子供の写真をSNSに載せていますか?載せる前に覚えておきたい安全対策!

子供の写真をSNSに載せていますか?載せる前に覚えておきたい安全対策!

近年、さまざまなSNSが普及し、楽しく利用しているというママも多いのでは?

子供がいるうちはなかなか友人と会う機会がとれなかったり、結婚と共に引っ越してしまった友人などとも気軽にコミュニケーションがとれる便利なサービスです。

しかし、写真を載せるときは注意とマナーがあります。

わが子を危険にさらさないためにも、もう一度危機管理を徹底しませんか?

スポンサーリンク

SNSへの写真投稿 実は危険がいっぱい

近年では、芸能人などの著名人だけでなく一般の人もブログやSNSで自分の近況や様々な情報を発信することができる時代になりました
。 そこで、気になるのが防犯意識という視点から見た画像投稿の危険性です。
例えパスワードや公開範囲を絞った掲載の仕方であっても、インターネット上に画像を乗せるということはいつ誰に見られてもおかしくない状況ということなのです。
産後は、我が子の見せる表情一つ一つがとても愛おしく「誰かに見てほしい!」「可愛い我が子を褒めてほしい!」という感情になるのは誰もが抱く感情ではないでしょうか。
それに加えて、小さな子供を連れての外出はまだまだ思うようにできないことから友人とあまり頻繁にあうことができないという状況もSNSへの投稿を加速させるの要因の一つだと考えられます。
投稿のすべてを禁止するべき!とは言いませんが、ネットへの投稿に危険性があることは覚えておきましょう。
 
関連記事

ドラマやインターネットの書き込みなどでは、ママ友同士のトラブルやドロドロの人間関係が繰り広げられています。 私の周りではそんなことないし~と思っていませんか? あなたのちょっとした問題行動が原因で、トラブルに発展してしまうことも。 3[…]

 

データーの悪用

インターネット上に載せられた画像は、様々な検索方法でヒットして不特定多数の人が閲覧することができます。
芸能人の子供というわけでもなく、一般人である私たちの子供の画像を意図的に悪用するという人は少ないですが、『誰の画像でもいいから悪用してやろう』という悪意に満ちた人のターゲットになることは十分にあり得ます。
どこの誰かもわからない子供の画像を保存して、我が子のように他の掲示板に投稿することやインターネットでのステマに利用されることもあります。
中には、性の対象として見ている人も存在するのです。
 
関連記事

もうすぐ入園!子供の入園準備は整ったものの…心配なのは新しいママ達との付き合い方です。 保育園はそれほどでもありませんが、幼稚園ママ同士は同じクラスだったら基本仲良くしなくてはなりません。 どうすればうまく渡り歩けるのでしょう?いままで[…]

 

ママ友とのトラブルに発展する可能性も

ママ友の中には、SNSへの投稿へ否定的な方もいらっしゃるはずです。
それを何も配慮しないで自分のSNSに投稿することでトラブルに発展するケースは少なくありません。
また、投稿自体を問題視しないという場合であっても、「○○ちゃん・○○ちゃんママとランチ♪」などといった投稿を他のママ友が見ることで「誘われなかった」「いつも遊んでいる」などあることないことを言われるというトラブルも多く見られます。
楽しいイベントがあったとしても、不用意に投稿することは避けた方が無難です。
 
関連記事

ママはよく見ています、他人の行動を。その観察眼たるやすごいものがあります。 当てはまる方は「余計なお世話だわ!」とお怒りかもしれませんね。 ただ観察眼の鋭いママ達は、情報の伝達力にも長けていますので、行動や言動は当たらず触らず、服装[…]

あなたは大丈夫?幼稚園ママ~小学生ママに聞いた『ママ友の行動で「引くわ~」と思うこと』
 

犯罪に巻き込まれる危険も

近年の携帯電話やスマートフォンのほとんどに位置情報システムが搭載されています。
これは、GPS機能をつかったアプリケーションやナビなどの際に役立つのですが、撮影した写真にも位置情報がデーターとして組み込まれていることをご存知ですか?
一般の私たちがSNSに投稿された写真をみても、いつどこで撮影したものなのかを判断することはできませんが、パソコンやハッキングなどに詳しい人からすると、インターネット上の画像を保存してその写真に記録されているデーターを読み取ることは非常に容易であると言われています。
また、スタンプやモザイクなどの加工を取り除くことも専用のパソコンアプリなどがあれば出来てしまうのです。
これらのことから、インターネット上で「可愛いな」と思った子の写真などを定期的に調べていけば行動範囲などを把握することができてしまいます。
 
関連記事

育児のあるあるネタをカルタ調にインスタで紹介する「#産後カルタ」が、先日「ノンストップ」で取り上げられ、話題沸騰中です! 今回は筆者が特に共感した20作品を紹介したいと思います。 どれもリアルで笑えますよ! 話題の「#[…]

今話題の「#産後カルタ」って何?「わかる~」の声多数!特に共感した20作品を紹介
 

ネットでの反応は

子供産まれたらマジで子供の写真しか撮らなくなるしSNSのネタもそれしかなくなるよマジで

— Sara (@saaa318n) September 26, 2017
 

あと、誘拐されたらどうするのか?と考えてしまう。SNSに子供の写真を載せること自体が危険極まりないし、親の頭が沸いているのだな。と思う。 https://t.co/gzcRlASRtc

— たわけモンチッチ (@twk_monchi) September 26, 2017
 

私はSNSに自分の子供の顔写真は載せない!絶対に! と思っていたが、載せたくなる気持ちは充分理解できるようになってきた。。笑

— くりえり (@kurieri1009) September 26, 2017
 

今の時代に生まれなくてよかった。いまの赤ちゃんは親が勝手にSNSにばんばん写真あげるから。まだ意志もないのにかわいそう。子供は親の所有物でも見せ物でもないよ。それで承認欲求みたすのは毒親。

— きゃん!! (@kumagirou4696) August 24, 2017
 

SNSに子供の可愛い写真載っけてるけど、裏では、子供のイヤイヤ期に嫌気がさす。#子育てあるある

— Kae【進撃の育児中】 (@2_kae_1) September 24, 2017
 

インスタやSNSにアップされた子供の写真を見て「可愛いなぁ」と笑顔になる。
世の中そんな人達ばかりじゃない。
「可愛いなぁ。この子を僕だけのモノにしたいな。触ってみたいな。閉じ込めてみたいな。壊してみたいな。」
子供を見てそんな風に思う悪魔のような人間もいること忘れないでほしい。

— もふこ (@realdays178) September 24, 2017

まとめ

将来、自分の面白い顔やトイトレの状況・水着姿やオムツ姿などがインターネット上にアップされていることを知った時に子供はどのような気持ちになるでしょうか。
可愛い我が子の成長をみんなに見てもらいたいと思う気持ちは、皆同じです。
しかしその軽率な行動が後に子供自身を困らせる結果になることもあるという事実をわすれないでおきましょう。

クレジットカードとキャッシュレス by クレジットカードニュース編集部

この数年で世の中のキャッシュレス化がどんどん進み、日常的な買物の場で【クレジットカードが必須】に近い ...…

 

 

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

子供の写真をSNSに載せていますか?載せる前に覚えておきたい安全対策!
最新情報をチェックしよう!