3歳子連れの国際線搭乗!空港での過ごし方と注意点を実録とともに紹介

3歳子連れの国際線飛行機搭乗!空港での過ごし方を実録とともに紹介

国際線にも格安航空会社が増え、今や気軽に海外旅行できるようになりました。

コロナ禍が完全に終わる日はまだ遠そうですが、国際線の空港にも人が戻ったようです。

しかし、小さな子どもがいる場合、「国際線は大変そう」などの不安から、一歩踏み出せない方もいるでしょう。

そこでこの記事では、3歳の息子とともに国際線を利用した経験を、空港到着から搭乗までのタイムスケジュールに沿ってご紹介します。

スポンサーリンク

実録!子連れ国際線利用時の過ごし方

早速、3歳の息子を連れ、国際線を利用した時のタイムスケジュールと、空港での過ごし方をご紹介しましょう。

なお、チェックインの締め切り時間や搭乗ゲートの最終受付時間は、航空会社によって異なりますので、その点を踏まえてお読みくださいね。

18:00|空港到着(出発4時間半前)

搭乗するのは、出発時刻22:30のドバイ行き。

出発の4時間半前、18:00に空港到着です。

一度、どのチェックインカウンターを利用するのか目視しておき、荷物を持ったまま軽食を食べました。

息子と事前に約束をしていたため、マクドナルドでハッピーセットを頼み、今回の旅のお供となるおもちゃをゲット。

●POINT! 搭乗前のハッピーセット、おすすめです。

20:00|チェックインへ向かう(出発2時間半前)

軽食を終え、出発の2時間半前にチェックインカウンターへと向かいます。

混み合う時期ではありませんでしたが、稼働しているカウンターの数が少なかったため、チェックインには少し時間がかかりました。

想定より少し遅れて、20:30にはチェックイン完了。

●POINT! 混まない時期もはやめの行動が吉です!

21:30|保安検査を受ける(出発1時間前)

チェックイン後は1時間ほどゆっくりし、保安検査へは出発1時間前の21:30に向かいます。

空いていたため、検査は10分ほどで通過しました。

保安検査では、子どももジャケットを脱いで検査しますので、ここでぐずらないようにご機嫌をとっておきましょう。

なお、搭乗ゲートが保安検査場から遠い場合もあるため、事前に距離や場所を把握しておきましょう。

●POINT! 子どもの上着は脱ぎ着しやすいものを!

22:00|搭乗(出発30分前)

保安検査を終えて搭乗ゲートへ到着すると、出発の1時間前にすでに搭乗が開始されていました

出発時刻10分前までにゲートをくぐっていないと搭乗できないため、実際はもう少し余裕を持っておくことをおすすめします。

特に子連れ旅行は、なにがあるか分かりません。

チェックイン後は、トイレや両替などを済ませたらすぐに保安検査へ行き、搭乗ゲートを目指しましょう。

●POINT! チェックイン後はさくさく動きましょう!

 

関連記事

小さい子供連れの旅行にはハプニングがつきもの。 「鞄の中がゴミと濡れたものだらけ…」 「アレがない!どうしよう!」 そうならないために、小さい子供連れ旅行をより快適にできる、お役立ちアイテムをご紹介します。 筆者の体[…]

 

国際線の利用時は余裕を持って!

経験上言えることは、子連れの個人旅行で海外に行く際は、事前にシュミレーションしておくことがとにかく大事ということです。

当日ぶっつけだと空港内で迷っているうちに、時間がどんどん過ぎていきます。

小さな子ども連れでは、いざ焦るハメになっても駆けずり回ることはできませんよね。

まず調べておきたい場所は…

  • リムジンバスの到着場所
  • チェックインカウンターの場所
  • 保安検査場の場所と搭乗ゲートまでの距離
  • トイレ、両替所の場所
  • 行きたいお店があればその場所も

そして子どもにもなるべく早めに、わかりやすく予定を伝え、当日ぐずらないようにしておきましょう

筆者の場合、数週間前から何度も飛行機に乗ることを息子に伝え、自分自身も頭のなかでシミュレーションを行いました。

まとめ

以上、空港到着から国際線の搭乗の流れを、体験談とともにご紹介しました!

リアルな搭乗実録を参考に、ぜひたのしい子連れ海外旅行を計画してみてください。

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

3歳子連れの国際線飛行機搭乗!空港での過ごし方を実録とともに紹介
最新情報をチェックしよう!