桜満開、この時期しか味わえない『桜あそび』を子どもと一緒に。

桜満開、この時期しか味わえない『桜あそび』を子どもと一緒に。

忙しい日々の生活の中で、四季を感じにくくなっている今日この頃。日本ならではの四季の素晴らしさを子どもと一緒に感じてみませんか?春夏秋冬の素晴らしさを子どもに伝えるのも親としての務めだと感じています。きっと日本人であることを誇りに思えるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

桜が満開

桜が咲き始めるとあっという間に満開に、そしてみるみる桜が散り・・・。桜の命は短くて、儚いからこそ私たちの心に残るものなのでしょうね。
皆さんは今年の桜は満喫できましたか?我が家では桜の咲く春ならではの桜遊びを子どもと楽しみました。
いくつかご紹介します。

遊びその1 小さなお手手でつかめるかな

子どもは落ちてくる花びらに目をキラキラさせます。そして地面に落ちた桜を嬉しそうにつかみ、集めます。でも桜の花びらは小さくて薄く、とても繊細。子どもは自分の指先を器用に動かし、まるで宝物が破れないようにそっとつまみます。
これは子どもにとってはものすごく集中力がいる作業です。指先の器用さにもつながるかもしれませんね。

遊びその2 桜の花びらを数えよう

次は集めた花びらを片手に乗せて一つずつ数え始めました。人差し指で花びらを指して「いち、に、さん」そして10まで数えられると満足げな顔で「さくら、10あったよ」と教えてくれました。
3歳を過ぎると数字にも興味を持ち始めます。数字を覚えさせるのではなく、楽しく自ら学ぶ場を見つけられるのはお互いに効率がいいですね。
数えた花びらを上に投げてヒラヒラ落ちる様を楽しみ、また数え始めます。繰り返し遊ぶ姿にほっこりです。

春到来!2017年九州の人気お花見スポット!【福岡、佐賀、長崎、熊本、大分】 – マタイク

春到来!2017年九州の人気お花見スポット!【福岡、佐賀、長崎、熊本、大分】 - マタイク
今年の九州は暖冬だった影響と、3月に入り気温がやや低めとなっていることもあり、福岡を除いては桜の開花が大幅に遅くなりそうとの予報。

遊びその3 のりを使ってペタペタペタ

家に持ち帰り、画用紙とのりを用意します。画用紙に子どもの好きなように絵を描かせ、その後のりを付けて花びらを貼っていきます。すると子どもなりに貼る場所にこだわりがあるらしく、とても真剣。
出来上がった作品を見せてもらうと、何とも斬新で子どもならではの世界観に驚きます。本人も達成感を感じたようでご満悦。

日本人だからこそ味わえること

今の時代は、子どもの身近にたくさんのおもちゃがたくさんあります。
もちろん良さもありますが、日本の四季を小さい頃から感じ、そして楽しみ大切に思う気持ちを養うことも必要です。自然が少ないから自然を学べないのではなく、関わる大人の声掛けによって自然をたくさん感じられることができます。大人も日本人として季節に敏感にいたいですね。



肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

桜満開、この時期しか味わえない『桜あそび』を子どもと一緒に。
最新情報をチェックしよう!