2018年4月25日 更新

【母乳とミルクの基礎知識】と「オッパイのきになることQ&A」

赤ちゃんが元気に育ち、体の基本を作るためには、母乳とミルクは絶対不可欠です。しかし、授乳中のママには母乳の悩みはつきものですね。そこで知っておくと便利で、授乳期間を楽に過ごせるかもしれない「母乳とミルクの基礎知識」と「オッパイの気になることQ&A」のお話です!

535 view お気に入り 0

赤ちゃんを育てる大切な母乳

◆母乳が出るしくみ

母乳のこと|母乳育児について|産科(妊娠・出産)のご案内 |岡山の産婦人科サン・クリニック (70880)

赤ちゃんがおっぱいを吸うことで、

その刺激→お母さんの脳下垂体→2種類のホルモンを分泌(プロラクチン・オキシトシン)させる。

プロラクチン:母乳を作る。

オキシトシン:子宮を収縮させ、乳腺を囲む筋肉を収縮させて母乳を送り出す働き。

**母乳は赤ちゃんにとっての理想的な栄養素**

赤ちゃんの骨・筋肉・内臓など体の基礎を作るために必要な栄養が母乳。

この母乳の中にはタンパク質や脂肪・ビタミンなど赤ちゃんが成長するのに、欠かせない大切な成分がバランスよく含まれているのです。また、消化吸収もよく、発達の途中である赤ちゃんの消化器官にも負担が少なくできています。

また、母乳の素晴らしい利点の1つとして、赤ちゃんが成長するにあたり、必要な栄養分が変化していくというところです。

最初は多く含まれていたタンパク質やミネラルが少しずつ減少して、乳糖が増え成長に必要なカロリーは変わりません。

**赤ちゃんを病気から守る母乳**

母乳の中には免疫物質のIga ・ラクトフェリンという感染防御機能を持ったタンパク質が多く含まれています。この高機能の母乳を飲むことで、赤ちゃんの胎内の腸の壁をおおうようにして、病原菌から守ってくれます。

特に出産から数日間だけ出る”黄色みがかった初乳”には免疫物質がギュっと凝縮されてはいっています。ママの持っている免疫物質を赤ちゃんに受け渡すために、初乳を飲ませて上げでください。

”よい母乳を作るために、ママができる3つのこと”

①栄養バランスとれた食事をとること!

②体を冷やさず血流をよくする!

③体を締め付ける下着は付けないようにする!

**病気から赤ちゃんを守る以外にもいいことがある!**

母乳には栄養面以外にも赤ちゃんにとっていいことがたくさんあります。

母乳で育った赤ちゃんはミルクで育った赤ちゃんとくらべると、

・乳幼児突然死症候群・アレルギー症状を起こすリスクが低い

・将来に肥満になる可能性が低い

・知能と神経の発達を高める

・ママとの信頼関係を育むことができる

**授乳はママにもいいことがある⁈**

ママにとっても母乳で育てつ事にメリットがあります!

・産後の子宮収縮がよくなる

・産後、早めに妊娠前の体重に戻る

・閉経前に乳がん、卵巣がん、子宮体がんになるリスクが低下する

・精神的に穏やかになる

ミルクの出番

”母乳が足りないっ” ”ママが病気や仕事で母乳を与えられない”そんな時に心強い味方の「ミルク」。
正しい活用法を知っておくとママの困ったときに助けてくれますよ!

**母乳が足りてない時や出ない時が出番**

母乳で育てることがいいとわかっていても、いろいろな事情によって母乳を上げることができないことも。また、母乳を上げても足りていないという時があります。

ママの状況や赤ちゃんの発育に応じて、ミルクのみで育てたり、母乳の後にミルクを足してみたりと混合栄養を与にしてみましょう。

現在のミルクの成分はできるだけ母乳に近い成分になるよう、研究されて作られています。

また、ミルクを使用することで、ママ以外でも授乳できるようになります。ママが疲れているときなどは、パパやおばあちゃんにも預けられますし、"授乳”という行為によって愛情を深めることができますよ!

