お腹のかゆみは「妊娠線」の予兆?THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ)のボディバターが妊娠線予防におすすめ!

お腹のかゆみは「妊娠線」の予兆?THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ)のボディバターが妊娠線予防におすすめ!

妊娠中にお腹がかゆくなることはありませんか?それは妊娠線のでき始めサインかもしれません。

妊娠線のケアは春夏シーズンも保湿が重要です。

妊娠線は体質によりできやすい人もいるようですが残念ながら一度出来てしまった妊娠線は完全に消すのは難しいと言われています。

そこで大事なのが予防です。

口コミでも評判の良いボディクリームをご紹介します。

スポンサーリンク

お腹のかゆみは何が原因?

つわりも落ち着いてきたころ、お腹のかゆみを感じることはありませんか?

それは妊娠線ができるサインかもしれません。

妊娠線はお腹が大きくなるにつれて皮膚が伸び、皮膚の奥深くに亀裂が起きる症状です。
急激な体型の変化に皮膚の弾力がたえられず、肌にひび割れが出来てしまいます。

妊娠線ができない人もいる?

妊娠線は、お腹が大きくなりはじめる妊娠5~7ヶ月頃からできやすくなります。
ママの皮膚の状態や体重増加のペース、おなかの赤ちゃんの成長ペースなどが関わるため個人差が大きいのです。
妊娠後期になるとお腹の下の部分は見えにくくなりますし、おしりや背中部分に気が付かなかった、という人も多くいます。
一般的に、出産後に次第に目立たなくなりますが、「肉割れ」と同じ種類ですので完全に消えるのは難しいといわれています。
 
関連記事

妊娠しておなかが大きくなっていくのはとっても愛おしいもの。 ですが、できてしまった妊娠線は元に戻りません。 しっかり妊娠線予防できて妊婦さんも癒される大人気のお勧めのマタニティオイルをご紹介します。 後悔しないように… 産後[…]

妊娠線の予防に「AMOMA(アモーマ)マタニティオイル」がおすすめ!産後まで使える安心オイル
 

普通のボディクリームや保湿剤では足りないの?

保湿剤を塗ることでかゆみを抑えたり肌の保湿もできますが、普通の皮膚のカサカサと妊娠線は違います。
ボディクリームなどの保湿剤は皮膚表面の乾燥を防ぐことはできますが、肌の奥深くまで浸透しないのです。
皮膚には表面の角質層、内部の真皮層、皮下組織など複数の層があります。
妊娠線は奥の真皮層から亀裂ができるために起こります。
そのため通常の保湿成分だけでは、妊娠線への効果が不十分になるのです。
 
関連記事

ご出産おめでとうございます。 体調不良のつづく妊婦期を乗り越えて、壮絶な出産を終えてやっと会えた我が子は天使のように可愛いですよね。 私も、子供が生まれるたびに「新生児~いい匂い~」とデレデレでした。 産後ついついやってしまいがち[…]

産後あるある!3児の母がアドバイスする、ゆくゆく後悔しない産後の過ごし方!
 

妊娠線用のクリームが安心

妊娠線が出来るかどうかは出産するまで分からないものです。
お腹のかゆみなどの皮膚トラブルも避けたいものですね。
そこで、妊娠中は専用のクリームを使っていきましょう。
また、身体洗いには洗浄成分の強いボディウォッシュや硬めのスポンジは避けた方が良いでしょう。

▼みんなが使っている「THE BODY SHOP」ボディバターなら安心感も大きい

▼上品な香り「モリンガ」の成分はスーパーフードとしても知られています

▼保湿成分として鉄板の「シア」

お腹のかゆみが止まらない時は

市販薬のかゆみ止めの中には、赤ちゃんにも使えるくらい穏やかな成分の痒み止めもあります。
痒み対策として局所的に使用する分には妊婦さんも使用できる製品も多くあります。
ただし赤ちゃんに使える程の弱めの成分のため効果を感じられない場合もあります。
お腹の痒みが止まらず困る時には診察時に医師に相談し、診断によって処方薬を処方してもらいましょう。

クレジットカードとキャッシュレス by クレジットカードニュース編集部

この数年で世の中のキャッシュレス化がどんどん進み、日常的な買物の場で【クレジットカードが必須】に近い ...…

 

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

お腹のかゆみは「妊娠線」の予兆?THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ)のボディバターが妊娠線予防におすすめ!
最新情報をチェックしよう!