妊娠前から摂取したい「葉酸」を含む食材とサプリの上手な取り方のコツ

妊娠前から摂取したい「葉酸」を含む食材とサプリの上手な取り方のコツ

妊娠したら「葉酸」と聞きますが、どうして葉酸を採るべきなの?どのくらい摂取すればいいの?どんな食材に含まれどんな効果があるの?と疑問に感じている妊婦さんのために基本知識についてまとめました。効果的な食材、葉酸サプリの摂取方法の参考にしてください。

 

スポンサーリンク

なんで葉酸を摂取すべきなの?

妊娠を計画している女性に関しては、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるために、妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間、葉酸をはじめその他のビタミンなどを多く含む栄養のバランスがとれた食事が必要であること。
上記にあるよう、葉酸は赤ちゃんの特定の障害発症リスクを低減してくれると言われています。そのため、妊娠前〜初期だからこそ撮りたい成分であると言われています。 また貧血を予防する効果もあると言われています。生まれてくる赤ちゃんの為にもバランスよく摂取してあげたいですね。

まずは食事からの摂取を心がけましょう

初めからサプリメントに頼りっきりになるのではなく、なるべくは食材から摂取することを心がけましょう。食材から摂ることによって「葉酸」だけではなくビタミンや鉄分も一緒に摂取することができます。

手軽に食べれて葉酸の多い食材

・ほうれん草
・ブロッコリー
・納豆
・いちごなど

つわりで食べられない場合などには

なるべくは食事から摂取を心がけたいのですが、つわりや苦手な食材がある場合は摂取が難しいと思います。

 

そんな時に頼りたいのが「サプリメント」ドラッグストアや赤ちゃん洋品店などでも取り扱われているので探して見てください。

不足・摂取しすぎどちらもダメ

妊婦が1日に摂取したい葉酸の推奨量は「480μg」です。非妊時の場合は240μgですから、通常の2倍もの葉酸が必要ということになります。(※μg=マイクログラム)
妊娠中は通常の倍の「480μg/1日」が推奨されています。あまり神経質になる必要はありませんが、摂取しなさすぎ、極端な大量摂取は良くないので、他の栄養素ともバランスよく摂取して元気な赤ちゃんを迎えたいですね。

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

妊娠前から摂取したい「葉酸」を含む食材とサプリの上手な取り方のコツ
最新情報をチェックしよう!