オッパイの気になることQ&A

Q:【量やミルクの足し方】母乳の出が悪くなってきても飲ませるべき?

A:母乳を続けたいのら、回数を多く飲ませましょう。

生後2~3週、6週、3ヶ月ごろは赤ちゃんは急速に成長する時期なので、母乳不足が気になりますね。しかし、母乳で育児を!と思っているなら、母乳の出がよくなるように、多く吸わせることが大切です。

Q:【量やミルクの足し方】ミルクを足すと飲むのはどうして?

A:必要以上に飲んでしまう時期なのかもしれません。

生後1か月のあかちゃんはおっぱいを反射的に吸ってしまうため必要以上に飲んでしまうのかもしれません。1日の体重が50~60g以上増えていたら、それは飲みすぎ!!ミルクをやめて母乳だけで様子をみましょう。

Q:【量やミルクの足し方】母乳が足りているかどうかわからないときは?

A:授乳やおしっこの回数や体重の増加を確認してください。

母乳が足りているのか不安になるママは多いですね。チェック項目を確認して、体重がふえているかチェックしてみましょう!

・1日に8回以上おっぱいを飲んでいる

・1日におしっこは6~8回・うんちが3~8回ほど出ている

・元気があって肌にハリがあり、血色がよい

・体重が1週間で120~210gほど増えている

Q:【量やミルクの足し方】授乳後1時間ほどで泣くのは、母乳が足りていないから?

A:赤ちゃんが上手に飲めていない時は、泣くこともあります。

抱き方や姿勢・くわえさせ方などの見直しを!

Q:【オッパイの出ぐあい】オッパイが張らないのは出が悪いからなの?

A:授乳が軌道に乗れば、張らなくても出るようになります。

最初にパンパンに張っていたオッパイも9日ごろから張りをあまり感じなくなることがあります。授乳が軌道に乗ってくれば赤ちゃんに吸われると、その刺激で張るようになってきます。

Q:【オッパイの出ぐあい】片方だけ吸うと、もうウトウトしてしまいます。もう片方はどうすればいいの?

A:片方だけで大丈夫です。

片方だけ飲んで寝てしまった場合は、それで大丈夫です。次の授乳で飲ませなかった方から飲ませましょう。ただし、飲ませないと張って痛いときは張らない程度にしぼっておくといいですね。

Q:【授乳間隔】オッパイをあげるペースがわからない。

A:欲しそうなときに授乳が!一番よし。

泣く前に欲しそうだなと思ったら、おっぱいを上げてください。生後1か月ごろまでは、授乳時間が1~2時間しかないことも良くあります。

逆にこの時期によく眠ることにより授乳回数が1日8回を下回った場合は起こしてでもオッパイを上げてください。

Q:【授乳間隔】泣くたびに授乳をしていたら、どんどん体重が増えていってます。

A:空腹以外の理由がないかチェックしてみてください。

母乳育児の場合、2~3ヶ月ごろは体重がどんどん増えていきます。ただ赤ちゃんは甘えたいや不安などの空腹以外の理由で泣くこともありますので、その理由を探してあげましょう。

Q:【授乳間隔】3時間以上眠っているときは起こした方がいいの?

A:おっぱいがつらいなら起こしてもいいでしょう。

1日8回以上飲めているなら、基本は起こさなくても大丈夫です。授乳感覚が空くたびにおっぱいがつらいようなら、母乳外来などで相談して見ましょう!

