改善したい!家計マネー見直し術のテクニック!~家計管理のヒント~

改善したい!家計マネー見直し術のテクニック!~家計管理のヒント~

なかなかできない家計の管理。記録しやすい家計簿を買ってみたけれど、やっぱり続かなかったり。まずは、1か月のお金の流れをつかんで、それから計画を立てましょう。カンタンな取り組み方法についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

1か月分集めてみる

気がついたら、足りない! なんて経験ありませんか。記録しやすそうな家計簿を買ってみて、よし!と思ってもなかなか続かない。 そういう時は、順番が大事です。最初に1か月分、家計全体のお金の流れをつかむこと。お給料、光熱費、保険料、通販のクレジットでの購入・・・現金派もクレジット併用派も、レシートや利用明細を1か月分集めてみてください。
口座からの引落しの金額や通販・ガソリン代の決済、毎月の集金・・・集めてみると、意外に多いですね。
家計管理で最も大切なのは、ひと月いくら生活費として支出しているのかを知ること。そうしないと、いくら使っていいのかという目安がわかりません。そこでひと月だけ面倒でもレシートを集めて支出を確認しましょう。

1か月分合計する

レシートや利用明細を1か月分合計します。 例えば、
口座からの引落し分の合計が10万円、現金での支出が10万円であれば、出費の合計=20万円=1か月の生活費ということですね。 翌月の支出を計画するため、現金で支出した10万円分について考えます。 支出先に分けるため、一部は千円札で用意します。分けて封筒などに入れたら、使う時は、それぞれの封筒から支出をするようにします。

家計の予定を立てる

1か月の金額が分かったら、次に費目別の金額を決めて家計簿をつけ始めましょう。 家計を締める日や費目は、家庭ごとに異なります。締める日は月末でも、お給料日でもOK。費目もその家族オリジナルで良いのです。光熱費をひとまとめにしたり。クレジットで支払っている固定の支出をまとめたり。 見やすく、記録しやすく、まずは計画しましょう。

とりあえずトライ

家計簿をつける意味は、記録して、家計を改善させるため。自分自身のためです。だから、管理しやすく、長続きできるものであれば良いのです。 管理するパターンにはいくつかあり、 家計簿の項目に沿った費目 消費・浪費・投資のどれにあたるか用途で3分類する 固定、消費、浪費など、ざっくり数個の費目に分ける など様々です。 どれをえらんでも良く、今月これをしてみた。来月はこういうやり方に変更する、で良いのです。 ”貯蓄するなら給与天引きで”と言われていますが、やはり先に貯蓄分を引かれていた方が計算しやすそうですね。少額でいいので、最初に貯金分を確保してみてください。千円とか、二千円とか。 それではとりあえず計画支出にトライしてみましょう。

週ごとに分ける

費目分けの方法で計画していても、家計簿をつけるのを忘れたり、使っているうちに足りなくなってきたり。もっと管理しやすい方法は・・・という場合、お金を費目ごとではなく4~5の週ごとに分けるだけの管理方法もあります。 1週間の現金を、カレンダーやスケジュール帳のように壁掛けして管理するホルダーを次にご紹介します。また、家計簿をつけるのをつい忘れてしまう場合、家計簿をキッチンに置いたりパソコンと一緒に置いたりして目に入るようにしてみましょう。

「見える」化

家計簿ナシでもかんたんに家計管理「マネポケ」

家計簿ナシでもかんたんに家計管理「マネポケ」

がんばって節約して余ったお金は右下の「ごほうび」ポケットに貯めておきます。 《楽ちんかんたん♪ズボラFPがつくったお金ポケット》
この「マネポケ」は出費予定を「見える」化するアイテムです。計画の一覧をいつでも見えるようにして意識づけするものです。 節約ばかりでヤセ我慢になっていると反動も来ますので、この『ごほうび』ポケットや特定の封筒を決めて金庫のようにして貯めておきます。 臨時出費に備えておくことも出来ますし、最後の週を楽しみにできるのでモチベーションも続きます。

家計のシミュレーション

iction!みらい家計シミュレーション (8894)
”5分でわかる家計のみらい”は現在の収入や支出、家族の状況などを入力して家計のシミュレーションをすることができます。 家計の実像を知るのは怖いですが、一度、将来の見込みを見てみると身が引き締まるかもしれません。

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

改善したい!家計マネー見直し術のテクニック!~家計管理のヒント~
最新情報をチェックしよう!