【母の日】本物志向のお母さんに!こだわりのツナ缶・サバ缶のギフトを贈ろう

【母の日】本物志向のお母さんに!こだわりのツナ缶・サバ缶のギフトを贈ろう

母の日の定番はお花だけど、普段は買わないようなちょっと高級な缶詰はいかが?

ツナ缶やサバ缶で大人気の「モンマルシェ」は、プレゼントにもおすすめ。ツナ缶やサバ缶のセットをご紹介します。

スポンサーリンク

2018年はサバ缶が人気の年でした

2018年11月にクックパッドが、「2018年食トレンド大賞」を発表しました。
この賞は、家庭料理のトレンドキーワードを選出する企画です。 2018年は「健康志向」と「時短&スローライフの両立志向」がキーワード、大賞に選ばれたのは「サバ缶」でした。
クックパッドでもサバ缶のアレンジメニューがたくさん見られました。
調理工程が少なく、時短が図れる手軽さ、保存期間も長く、栄養価も高い…サバ缶には多くのメリットがあります。

ツナ缶は低糖質&高たんぱく

ツナ缶にもサバ缶に負けず劣らずメリットはたくさんあります。ご存知の通り、淡白な味付けなのでどんな料理も使えます。
さらに良質なたんぱく質やEPA、DHAなどの栄養がバランスよく含まれているので、ダイエットにもおすすめです。
 

モンマルシェの最高級ツナ缶

こだわりのオーシャンプリンセスホワイトツナ通販|モンマルシェ (122154)
日本で初めてツナ缶が誕生したのは1929年、モンマルシェの関連会社清水食品株式会社から始まり、
1950年頃から日本国内に普及し始めたツナ缶は、当時は「びん長マグロ」を加工し、綿の実から搾した「綿実油」を使用しており、かなりの高級品でした。
時代が流れ、ツナ缶の原料が「キハダマグロ」や「カツオ」などに変化し、漬け込み油も大豆油やキャノーラ油へと代用され、ツナ缶の低価格化が進みました。
そんな中モンマルシェは、もう一度原点に立ち返り本来のツナ缶をつくりたいと、清水食品が培ってきた製法と技術を継承し、2009年に「オーシャンプリンセスホワイトツナ」が誕生したのです。

オーシャンプリンセスホワイトツナのラインナップ

 (122059)
ツナ缶用原料としては最高級の、「夏びん長マグロ」のみを厳選して使用しており、格段においしいツナ缶です。
またツナ缶は漬け込み用の油にも美味しさが大きく左右されます。
モンマルシェでは、あっさりとした味で、油臭さが少ない「綿実油」と、果汁の爽やかな香味が味わえることが人気の「イタリア産エキストラバージンオリーブオイル」を原料とし、
まぐろの身と絶妙に調和して旨味を際立たせているのです。
とても貴重なツナ缶だからこそ、食通の方へのギフトにも最適です。
▼【公式サイト】モンマルシェ ▼

DHA・EPAが豊富なサバ缶

 (122065)
モンマルシェのサバ缶は、通常のサバ缶で使われているサイズとは異なり、本来刺身や焼き魚として味わう「大ぶりサバ」によって作られており、身がたっぷりで脂のノリが良く、うまみが格段に違います。
また、サバを含む青魚には、生活習慣対策にとても大切な栄養素である「DHA・EPA」が多く含まれています。
一日に必要とされる「DHA・EPA」の目安は1.7gと言われていますが、モンマルシェのサバ缶には、1缶あたり2.4gと豊富に含まれているのです。
▼【公式サイト】モンマルシェ ▼

購入した人の感想は?

極々普通の某はごろ〇などのツナをよく食べるのでたまたま美味しそうなツナ缶をみつけ人にあげるのと一緒に自宅用を買ってみました全然違うんですね~なんか感動を覚えました!ほんとに美味しい!1缶を3人で分けたのですがひとりで食べたかったくらいピリッと辛いのが好み!油も上質なんだろうな~ベタベタした感じがないです美味しい (#^^#)
今まであまり鯖缶は食べていなかったのですが、青魚の栄養価が損なわれないという事でお試しにと買ってみました。味噌煮も水煮も臭みが無くとても食べやすい。味付けも本当に丁度良い。水煮の塩加減も他社の商品と比較しても塩分が低めでとても食べやすいと思いました。スーパーの鯖缶と比べても鯖が大きく仕上がりが綺麗。鯖缶好きになりました。

母の日のギフトセット

モンマルシェでは、いつもお世話になっているお母さんへ、日頃の感謝を込めたギフトセットを販売しています。
究極のツナ缶や高級サバ缶などがセットになったギフトは、お母さんをいつもより少し贅沢な気持ちにさせてあげられること間違いなしです。

クレジットカードとキャッシュレス by クレジットカードニュース編集部

ここ最近でキャッシュレス化がどんどん進み、日常的な買物の場で【クレジットカードが必須】に近い状況にな ...…

 
【母の日】本物志向のお母さんに!こだわりのツナ缶・サバ缶のギフトを贈ろう
最新情報をチェックしよう!