【だんな(旦那)デス・ノート】ブラックなのは私だけじゃない!夫に対する”呆れ””怒り”爆発レベルを超えた暗黒の思い。

【だんな(旦那)デスノート】ブラックなのは私だけじゃない!夫に対する”呆れ”・”怒り”爆発レベルを超えた暗黒の思い。

あるサイトを発見しました。その名も「だんなデス・ノート」。

普段夫に対するイライラのレベルなんてものじゃありません。

闇の世界へ足を踏み入れてしまった主婦が、地を這うようにドロドロとした声を発しているかのよう…。

読んでいて、かなり怖いような…ここまで言い切るとは逆に清々しいような…そんな思いの丈が投稿されたサイトです。

スポンサーリンク

『だんなデス・ノート』とは?

かなりきわどい投稿で、”ブラック過ぎる妻の皆さん”が、自分の夫をデスっているサイトです。
気持ちがここまでたどり着くには、それ相当の事があったのでしょう。
『だんなデス・ノート』のサイトで投稿を読んで、”うちの方ががまだまし”って思えたらイイですね!
 

旦那をデスる川柳も詠まれています(一部抜粋)

●頼むから 単身赴任 しておくれ ●即死して 早くなりたい 未亡人 ●豊田さん うちの旦那も 罵って ●違うだろ お前の帰る場所は 地獄だろ ●仕事へと 見送る言葉 逝ってらっしゃい ●奴の実家 ピンポイントで 爆破しろ

〇〇しといて、〇〇買っといて・・
あれしろこれしろ、頼まれすぎて覚えれるかバカヤロー!ひとつでもできてなきゃ、女みたいに文句グチグチグチグチ。そういえばお前って私のお願い聞いてくれたことあったっけ?#旦那死ね#旦那デスノート — maya185 (@maya185deth) September 13, 2017

息抜きがしたい とか言ってたけど
よくそんな事言えるね
私は貴方と出会って縛られ何年って
遊びなんて行ってないし子どもが出来たから尚更息抜きなんて出来てない
それに比べ遊に娯楽何からも縛られず
自由に生きてきた貴方が息抜きしたい
っておかしいんじゃない?笑笑#旦那デスノート — 旦那デスノート (@danna_DeathNote) November 4, 2017

結婚してから
不安がない日なんて無かった。
いつも恐怖に怯えてた。 旦那から解放されたら
この想いは消えるのかな? 明日が来る楽しみを味わってみたい
な。#旦那デスノート#社内不倫#今死んでくれていいよ — ゆー (@ptkshyksni1) October 29, 2017

 

関連記事

うちの旦那って、どうしてこう・・・。とため息つきたくなることありませんか? 実は子育て中、ママが発見したパパの残念エピソードってこんなにあったんです。 これを見て「まだうちの旦那マシだな」と思って、笑ってもら[…]

うちの旦那って、どうしてこう・・・。とため息つきたくなることありませんか?実は子育て中、ママが発見したパパの残念エピソードってこんなにあったんです。これを見て「まだうちの旦那マシだな」と思って、笑ってもらえたらと思います。

 

ナント!書籍化されています!!

専業主婦でパートの私、もう思わず頷いちゃう共感エピソードばかり。 単なる主婦の愚痴ならず、心の叫び、紛れもない本音が1冊に収まっているなと。日常生活はもちろん、夜の夫婦生活、家計、マザコン、仕事、、、もうお腹いっぱいになるぐらい、旦那のクズっぷり満載。 長年連れ添うと、どうして旦那に死んでほしくなるのでしょうね?!笑 あんなに好きで結婚したのに、今では事故で苦しんで死ねばいいって、冷静に死神に願っちゃう。この気持ち分からないでもないなぁ。。。 旦那に死んでほしい主婦の方は、仲間がいる安心感を得られると思います。うちの方がまだマシかも?って自分を励ましたり。本音を申せば、世の旦那たちに読んでほしいんだけどなー
共働きなのに、家事・育児いっさいやらない。(「手伝わない」って言い方は主体性がないので違うと思う)結局、自分の嫌なことを人に押し付けてるだけなのに、訳の分からない理屈で正当化する。 この国には、「男は女より偉い」って本気で思ってる頭のいかれた男が一定数存在してますから・・。 あー、今日も家庭という密室で、妻を自分の母親と勘違いしてるマザコン旦那、妻を無料の風俗嬢扱いしてるセクハラ旦那、妻を奴隷か召使くらいにしか思ってないモラハラ旦那・・に泣かされてる大勢の妻達がいるんだろうな。
こちらの書籍、賛否両論キッパリ分かれるらしいです。
特にこの本の存在を知った旦那と呼ばれる男性たちは、こぞって書籍の低俗性を訴えています。
また中には、好きで結婚したはずなのに旦那のことをデスるなんて!と、否定派意見の女性も。
結婚は生活を共にしていくので、たとえ大好きで愛し合って結婚したとしても、人間ですからね、色々と相手の嫌なところも目に付いてくるんです。
家族が増えればまた、幸せと共に、苦悩だって生まれてきます。
お互いにカバーし合わない・感謝の気持ちを持ちつ持たれつしない関係に陥ると、はらわたが煮えくり返りそうになり、やがて気持ちが冷え切っていくのではないでしょうか?
 
