚介類に多く含まれています。
水銀を摂取しすぎると胎児の中枢神経の発達に影響を及ぼしますので食べる量に気を付ける必要があります。
例えば金目鯛やクロマグロなどは水銀量が多いため、1回80g程度(切り身で1切れ程度)を週1回までとされています。
詳しくは厚生労働省のホームページに掲載されていますので一度確認して過剰摂取にならないように気を付けましょう。
 
関連記事

出産が間近になると「立会い出産を希望するか?」など病院から聞かれるでしょう。 もし旦那さんが立会い出産に挑むのであれば、事前に「してほしいこと」「してほしくないこと」を知ってきましょう! いざ本番!となった時に情けない姿を見せて終わ[…]

立会い出産で「やってほしいこと」「絶対にしてほしくないこと」!妊婦さんのリアルな本音!
 

4. ビタミンA

ビタミンAは妊娠初期に摂りすぎると胎児が水頭症等の奇形を発症する確率が高くなると言われています。
ビタミンAには動物性のレチノールと、植物性のベータカロテンがありますが、注意が必要なのは動物性のレチノールのみです。
レチノールはうなぎやレバー等に豊富に含まれています。
どちらも栄養豊富でたくさん食べたくなる食品ではありますが、レチノールが多く含まれているため摂取は控えた方がいいでしょう。

まとめ

今回は特に注意すべき食べ物や栄養素について4つ紹介しました。
妊娠中は何かと制限されることが多いですが、これもかわいい赤ちゃんのため!適切な知識をつけ、後で後悔することのないようマタニティライフを乗り切りましょう!

 

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

妊婦さん気をつけてる?妊娠中に注意すべきNGな食べ物とは?
最新情報をチェックしよう!