子どもの自己肯定感を高める【3つのポイント】

子どもの自己肯定感を高める3つのポイント

最近よく聞く「自己肯定感」はどのように育まれるのかご存知でしょうか?

実は親の関わり方がとても重要だったりします。

どのような関わり方が自己肯定感を高めるのか、3つのポイントを紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

自己肯定感とは?

自己肯定感とは?

自己肯定感とは、言葉の通り「自分を肯定する感覚」のことです。

他者と比べることなく自分自身を認めて尊重することで生まれます。

自己肯定感は生きるチカラの土台となるものです。

自己肯定感が高いと将来さまざまな問題や困難にぶつかっても、それを乗り越えることができます。

自信をもって自分らしく生きていくために、自己肯定感を高めることが重要だと言えるでしょう。

 

関連記事

子どもが3才くらいになり、幼稚園入園の時期を迎えると、我が子の早期教育について考える方が多いでしょう。 「塾に通わせたほうがいいの?」「英会話教室も必要かな?」と悩むこと、ありますよね。 しかし最近では、英才教育や早期教育よりも[…]

英才教育よりもお手伝い_eyecatch

 

自己肯定感を高める3つのポイント

自己肯定感を高める3つのポイント

子どもの自己肯定感を高めるには、実は父親や母親の関わり方が重要です。

接し方次第で自己肯定感をどんどん高めることができます。

どのような関わりが自己肯定感を高めるのか、ポイントをご紹介します!

 

 

1.ほめる

子どもが頑張ったときや何かを達成できたときに、その結果をほめたり、いっしょに喜んだりすることで、自己肯定感は上がります。

結果だけではなく頑張ったプロセスもしっかりとほめてあげることが、子どもの自信につながるでしょう。

ほめることはとても大事です。

2.失敗にも寄り添う

上手くいかない様子を近くで見ていると、つい口出ししたくなったり、「ほら〜だから言ったのに」と言ってしまうことってありませんか?

自己肯定感を上げるためには、失敗に寄り添ってあげることが大切です。

失敗したときにも「大丈夫、また次に頑張ればいいんだよ」と伝えてあげたり、失敗しないためにはどうすればいいかを一緒に考えたりすることで、次への意欲が湧いてくるでしょう。

 

 

3.スキンシップを積極的にとる

スキンシップをとることで、子どもは無条件の愛を感じることができます

自分は自分でいいんだと思えて自己肯定感が上がります。

「生まれてきてくれてありがとう」「あなたが大好きだよ」と、言葉で子どもの存在そのものを肯定してあげることも大切です。

 

関連記事

アドラー心理学という言葉を聞いたことがありますか? 「嫌われる勇気」という書籍がベストセラーになり、テレビドラマ化もされたため、耳にしたことがある方も多いでしょう。 アドラー心理学は、基本的には対人関係についての心理学ですが、子[…]

子どもと良い関係を築くために。アドラー心理学に学ぶ「子育ての目標」

 

まとめ

自己肯定感を高める3つのポイントについてお分かりいただけたでしょうか?

ご紹介したポイントは案外簡単にできることです。

また自己肯定感は、一度育てれば良いというものではありません。

毎日少しずつで良いので、ほめたりスキンシップをとることを習慣化してみると良いでしょう。

子供の成長期応援サプリ【ノビルン】
成長期に必要な栄養をバランス良く摂れる味や安全性にもこだわっている栄養機能食品です!
・モンドセレクション 5年連続金賞受賞(2017年〜)
・子供の成長期サポートサプリ 3冠獲得
・子育てママに紹介したい No.1
・口コミ人気 No.1



子どもの自己肯定感を高める3つのポイント
最新情報をチェックしよう!