赤ちゃんの手足が冷たい理由とは?赤ちゃんの体温調節のメカニズムを知ろう

赤ちゃんの手足が冷たい理由とは?赤ちゃんの体温調節のメカニズムを知ろう

赤ちゃんや子どもの手足が冷たくて驚いたことはありませんか?

特に冬場は寝ているときも冷たくなりやすいので、靴下や手袋を使った方がいいのか悩むママも多いでしょう。

この手足の冷たさにはしっかりとした理由があるんです!

赤ちゃんの手足の冷たさに焦点を当てて調べてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの手足はとても冷たい

赤ちゃんの手足は、特に冬場は驚くほど冷たくなっていることがあります。
筆者も布団でぐっすり寝ている赤ちゃんがバンザイして外気にさらされている手が青紫色になるほど冷えていて驚いた経験があります。
この冷たさは生まれたての新生児のころから、乳児・幼児になっても続くのです。
子どもは夜寝るときに手足を手袋や靴下などでふさがれるのを嫌うことがあるので、この冷えにどう対処したら良いのか悩んでいるママも多いのではないでしょうか。
しかし、この冷えにはしっかりした理由があるのです。
赤ちゃんの手足の冷たさに秘められた秘密とはどのようなものなのでしょうか。
 

赤ちゃんは手足で体温調節をしている

手足が体温調節で果たす役割とは

まず知っていただきたいのは「赤ちゃんは手足が冷たいのが普通」だということです。
単純に冷たいからといって異常だというわけではないので、覚えておきましょう。
赤ちゃんは自分で体温を上手に調節することができません。
これは新生児だけでなく、生後半年ほど経った乳児にも同じことが言えます。
体温を上手に調節できるようになるまでは、手足を使って調節を行っているのです。
寒いときは体温を上げるために、手足を冷やし血管を細くすることで血流を低下させ、心臓などの内臓の温度、つまり深部体温が下がるのを防ごうとします。
逆に暑いときは手足の血管を広げて深部体温が上がりすぎないようにするため、手足が暖かくなるのです。

温めすぎは発育の邪魔になることも

このように、手足が冷たい理由は体温調節が未発達だからなので、いくら冷たいからと言って家の中でも靴下をはかせたり手袋をさせたりする必要はありません。
体温調節を手助けしすぎると、発育を邪魔する可能性もあるのです。
寒い場合よりも暑い場面を想像した方が、イメージがしやすいかもしれません。
暑い夏に常時エアコンの効いた涼しい部屋にばかり居ると、上手に汗をかくことができずにいざ屋外に出たときに体温を下げることができなくなってしまいます。
汗をかけないと熱中症にもかかりやすくなってしまいますよね。
赤ちゃんの手足の冷たさは、この場合の逆パターンだと考えてみてください。
つまり、必要以上に温めると寒さに順応できない体になってしまう可能性があるのです。
心配してしまう気持ちはどうしてもあるとは思うのですが、いずれにしてもほどほどにしなくてはいけませんね。
 

発熱時に手足が冷たい場合は?

40度以上の高熱を出して体は汗をかいているのに、なぜか手足が冷たいということがあります。
この場合は今まで説明した体温調節とはまた違う意味を持っているのです。
熱があるのに手足が冷たいときは、まだ熱が上がりきっておらず、まだこれから熱が上がることを意味しています。
このようなときは熱が出ていても全身を温めてあげましょう。
一度熱が全身にいきわたって手足も熱くなってきたら、今度は放熱のために室温を少し下げたり毛布を一枚剥いだりして調節します。
手足の冷たさはこのようなときにもバロメーターになってくれるんですね。
 

体温調節のメカニズムを知って適切な温度管理を!

赤ちゃんの手足の冷たさは、平熱の時も発熱している時も体温調節における大切なバロメーターの役割を果たしています。
ただ冷たいからといって着こませたり温めたりするのではなく、赤ちゃんの置かれている環境と手足の冷たさを照らし合わせたうえで、適切な温度管理をしてあげましょう。
寒い日が続きますが、心地よい温度のお部屋で赤ちゃんもママも楽しく過ごしてくださいね。

クレジットカードとキャッシュレス by クレジットカードニュース編集部

この数年で世の中のキャッシュレス化がどんどん進み、日常的な買物の場で【クレジットカードが必須】に近い ...…

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

赤ちゃんの手足が冷たい理由とは?赤ちゃんの体温調節のメカニズムを知ろう
最新情報をチェックしよう!