関連記事

育児や家事の協力って難しいですよね。仕事で時間のない時は仕方ありません。身支度などの衣食住を自分で完了させて、時間のある休日に育児協力してみましょう!赤ちゃんとお散歩に出かけたときにはベビーの写真をたっぷり撮影して、ママにはスイーツを購入[…]

パパ必読!赤ちゃん誕生!でもパパは育児も家事も難しい!?解決法ってある?
 

では、逆はどうか?

「だんなデス・ノート」で盛り上がるサイトがあるなら、もしかしてと思い検索したところ・・・
やはりありました! 「嫁デス・ノート」!!
ただ「嫁デス・ノート」は、だんなデスノートとは大きな違いがあります。思っていることと逆のことを投稿する仕組みなんだそうです。
例えば、
『嫁が大キライである → 嫁さんのことを愛している、大好きで仕方ない』
というように気持ちと裏腹に、しかも過剰に投稿する決まりがあるんですって。
この仕組みの理由については、嫁のようにあからさまに書くのは忍びない、という男心らしいです。
これもわからなくはないのですが、男と女(夫と妻)には、かなりの温度差があって、妻はもう離婚したいほどに気持ちが冷めているのに、夫の方は「なんだか嫁の機嫌が悪そうだ」と”離婚”なんてサラッサラ思っていなくて、自分の置かれている立場にまったく気がついていないという、なんともまぁ真逆な思いをもつわけです。
 

「そんなに毛嫌いしてるなら離婚すれば?」という意見に対して

そうそう、なんで離婚しないの?てなる。 なかなか離婚・自立できないも問題。。。 経済的になんだかんだ女性が自立しにくい環境なのかも。。。 #クロス #旦那デスノート — E (@e_a3x) October 30, 2017

ネットのダンナデスノートみてます。書き込みはしませんが、とても好きなサイトです。 子供が三人いて生活の事考えるとても離婚は出来ません。慰謝料と養育費を夫が払ってくれるとは思えません。もう今の生活ですらカツカツです。 もう母親しかおらず実家も頼れません。本になって違う人達に私たちの存在を知ってもらえると何か変わるのかな。 期待してます。
「結婚」って形態は、二人だけのものじゃないからかな?と思います。
自分たちの子ども、双方の親や、双方の兄弟、双方の親戚達、友人知人、仕事関係者などなど。
お付き合い時代なら「別れましょう」「そうしよう」で済むような流れでも、離婚となるとそうはいきません。 たかが紙切れ一枚ではないのです。
悲しいことに日本の世の流れとして、まだまだ女性が子育てを主にやるという風潮は変わっていないので、女性は思いっきり仕事だけに没頭できず、主人と呼ばれる旦那様のような稼ぎを持てる妻は少ないのです。
短時間しか働けないから、稼ぎが少なくなる→子育てが中心だから仕方ない=旦那のようには稼げない、です。
子供が居れば尚更、離婚することに躊躇する女性が大半かと思います。
妻に対しては暴言を吐いても、子供に対してだけは優しく、良いパパという姿をしている旦那もいます。
可愛い我が子からパパを奪うことは出来ないとか、私だけが我慢すれば良いんだ、と日々苦悶している女性だっています。
「だんなデスノート」は、吐き出し口みたいなものかな、と勝手に思っています。
女性は親しい友達に話してスッキリするところがあります。それがSNSの普及により、親しい友達にすら言えないようなことも、匿名で恐ろしいこと(本音)を書けちゃうんです。
書いてスッキリしている人も、中にはいるのではないでしょうか? 書いていることを実際にやったら、それはもう犯罪ですからね。
 
関連記事

育児を積極的にしてくれるパパが増えてきた背景から「イクメン」との言葉が浸透しました。しかし本当の育児=イクメンとは何でしょう?世の中には、意外なほどに「なんちゃってイクメン」な残念夫がいます。そんな夫たちに物申す!妻たちの叫びを集めました[…]

ムカつく!なんちゃってイクメン!残念夫に物申す!
 

