2019年のGW10連休に気になる銀行ATM・引落しのこと

2019年のGW10連休に気になる銀行ATM・引落しのこと

楽しいゴールデンウィークの10連休までもう少し!でも、資金の準備はしていますか?10連休中には開いているATMに人が殺到しそうです。また、機械的なトラブルが起きた時にATMの修理対応が遅れる可能性もあります。その他、口座からの引き落としが連休明けになるなど、10連休が終わった5月は引落し関係が次々に行われます。

 

スポンサーリンク

10連休のATM

新年度が始まると、楽しい10連休まではあっと言う間です。イベントやショッピング、家族旅行、いろんな計画があると思います。でも、資金の準備はしていますか?10連休中もいつも通りにATMが稼働しているとは限りません。 また、機械的なトラブルが起きた時にATMの修理対応が遅れる可能性もあります。その他、口座からの引き落としが連休明けになるなどの可能性があります。注意点を見てみましょう。

ATMの現金が足りなくなる?

全国銀行協会によると、連休中もATMは使用することができるようです。しかしATMによっては、現金切れが起きるなど、入出金の取引ができなくなる可能性もあります。連休前には多めに現金を払い出しておくなど、準備をしておきましょう。
連休中であってもATMは引き続きご利用いただけます。
設置場所によっては、一部の端末で現金が足りなくなり一時的に稼動を停止するATMが出てくる可能性もあります。
連休中にATMを利用すると、休日の料金となります。利用のたびに手数料がかかる可能性がありますので、手数料がかからない金融機関、使いやすいところに資金を移動しておくのも対象法の一つです。

銀行窓口は?

多くの銀行・郵便局で、連休は窓口は閉まります。一部の金融機関で窓口があくところもありますので、金融機関のサイトや地域の広報誌を確認しておきましょう。 また、連休中は住宅展示場でのイベントが多いこともあり、融資に関する相談会は各地で行われるようです。しかしその場合、相談窓口で現金の払い戻しができるわけではありませんのでご注意くださいね。

4月分が5月7日に引落し

クレジットカードや公共料金、新聞代など、口座からの引き落としは大半が月末の日にちで設定されています。そのため4月中に引き落とされるはずの料金が10連休明けの5月7日(火)に振替えられる見込みです。そして、5月分については通常とおり5月末に引き落とされることになります。 つまり5月は、1か月の間に引落しが2回行われる見込みなのです。10連休が終わった後、次々と引落しされていきます。連休中はお出かけされる方も多いと思いますが、口座から払い出しすぎないよう注意が必要です。

引落し分の口座残高について

全国銀経協会のホームページによると、引落しについて、このように記載されています。
10連休中に口座振替日が設定されている場合、口座からの引落日は翌営業日(5月7日)扱いとなりますので、予め必要な資金の口座へのご入金をお願いいたします。
生活資金の口座とクレジットカード等の引き落とし口座を別にしている場合、連休中に口座への入金を忘れてしまうケースも想定されます。できるだけ連休前の4月26日(土)までに口座に入金を済ませておいた方が安心のようですね。 また、あくまで引落しをする会社により取扱方法は異なってくるとは思いますが、口座の残高が不足している時、その日のうちに入金すれば引き落としてくれる会社と、「引き落とし不能」扱いになる会社もあります。念のため残高はしっかり確保しておきましょう。

ゴミの収集はどうなる?

連休中の「ゴミ収集」についてはお住まいの自治体により収集日程が公表され始めています。 「ごみ収集 ゴールデンウィーク 地域名」で検索してみましょう。市報や地域情報誌にも掲載されています。

まとめ

2019年のゴールデンウイークは特別な10連休。ですが、お金の問題も増えそうです。現金を早めに引き出して準備したり、口座の残高を確認しておいたり。 出費も大きくなりそうですが、現金を使うのを控えてクレジットカード払いにしたり、口座の残高を確保しておくことがポイントになりそうです。気を付けることは多いのですが、楽しく過ごせるといいですね。
2019年のGW10連休に気になる銀行ATM・引落しのこと
最新情報をチェックしよう!