プールが怖い!子どもが泳ぐのを嫌がる意外な理由と克服の仕方とは?

プールが怖い!子どもが泳ぐのを嫌がるのには理由がある!

夏になると、保育園や幼稚園でも水遊びやプールが始まりますよね。

どちらかと言えば、子どもは水遊びやプールが好きなイメージが強いのではないでしょうか?

しかし、中には水やプールを怖がったり、嫌がったりする子もいます。

この記事では、子どもが水やプールを嫌がる理由と、どのように慣れさせていくかについて解説します。

スポンサーリンク

「水が怖い」と「プールが嫌い」は分けて考えよう!

プールが怖い!子どもが泳ぐのを嫌がるのには理由がある!

まず、お子さんが「水そのもの」を苦手としているのか、泳ぐことを嫌がっているのか見極めてあげましょう。

子ども本人に、どのような状態が嫌か、何が嫌なのかを聞いて答えてもらうと確実ですが、小さい子だと難しいですよね。

そこは日常生活の中で判断してあげるしかありません。

その判断基準を見ていきましょう。

水が怖い!苦手!

  • お風呂でのシャワーを嫌がる。
  • 顔にお湯や水がかかるだけでも嫌がる
  • 服が濡れたらすぐ脱ぎたがる

この場合は、水そのものを苦手としている可能性が高いでしょう。

水が苦手になる理由は、何がトラウマなのか、なかなか解りにくいものです。

ただ覚えておきたいのは、小さな子にとっては、洗面器に口と鼻を覆う程度の水が溜まっていれば、溺死の危険性があるということ。

大人は水に顔をつけても、苦しくなれば顔をあげますよね?

しかし小さな子にとっては、自分に何が起こっているのかも理解できず、顔をあげることすら難しいのです。

そのため、子どもは溺れかけても「静かに沈む」と言われています。

バチャバチャと大きくもがく動作や、「助けて!」などの声を簡単にあげられないのです。

大人の中では「お風呂のお湯でむせただけ」と感じた場面が、子どもには大きなショックを与えていても、全く不思議ではありません。

プールは嫌!泳ぐの大嫌い!

  • シャワーも水遊びも平気なのにプールに入りたがらない
  • 園や学校のプール行事を嫌がる
  • 泳ぎを教えようとしても逃げたがる

こうした場合は、水そのものではなく、プールや水泳が苦手な可能性が高いでしょう。

考えられる原因を5つあげてみます。

  1. プールで溺れかけたことがある
  2. プールにたくさんの人と入ることが苦手
  3. 耳や目に水が入ることが嫌
  4. 息づぎがうまくできず、プールの水を飲んでしまうのが嫌
  5. 鼻に水が入ると痛くて嫌

その他にもあるでしょうが、まずはコチラの5つをお子さんに、優しく確認してみてください。

①は、悪意はなかったとしても、突然お友達からプールに突き落とされた経験など。

眼や耳、口、鼻の全部から水が入り、一瞬でも呼吸できなかった経験があれば、恐怖心を抱くのは当然です。

②は日頃から集団行動などに慣れていないと、大人だって腰が引けますよね。

③から⑤は、泳ぐ技術が身につかない段階で起きがちな「イヤな経験」です。

こうした根本的な原因を見つけることができれば、対処法も見えてきます。

 

Amazon Music Unlimited
4.6

9,000万曲がHDで聴き放題、広告なしで楽曲やプレイリスト、ラジオなどを楽しめる音楽聴き放題サービスです。

 

水嫌い・プール嫌いの克服方法とは?

プールが怖い!子どもが泳ぐのを嫌がるのには理由がある!

水自体を怖く感じているのであれば、プールに入らせる前の段階で慣らすことが大切です。

まずは毎日のお風呂で、湯船や洗面器に顔をつけることから。

水鉄砲や水風船などを使って楽しく遊ぶことも、水嫌いを克服する下地となります。

プールや水泳が嫌いな場合は、プールに連れていくこと自体はいいのですが、何度も入ることを促したり、まして強制するのはNG。

逆に、克服が難しくなります。

これはプールに入れるけれど、泳がせると怖さが出てきてしまう子どもの場合も同様です。

無理に泳ぎを習得させるより、プールで楽しく遊ばせることから始めましょう。

楽しい気持ちは、物事を習得するための何よりの原動力となります。

先述したように、プールが怖かったり嫌いになるには、理由があります。

その理由を無視して、「慣らせば何とかなる!」と強制するのだけはやめましょう。

少しずつ不安感を取り除いてあげることが大切です。

 

関連記事

イヤイヤ期のお子さんとの暮らしはママパパもバタバタで、いろいろ上手くいかないことも…。 モヤモヤした日々が続いている方も多いのではないでしょうか。 お子さんが「イヤ!」となるシーンは日常の様々な場で見られますが、何よりも大変なの[…]

お風呂ギライさんが変わるかも? おすすめ絵本、3冊ご紹介♪

 

まとめ

夏のプールや海には、楽しいことがたくさんあります。

ただし、楽しさが先にたち、危険性が隠れてしまうのも事実。

お子さんに「水が嫌い」「プールが嫌い」と言われると、残念な気持ちになりがちですが、そのようなお子さんは、水辺での命を脅かすような行動にブレーキをかけやすいともいえます。

水やプールに対して、慎重さをもつことは大切なことです。

苦手な理由を踏まえつつ、まずはお子さんと楽しくプールで過ごせると良いですね。

Hariti【ベビー・キッズ子育てアイテム】
Hariti(ハーリティー)のスタッフは子育て経験者が中心となり、提供する商品を実際に使用し「安心・安全」を確かめた上でお届けしております。
レンタルサービスも行っており、レンタルサービスは現状「アコイハート」「エンジェルサウンズ」の2アイテムで、どちらも人気が高いです。

 

プールが怖い!子どもが泳ぐのを嫌がるのには理由がある!
最新情報をチェックしよう!