11月22日は「いい夫婦の日」

話はうって変わって、来週ですよ「いい夫婦の日」 。
こちらは暗黒の世界ではなく、”幸せいっぱい”か、”まぁまぁ幸せ”のご夫婦ですかね。車のナンバーでも「11-22」をよく見かけます。
いい夫婦って、一体何をもっていい夫婦と言うのか、これは個人差があるでしょうか。
毎日平穏にほどよく仲良く暮らしていれば幸せと感じる人もいるでしょうし、それこそワンオペ育児や、DVで苦しめられてるとすれば、まったく幸せなんて感じる暇もないことでしょう。
自分にとって「いい夫婦」ってどんな形なんだろう?
↓下記の夫婦に関するアンケートを読んでみて、世の夫婦の実態を知り、何かを感じとることも一つかと思います。

これは食事の話だけど、どんな事でも当たり前ではないと思う。
洗濯してくれたり、自分の為に何かをしてくれる奥様や彼女に
「ありがとう」って言って欲しい。それだけでも女って嬉しい。
旦那デスノートに書く人も少しは減るかも…W#ありがとう #魔法の言葉 #旦那デスノート — hakana-momiji (@hakana_light) September 15, 2017

旦那デスノート見て、旦那が自分にとってかけがえのない存在である事を改めて分かった。そんな意味もあって旦那デスノートはアリかと思う。家の旦那は長生きして、孫見て、2人で楽しい老後があればいいな。逆にお小遣い無くてごめんなさいって気持になった。嫁デスノートされないように気を付けなきゃ — もん (@mecotamama) November 3, 2017

 

関連記事

生活家電、調理家電、デジタル家電、普段の生活に欠かすことができない家電製品。 いざ、買おうと思ってもメーカーも種類も沢山あるし、何だか目移りしてなかなか決めきれないことって良くありますよね。 そこで今回は人気でおすすめ!便利な最新家電を[…]

これ欲しい~おしゃれで超優秀なおすすめ人気家電が快適すぎて便利家電に!

 

まとめ

だんなデス・ノート、サイトを覗いてきた方いらっしゃるかな?
筆者が初めてこのサイトを覗いてきたとき、暗黒過ぎることにとても驚きました 苦笑。
ただ”わからなくもない”です。 正直主人にむかつくこと、多々あります(多々って 笑)。
でも自分がこんなにムカついてるんだから、きっと主人もムカついてるに違いない、と思うこともしばしば。 ”お互い様”なところ、あると思います。
だんなデス・ノートに書き込みしている女性からすると、なーに甘っちょろいこと言ってるんだ!とお叱りを受けそうです。
ただ、極論ですと「こういうサイトは無い方が良い」に決まっているのです。
この世の全ての人が、穏やかな生活環境、平穏な精神状態でいられないから、闇のサイトが生まれてしまうんです。
人は誰しも心の中に、天使と悪魔の自分が存在しているんじゃないかと思います。
天使の自分が優位の場合は心の中が晴れ晴れとしていて、人に優しくできたり、笑顔でニコニコ。逆に悪魔の自分が優勢になっているときは、心の中がモヤモヤとした黒い雲が出てきてしまう世界でしょうか?!
この天使と悪魔の振り幅が大きいと、そんなにダークな気分にはならないのでは?と。
この振り幅っていうのが、「人間の器」と呼ばれるものなのかもしれません。
お喋りしてスッキリ、ノートに殴り書きしてスッキリ、スッキリする方法は人それぞれでしょうけれど、どんな方法だとしても”気分転換”って生きていく中でとても重要ですね!

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

【だんな(旦那)デスノート】ブラックなのは私だけじゃない!夫に対する”呆れ”・”怒り”爆発レベルを超えた暗黒の思い。
最新情報をチェックしよう!