Q:【授乳間隔】夜中の授乳がなくなりません。

A:なくす必要なないです!楽に授乳する工夫をしてください。

オッパイは夜中に飲ませる方が出がよくなります。欲しがるようなら飲ませてあげて大丈夫です。ママが大変ですが、できるだけ楽に授乳できる工夫をしてみては?例えば、添い乳など、、
74 件
クレジットカード審査甘い

クレジットカード審査申請基準が甘い厳選17枚を比較!審査のポイントを解説

初めてクレジットカードを作る場合や審査に自信がない場合には、審査の基準が高いクレジットカードの申込みは避けましょう。一度クレジットカードの審査に落ちてしまうと信用情報に記録が残ってしまいます。

マタイク関連記事 こんな記事も人気です♪

おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

クレジットカードニュース編集部では、クレジットカードを検討している人に特徴とおすすめポイントを分かりやすく解説している記事とクレジットカードにまつわるニュースや豆知識記事を随時更新してお届けしています。
アメックス

アメックス

アメックスのクレジットカード12枚の特徴や審査申請基準をまとめて解説!
【0~3ヶ月の赤ちゃん】育児・子育てママの不安・気がかりQ&A

【0~3ヶ月の赤ちゃん】育児・子育てママの不安・気がかりQ&A

新米ママの初めての育児は、赤ちゃんのほんのささいなことが不安になったり、気がかりになったりします。こんな時はどうすればいいの?などママが気になっていることって意外と多いものです。そこでその不安やきがかりを解消します!
miyamu | 658 view
いつまでオッパイをあげよう?卒乳・断乳するときに読んであげたい絵本3選

いつまでオッパイをあげよう?卒乳・断乳するときに読んであげたい絵本3選

母乳で育てている方は、一歳を過ぎるといつまでオッパイをあげるか、その時期や辞めさせ方について考え始めるのではないでしょうか。今回は断乳や卒乳を決心した方にぜひ読んで欲しい、読み聞かせてあげて欲しい、おっぱいバイバイをテーマにした絵本を3冊紹介します。
赤ちゃんの便秘の原因は?0歳児の便秘「5つのチェック項目」と「6つの対処法」まとめ

赤ちゃんの便秘の原因は?0歳児の便秘「5つのチェック項目」と「6つの対処法」まとめ

母乳から混合に変えた時、離乳食を始めた時など様々なタイミングで赤ちゃんは便秘になってしまうことがあります。筆者も、3人育ててきましたが長男と長女には便秘で悩まされました。0歳児の便秘に関する対処法を交えたコラムです。
塚原朋子 | 278 view
出産をスムーズに陣痛を乗り切る!「ソフロロジー式」ってどんな呼吸法?

出産をスムーズに陣痛を乗り切る!「ソフロロジー式」ってどんな呼吸法?

出産準備をしながら呼吸法の練習。陣痛の最中に、リズムをつかみながらうまくできるのかな・・・と心配になります。そこで、シンプルな呼吸法や赤ちゃんをしっかりイメージする練習をすることで、リラックスして出産するという方法の「ソフロロジー式」。どのような方法なのでしょうか。
COFFEE | 1,543 view
【肌荒れに悩むママ必見!】今年の夏は「おむつかぶれ」知らず!自宅でできるホームケア教えます☆

【肌荒れに悩むママ必見!】今年の夏は「おむつかぶれ」知らず!自宅でできるホームケア教えます☆

だんだんと暑くなるこの季節。赤ちゃんは汗っかきなのに、さらに拍車がかかり「おむつかぶれ」を引き起こす原因に!繰り返す肌荒れは将来あとに残ることもあるので、何とかしてあげたいですよね?今回は、自宅でできるホームケアと我が子はこれで治った裏技を教えます(^^)!
naay76 | 245 view
知っておくと便利!赤ちゃんが病気の時の「症状別離乳食」【病気の時のホームケア】

知っておくと便利!赤ちゃんが病気の時の「症状別離乳食」【病気の時のホームケア】

赤ちゃんが病気になったとき、薬のことは病院からの処方でわかるけれど、自宅では何をどんなふうに食べさせればいいの?と不安に思ったことのあるママも多いと思います。そこで赤ちゃんの病気の時の「症状別の離乳食」の紹介です。ママは赤ちゃんが早く回復に向かうように、病気の症状に合わせて離乳食を作ってあげてくださいね。
miyamu | 407 view
赤ちゃんの歯磨きはいつから?方法や教え方は?ガーゼ磨きは?知っておきたい虫歯予防の心得

