離乳食初期のおすすめグッズは圧倒的にハンドブレンダーと圧力鍋が便利!

買って良かった!離乳食グッズ

生後5、6ヶ月からスタートする離乳食。

何から揃えたら良いの?とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

今回は、2児のママである筆者が、実際に1人目の離乳食期に重宝したグッズをご紹介します!

スポンサーリンク

離乳食「10倍がゆ」

離乳食「10倍がゆ」

離乳食で1番最初にあげるのは10倍がゆになります。

そして、今まで試した中で一番早く離乳食のおかゆを作ることが出来た方法は、炊飯器でおかゆを焚いてからハンドブレンダーでまとめてすり潰す方法です。

まとめて出来たおかゆは、保存容器に入れて1食分ずつ冷凍しておけば、あとは食べさせる時に電子レンジで解凍するだけ。

10倍がゆから7倍がゆ、5倍がゆと時期によっておかゆの硬さが変わっても、水の量を変えるだけで硬さを調節出来るので簡単です。

特に離乳食初期は、おかゆも野菜も魚もドロドロにすり潰してあげるので、ハンドブレンダーがあるだけで調理のスピードが格段にアップ、時短にも繋がります。

圧力鍋

圧力鍋

圧力鍋は、離乳食の野菜を蒸すのに重宝します。

離乳食期の野菜は、“ドロドロにすり潰せる状態”や“歯茎ですり潰せる状態”と、かなり柔らかくなるまで火を通すことが求められます。

お鍋に水と野菜を入れて茹でることも可能ですが、それだとかなり時間が掛かってしまう上、長時間茹でることで野菜の栄養素もお湯に溶け出てしまうことに…。

圧力鍋を使うと、茹でるよりも圧倒的に短い時間で野菜を柔らかく蒸すことができるのでとても便利です。

しかも“茹でる”のではなく“蒸す”ことで、お湯に野菜の栄養素が逃げてしまうことも少なく、栄養価の高い状態で赤ちゃんにあげることができるのです。

豆皿サイズの小さいお皿

豆皿サイズの小さいお皿

これから離乳食をスタートする方へ声を大にしてお伝えしたいのが、『離乳食、最初はそんなに量は食べません』ということ。

よく離乳食の食器セット等で可愛い子供サイズのお皿のセットが販売されていますが、離乳食のあげ始めは“1さじ”からスタートする為、普通の子供用サイズのお皿では大きすぎるのです。

大きさで言えば、豆皿サイズで十分です。

今では百均等でも可愛い豆皿がたくさん販売されているので、まずは小さいお皿から揃えられることをお勧めします。

 

関連記事

3・4ヶ月検診が終わったらそろそろ離乳食が近づいてきて新米ママは特にソワソワしてくるころですね。 今まで母乳、ミルクだけのお世話から”食事”をする我が子へ。 一気に人間らしく、成長を感じる時期でもあります。 一緒に食卓に並[…]

赤ちゃんがぱくぱく食べられる手づかみ食べ離乳食メニューのママ技レシピ

haru kurokami スカルプシャンプー
4.6

有名女性雑誌で連続掲載!頭皮や髪に負担のかかるシリコン・合成ポリマーなどは無添加。天然系シャンプーとは思えないほどの泡立ち、仕上がり。100%天然由来の「エイジングケアシャンプー」保湿成分もたっぷりだからリンス&コンディショナーも必要ありません。

まとめ

離乳食グッズを揃える時に参考にしたいのが、自分自身のライフスタイル。

時間にゆとりがあり離乳食を毎回1食ずつ作りたいのか?それともある程度まとめて作り置きにしたいのか?でも、必要なグッズは変わってきます。

「どれが必要なの?」と迷ったら、今の自分の子育て環境の中で“どれだけ離乳食を作ることに時間を割けるか”を元にグッズ選びをすれば、「これは使わなかった~」と後悔することなくグッズを活用することが出来ると思います。

頑張ってママ!

カレンデュラ手づみトライアルセット
厳選された天然精油を専門のフレグランスデザイナーがブレンド!
北海道の生産者の人々と協力をして土の状態や栽培方法にまでこだわり栽培、採取から製品作りをしています。
花びらを一枚ずつ取り分けるなどの手間がかかる作業を行うのは、素材の中でも厳選した部分を使いたいから。
この一手間で素材のパワーが凝縮したオイルやエキスが誕生します。

 

買って良かった!離乳食グッズ
最新情報をチェックしよう!