【簡単ケア】赤ちゃんのおむつかぶれ対策!ポイントは洗って保湿!

イヤイヤ期の「おむつ外しトレーニング」どうすればいい?成功させるためにできること

赤ちゃんのお世話をしていると、悩むことが多いおむつかぶれ

生まれたばかりの赤ちゃんほど、ウンチの回数は多くなります。

おむつはこまめに取り替えてるはずなのに、かわいいおしりが赤くかぶれてしまうと、悲しくなりますよね。

この記事では、おむつかぶれになりにくいおむつ交換の方法や、簡単にできるおしりケアをご紹介します!

スポンサーリンク

おしりはしっかりキレイに♪おススメのおむつ交換方法!

【簡単ケア】赤ちゃんのおむつかぶれ対策!ポイントは洗って保湿♪

筆者の子が赤ちゃんの頃、ウンチをした時におしり拭きでササッと拭き取るだけで済ませると、次のオムツ替えからよく肛門のあたりが赤くなっていました。

赤ちゃんの皮膚は本当にデリケートなので、ほんの少しの拭き残しでもかぶれてしまいます。

そこでおススメのしっかり拭きとれる方法をご紹介します。

用意するものは3つ

【簡単ケア】赤ちゃんのおむつかぶれ対策!ポイントは洗って保湿♪

我が家では、子供がウンチをした時は以下の3つを用意します。

  • ぬるま湯を入れた洗面器(洗面器の1/3くらいの量)
  • ティッシュ
  • お尻拭き

洗面器は100均に売っているような物で十分です。

使う前と使った後は、石鹸で軽く洗ってなるべく清潔に使いましょう。

赤ちゃんを寝かせて、広げたオムツの上と、赤ちゃんのお尻(背中側)にティッシュを添えておくと、赤ちゃんの下着などが濡れにくくなります。

ウンチは洗い流しながら拭き取る!

3つの道具の準備ができたら、このようにおしりを拭いてあげましょう。

  1. ぬるま湯を入れた洗面器におしり拭きを数枚浸す
  2. ビシャビシャの状態でおしりを軽く洗い流す感じで拭き取る
  3. 仕上げにティッシュで優しく水分をおさえてあげる

ウンチには細菌など、おしりがかぶれやすくなる物質が含まれており、それをしっかり拭き取るためには水分が必要です。

この方法なら、おしり拭きだけで拭き取るよりも、肌に優しくキレイに拭けます。

ただしおしりが濡れたままだとおむつの中が蒸れてしまいますので、③の水分おさえを忘れずに。

育児用品でも、オムツ交換の際に赤ちゃんのおしりにぬるま湯をかけられるものはありますが、家でおむつ交換する場合はぬるま湯を入れた洗面器で十分。

外出先でウンチをしてしまった時は、携帯できる洗浄器があると便利ですよ!

 

amazon らくらくベビー
4.6

らくらくベビーとは、リストでまとまる、おトクにそろう出産準備。お子さまの誕生日登録で、登録者限定セールなどの特典やお子さまの年齢に合わせた商品紹介を受けられる、子育てを応援する無料のプログラムです。

 

【保湿ケア】仕上げに白色ワセリンなどで保護しよう

【簡単ケア】赤ちゃんのおむつかぶれ対策!ポイントは洗って保湿♪

ワセリンにもいろいろな種類がありますが、敏感肌の方や赤ちゃんに使う場合は純度の高いワセリンがオススメです。

イチオシは白色ワセリン

塗ると薄い膜を張ったようになり、外部の刺激から皮膚を守ってくれる優れもので、我が家ではお風呂上がりには必ず使っています。

たっぷり付けると皮膚がテカテカになるので、薄く伸ばして塗ると良いでしょう。

その他に我が家で使っているのは、ポリベビーというステロイド剤を配合していないタイプの軟膏です。

  • 「肛門の周りが少し赤くなっているかな?」と感じた時はポリベビー。
  • 「特に気になる箇所はないけど念のため…」という時はワセリン。

こんな感じで、その時のおしりの状態に合わせて使い分けています。

 

 

状態によっては病院で診てもらうのがオススメ

【簡単ケア】赤ちゃんのおむつかぶれ対策!ポイントは洗って保湿♪

おむつかぶれが軽いうちは、おうちのケアで改善することもできますが、赤い発疹がなかなか治らない場合もあります。

筆者の次女が赤ちゃんの時に1度だけそのようなことがあり、近くの小児科を受診しました。

その際は、ロコイドというステロイド剤の軟膏を処方されました。

ロコイドを塗ったら2~3日で発疹は消え、おしりの状態も元に戻ったので、悪化する前に早く病院に連れて行ってあげればよかったと後悔したものです。

ステロイド剤は強めの薬なので、発疹が治まったらすぐに使用をやめたくなりますが、使用方法については医師や薬剤師さんによく相談することをオススメします。

 

関連記事

「耐性菌」という言葉を聞いたことがありますか? 抗菌薬(抗生物質)に耐性ができ、本来であれば効果があるはずの薬が効かなくなる菌のことです。 今、耐性菌の出現が、世界的な問題になっています。 お子さんが風邪や中耳炎のときに、[…]

薬が効かない?!「耐性菌」をうまないために私たちができること

 

まとめ

今回は、我が家でしているおむつかぶれ対策についてご紹介しました。

ポイントは、おしりをキレイに保ってあげる事

やる事が多くて気が回らないママもいれば、うちの子のようにウンチをしてもケロッとして遊んでるタイプの子もいます。

でもウンチをしているのに気づいたら、なるべく早く対応してあげることが肝心です。

暑い季節、赤ちゃんのおしりをスベスベに保ってあげてくださいね!

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

イヤイヤ期の「おむつ外しトレーニング」どうすればいい?成功させるためにできること
最新情報をチェックしよう!