赤ちゃんの歯磨きはいつから?方法や教え方は?ガーゼ磨きは?知っておきたい虫歯予防の心得

歯が生え始めると成長を感じ嬉しいものですよね。しかし気になるのがお口のケアです。子供が将来、虫歯で困らないように赤ちゃんのころからケアをすることが大切です。赤ちゃんの歯磨きってどうすればいいの?いつから始めたらいいの?そんなママさんの疑問にお答えします!
mitukitukituki | 201 view
【1才~2才の赤ちゃん】育児・子育てママの不安・気がかりQ&A

【1才~2才の赤ちゃん】育児・子育てママの不安・気がかりQ&A

新米ママの初めての育児は、赤ちゃんのほんのささいなことが不安になったり、気がかりになったりします。こんな時はどうすればいいの?などママが気になっていることって意外と多いものです。今回はタッチして歩き始める・言葉が出たり会話が少しずつできるくらいの1才~2才のあかちゃんの気になることQ&A!
miyamu | 109 view
【4ヶ月~1才の赤ちゃん】育児・子育てママの不安・気がかりQ&A

【4ヶ月~1才の赤ちゃん】育児・子育てママの不安・気がかりQ&A

新米ママの初めての育児は、赤ちゃんのほんのささいなことが不安になったり、気がかりになったりします。こんな時はどうすればいいの?などママが気になっていることって意外と多いものです。今回は首が座る頃からはいはい、タッチの頃の4か月~1才くらいのあかちゃんの気になることQ&A!
miyamu | 132 view
赤ちゃんの健康を左右する妊娠中の健康管理はバランスが重要!【健康・学力に影響も】

赤ちゃんの健康を左右する妊娠中の健康管理はバランスが重要!【健康・学力に影響も】

以前は「小さく産んで大きく育てる」と言われていた時期もありましたが、妊婦さんの栄養のとり方や出産時の赤ちゃんの体重によって、健康に大きな影響が出てくる可能性が指摘されています。出生時の体重が少ないと、将来の健康リスクや学力に影響するという新聞記事についてご紹介します。
COFFEE | 392 view
せっかく寝たのに「背中スイッチ」と戦うママ必見!スイッチは背中じゃなかった!【背中スイッチ対策】赤ちゃんの寝かせ方

せっかく寝たのに「背中スイッチ」と戦うママ必見!スイッチは背中じゃなかった!【背中スイッチ対策】赤ちゃんの寝かせ方

やっと寝てくれた・・さぁ布団へ置きましょうかね・・・「ギャー!」よくある光景ですね。赤ちゃんを寝かせつけて布団に下ろそうとすると、まるでスイッチが入ったように泣きだす。寝てくれたら家事をする時間もできるのに・・ため息をついて、また抱き上げる。赤ちゃんを起こさずに布団におろすテクニックをまとめてみました。なんと、スイッチは背中ではなかった。
マタイクは妊娠・出産・育児にのぞむママ・パパのために毎日安心できる情報がいっぱい!

マタイクは妊娠・出産・育児にのぞむママ・パパのために毎日安心できる情報がいっぱい!

マタイクは「マタニティ」と「育児」のまとめサイトです。妊娠・出産・育児にのぞむママ・パパのために毎日安心できる情報をお届けします。また、ファッション、美容、グルメ、節約、健康、教育などライフスタイルでママ・パパに役立つ情報も満載なまとめサイトです。
1歳6ヶ月検診は何をする?知っておきたい赤ちゃんの健康状態や成長の基準とは

1歳6ヶ月検診は何をする?知っておきたい赤ちゃんの健康状態や成長の基準とは

1歳6ヶ月くらいになりますと、赤ちゃんの健康状態や成長具合を確認する定期検診があります。それが1歳6ヶ月検診です。子供の成長はそれぞれとは言っても何をどのように診るのかは気になる方も多いでしょう。そこで、1歳6ヶ月検診について、知っておきたい情報をまとめました。
tm3 | 121 view
【朗報!経験者ママが語る!】”授乳”は乳がんリスクを下げる!赤ちゃんとママのwin-winな関係

