子どもが痙攣!熱性けいれんの症状は?対処法は?慌てないための予備知識

子どもが痙攣!熱性けいれんの症状は?対処法は?慌てないための予備知識

発熱のある子供が突然ビクビクと、けいれんを起こしたらパニックなるママがほとんどだと思います。子どもが発熱で起こす痙攣を「熱性けいれん」といいます。では熱性けいれんになったら?救急車を呼んだ方がいいの?など、いざという時に慌てないための予備知識をご紹介します。

スポンサーリンク

熱性けいれんって?いざという時に慌てないための予備知識!

「熱性けいれん」名前は聞いたことあってもどんなものか知らない人も多いと思います。初めて子どもが熱性けいれんを起こしたら、パニックになってしまうのは無理もありません。しかし、子どものけいれんは命にかかわるものではなく、何もしないで見ていればほとんどの場合は数分で止まり、その後、何事もなかったかのように眠ります。

けいれんとはどんなもの?

 けいれんした状態とは、身体全体が突っ張ったあと、全身がガクッガクッと振動し、眼球は上方を向いて白目になります。このような全身のけいれんのことを、「ひきつけ」と呼んだりもします。ひきつけを起こす代表的な病気が「熱性けいれん」で、38℃以上の発熱に伴って乳幼児期(主に6ヶ月から5歳位まで)におこるけいれんや一時的な意識障害のことです。

けいれんが起こったらどうしたらいいの?

初めてけいれんがおこった時はびっくりしてどうしてよいか分からないのが普通でしょう。「まず落ち着いて、よく見る」ことが重要ですが、実際には難しいと思います。ほとんどの場合けいれんは数分で止まりますし、外からの働きかけで早く止まるものでもありません。
衣服をゆるめて顔を横に向けて、もし吐いているようなら口や鼻のまわりを拭いてあげる。
舌をかまないように物をくわえさせることは全く無用で、かえって口の中を傷つけることがある。
診断や今後の治療の参考のためにも、けいれんの形や持続時間、体温を確認したい。
上大岡こどもクリニック
 子どもがけいれんを起こした場合、寝かせて顔を横に向け、それ以外は何もせず見守ってください。けいれんがおさまったら病院へ連れていくことにしましょう。体温とけいれんの持続時間をひかえておきます。けいれんが5分経っても収まらないようなら救急車を呼びましょう。

どうして熱性けいれんが起こるのか?

ひきつけがどうして起こるのかはハッキリしていませんが、急に熱が上がるとき子どもの未完成な脳が反応してけいれんが起こるのだろうと言われています。
成長に伴って熱の刺激に対する抵抗力が増し、年長児ではけいれんをおこすことが少なくなってきます。また乳幼児でも個人差が大きく、いつも高熱を出すのにけいれんをおこしたことがない子もいれば、たまの発熱でも必ずといっていいほどおこす子もいます。この体質は遺伝する傾向があり、親や兄姉に熱性けいれんがあった方はおこす可能性が高くなりますが、遺伝がなくともおこることはよくあります。
上大岡こどもクリニック

誰にでも起こりうる?赤ちゃんの熱性けいれんの症状は?原因は?対処法は? – 子育てママのライフスタイル情報!マタイク

誰にでも起こりうる?赤ちゃんの熱性けいれんの症状は?原因は?対処法は? - 子育てママのライフスタイル情報!マタイク
みなさんは「熱性けいれん」をご存知ですか?赤ちゃんがなりやすい病気とも思われがちですが、小学生にあがってからも起こることがあります。

やっぱり心配!脳への影響はある?

□ 「熱性けいれん患児の70%は、一生に1回しか発作を起こしません」
 1回起こした児が2回目を起こす確率は約30%
 2回起こした児が3回目以降を起こす確率は約30%(全体の9%)
□ 「熱性けいれんの発作は神経学的異常を残しません」
 単純型を反復しても脳に後遺症は残りません。非典型的(複雑型、複合型)であっても神経学的異常や発達異常を認めなければ、将来神経学的異常を来すことはほとんどありません。
□ てんかんへの移行・・・約5%(一般の約5倍)
たけい小児科・アレルギー科
脳炎や髄膜炎、あるいは脳症、てんかんでもない単なるひきつけは、身体にとって影響は残りません。一回だけひきつけを起こした子どもは二回目を起こす確率が低いため、ひきつけの予防薬は必要ないことが多いです。二回目を起こした子どもはその後、何度か繰り返す可能性があるようです。ひきつけの予防薬には副作用もあるので、お医者さんとよく相談してください。



肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

子どもが痙攣!熱性けいれんの症状は?対処法は?慌てないための予備知識
最新情報をチェックしよう!