髪の毛の寄付ってどうやるの?子どものヘアドネーション体験記

髪の毛の寄付ってどうやるの?子どものヘアドネーション体験記

皆さんは「ヘアドネーション」をご存じですか?

いわゆる髪の毛の寄付、病などの影響でウィッグを必要とする子どもたちをサポートできる活動です。

メディアで取り上げられることも多くなり、知名度が高まっているようです。

この記事では、筆者の娘の体験談をまじえて、ヘアドネーションについてお伝えします。

スポンサーリンク

ヘアドネーションとは

ヘアドネーション(Hair Donation)とは、小児がんや白血病などの病気、不慮の事故等で髪の毛を失った子どもたちに対し、医療用ウィッグを無償で提供する活動のこと。(…中略…)髪の毛がないことで「人に会うのが恥ずかしい」「学校へ行きにくい」といった悩みを抱える子どもたちの社会復帰を手助けする、重要なアイテムとなっています。
出典:ヘアドネージュ

さまざまな理由により、医療用のウィッグ(かつら)を望む子どもたちが全国にいるそうです。

そんな髪の悩みを抱える子どもたちをサポートするため、ヘアドネーション活動が行われています。

もちろん、寄付する髪には所定の長さが必要ですし、病院へ送るわけでもありません。

日本では下記の3団体がヘアドネーションを主催しており、ウィッグの素材として髪の毛の寄付を受け付けています。

 

関連記事

大切なお子さんに入院をともなう治療が必要になったとき。 付き添うご家族もお子さんの治療に向き合います。 そのご家族の「第二の我が家」として滞在施設を提供しているドナルド・マクドナルド・ハウスをご存じですか? マクドナルドの[…]

友情とは何か?ドラえもん映画が泣ける!おすすめのドラ泣き作品【5選】

 

髪の毛はどうやって寄付するの?

では実際にヘアドネーションをしたい場合はどうしたらいいか、流れを確認していきましょう。

寄付できる髪の毛の条件を確認する

基本条件を満たせば、老若男女を問わず、髪を寄付することができます。

3つの団体で共通している条件は、以下の通りです。

  • 31cm以上の長さがある
  • 髪が完全に乾いている

カラーリングや白髪などついては、各団体で基準が異なりますので、それぞれのウェブサイトでチェックしましょう。

ドネーション用のカットをする

髪を束に分け、ゴムで留めてからカットするなど、専用のやり方があります。

正しくできれば自分で切ってもよいそうですが、やはり美容室が安心です。

行きつけのサロンで対応が可能か事前に聞いてお願いするか、ヘアドネーション賛同サロンを探して予約しましょう。

髪の毛を発送する

切った髪の毛は、自分で郵送するのが一般的です。

詳しい送付方法を確かめるとともに、各団体のポリシーなどをみて、寄付先を決めましょう。

 

関連記事

子どもの医療保険は加入していますか? 小児医療費には助成制度があり、地域によって異なるものの、どの自治体も必ず採用してます。 この助成制度があるため、子どもの医療保険は不要と判断する家庭が多いのが現状です。 でも本当に、医[…]

子どもの医療保険は必要?悩んだら考えたい「共済」という選択肢

 

ヘアドネーションをやってみて

小学3年生の娘の場合、習い事のために長い間、髪の毛を伸ばしていました。

娘にヘアドネーションの話をして、彼女が「もう少し長くなるまで頑張ろう」と、自分以外の人を思って過ごしたのは半年間ほどです。

いつも行っている美容室でドネーションカットをした時は達成感があったようで、新しいヘアスタイルも気に入り、終始ご機嫌でした。

娘が「誰かのために自分にも協力できることがある」と気付けたのがよかったと、親としては思います。

また、「多様性」について親子で考える機会にもなりました。

「世の中には髪の毛のある子も、ない子もいて、みんな違っていていいんだよね」

「ヘアドネーションのために、髪の毛をロングに伸ばす男の子もいるんだね」

など、日ごろはあまり話さないような話ができました。

 

 

まとめ

「ヘアドネーション」について、美容師さんに聞いたり、調べたりしたことをまとめました。

いざ参加する時にはどうしたらいいのか、流れを参考にしていただければ幸いです。

髪の毛の寄付が誰かの役に立つなら純粋にうれしいですし、親子で学べることもあり、きっとよい経験になりますよ。

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

髪の毛の寄付ってどうやるの?子どものヘアドネーション体験記
最新情報をチェックしよう!