【朗報!経験者ママが語る!】”授乳”は乳がんリスクを下げる!赤ちゃんとママのwin-winな関係

母乳は赤ちゃんの免疫力を高めるのに効果的と言われていますが、実はママにもメリットがありました。女性の罹るがんNO1と言われている乳がんの予防に効果的ということでした。結構リスクが低下するので、できるなら長く母乳をあげたほうがいいのかもしれません。
慌てずに!赤ちゃんの高熱「突発性発疹」の対処法のポイント!

慌てずに!赤ちゃんの高熱「突発性発疹」の対処法のポイント!

生後半年~2歳くらいまでの間にかかることが多い感染症です。突然38度くらいの熱で発症し、その日のうちに40度近くまで上がることもあります。この病名を「突発性発疹」といい、多くの赤ちゃんが経験する病気のひとつです。そんな赤ちゃんの症状にママは慌てず対処が必要です!突発性発疹について、理解しておくべきポイントを押さえておきましょう!
ビオラちゃん | 249 view
【癒される】知っておきたい!ベビーマッサージの基礎知識!赤ちゃんの冬の乾燥肌にも効果あり!

【癒される】知っておきたい!ベビーマッサージの基礎知識!赤ちゃんの冬の乾燥肌にも効果あり!

赤ちゃんとママのコミュニケーションができると話題のベビーマッサージ。ベビーマッサージは赤ちゃんとお母さんの愛情を深めるスキンシップの一つです。お母さんに触れられることで赤ちゃんはとても安心し、心が満たされます。
「3歳児神話」3歳までの子育てが大事?

「3歳児神話」3歳までの子育てが大事?

よく「子育ては3歳までに決まる」と言われますよね?なぜなんでしょうか?「3歳児神話」についてまとめました。
おもちゃグランプリ2018『あんふぁん×ぎゅって』ごっこ・なりきり遊び部門

おもちゃグランプリ2018『あんふぁん×ぎゅって』ごっこ・なりきり遊び部門

毎年恒例、育児世代のママ向け情報誌「あんふぁん」と「ぎゅって」のおもちゃグランプリが今年もスタートしました。ごっこ・なりきり遊び部門では、着せ替えやごっこ遊びなど可愛いおもちゃがたくさん!この中で、見事グランプリに輝くのは一体どのおもちゃ!?ノミネート商品をご紹介!
塚原朋子 | 23 view
おもちゃグランプリ2018『あんふぁん×ぎゅって』エデュケーショナル部門

おもちゃグランプリ2018『あんふぁん×ぎゅって』エデュケーショナル部門

毎年恒例、育児世代のママ向け情報誌「あんふぁん」と「ぎゅって」のおもちゃグランプリが今年もスタートしました。エデュケーショナル部門では、文字・プログラミングなど、知育系おもちゃが大集合!この中で、見事グランプリに輝くのは一体どのおもちゃ!?ノミネート商品ご紹介!
塚原朋子 | 26 view
漏れる心配なし!保温保冷もできるサーモスのストローマグが優秀♡子育て中のママに大人気!

漏れる心配なし!保温保冷もできるサーモスのストローマグが優秀♡子育て中のママに大人気!

プラスチック製の子ども用のストローマグからお茶がバッグの中に漏れてショック!ママさんなら一度は経験があるのではないでしょうか?しっかり蓋を閉めていても何故か漏れる…!でもサーモスのマグなら漏れずに安心です!
vv_aya_paris_vv | 31 view

この記事のキーワード

この記事のライター

miyamu miyamu

人気まとめ記事

mataiku編集部イチオシ

おすすめの記事

今注目の記事

NEW 新着記事

最近投稿された記事

関連おすすめ記事

mataiku relation