赤ちゃんが風邪を引いている!食欲がない時の離乳食おすすめレシピご紹介!

赤ちゃんが風邪を引いている!食欲がない時の離乳食おすすめレシピご紹介!

「そんな時でも与えるべき?」「与え方のポイントは?」「風邪のときこそオススメ食材は?」

そんな疑問にお答えします!

離乳食期の赤ちゃんでも食べられることができる「オススメレシピ」もご紹介しています♪

スポンサーリンク

前提として「消化の良い食べ物」を食べさせよう!

大人でもそうですが、赤ちゃんが風邪をひき食欲がない場合は、胃への負担が消かからない化のいい食べ物を食べさせてあげましょう!
風邪をひいているからといって、栄養のあるものを無理に食べさせるのはNG!
野菜類などは消化に時間がかかってしまうため胃に負担がかかることが理由にあります。
赤ちゃんの様子を見て、少しずつ与え吐かないようであれば、また少量をあげるを繰り返してあげてください。
1~2日食事をしなくても大丈夫と言われているので、食欲がない時に無理に食べさせる必要はありませんよ!

オススメ食事「おかゆ」!

風邪をひいた時の定番食べ物といったら「おかゆ」ですよね!赤ちゃんの場合でも同じことが言えます!
消化吸収が良く、胃への負担がかからないため、ぴったりのオススメメニューになります。
5分粥・7分粥と月齢が進むとおかゆの固さも固くなります。

ですが風邪の場合はいつも以上におかゆを柔らかく作ってあげるのがポイント!

全粥ぐらいの固さでもOKです!

オススメ食材「りんご・バナナ」!

お粥や固形物は受けつけられないけど、果物なら食べてくれる場合があります!
風邪をひいているときのオススメフルーツは…
りんご

バナナ

りんごの場合は、すりおろしたものをあげましょう。

またそのままあげるよりも、1度火を通すことによって消化に良くなりますよ!

バナナは消化も良く、栄養が多く含まれています。

ビタミンや糖質が豊富でエネルギー吸収しやすい食材ですので、バナナは特にオススメです!

オススメレシピ

牛乳や粉ミルクを溶いたもので少し煮てあげると、赤ちゃんも食べやすくなります。
完全母乳のお母さんは、搾乳して母乳を代用することもできます!

赤ちゃんが風邪で食欲がない時にこそ、いつも飲みなれている味で食べさせることをオススメします(^^)

離乳食を食べない!「これだけは気を付けて!!」

ズバリ「水分不足による脱水症状」です!!
脱水症状になりかけているか判断するポイントをご紹介します!

◇唇がガサガサに乾燥している時。

赤ちゃんが脱水症状になっているサインです。
発熱時は、呼吸をするだけでも水分が失われるので注意しましょう。

◇嘔吐をした場合。

風邪を引いていると胃腸が衰弱するため、飲み物を口にしただけでも吐いてしまうことがあります。
吐くことで多くの水分が失われています。

◇下痢をしている場合も注意が必要。

腸の動きも低下するため、下痢になりやすくなります。
下痢をすると体力も奪われてしまいますし、大切な水分まで失われるため脱水症状には気をつけましょう。
水分を与えるポイントとしては、人肌に温めた飲み物を与えましょう!
冷たい飲み物は、胃がびっくりしてしまうので避けてくださいね。

まとめ

どうしても何も食べてないと不安になってしまうのが、ママの気持ちでしょう。
しかし、水分をしっかりと摂らせてあげていれば大丈夫です!

食欲がない時に無理に食べさせるよりも、赤ちゃんの体調が戻ってきて食欲が出てから食事を与えることをオススメします(^^)

何度も言いますが、風邪のときこそ脱水症状だけには十分にご注意くださいね!

 

関連記事

赤ちゃんが病気になったとき、薬のことは病院からの処方でわかるけれど、自宅では何をどんなふうに食べさせればいいの?と不安に思ったことのあるママも多いと思います。そこで赤ちゃんの病気の時の「症状別の離乳食」の紹介です。ママは赤ちゃんが早く回復[…]

知っておくと便利!赤ちゃんが病気の時の「症状別離乳食」【病気の時のホームケア】

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

赤ちゃんが風邪を引いている!食欲がない時の離乳食おすすめレシピご紹介!
最新情報をチェックしよう!