知ってるとクリスマスが100倍面白い!クリスマスの意味やサンタやツリーなどの由来を解説!

冬のビッグイベントと言っても過言ではない「クリスマス」!少なからず誰しもがクリスマスの恩恵を受けてしまうこの季節。ですが、「クリスマス」の本当の意味って知っていますか!?赤い上下の洋服を着た「サンタさん」。綺麗な飾りつけをする「ツリー」。大人になった今だからこそ知りたい本当の意味と由来、知っていたらクリスマスが100倍楽しめること間違いなし!!

スポンサーリンク

まずは知っておきたい「クリスマス」の由来

簡単に言うとクリスマスとは、「イエス・キリストの誕生日」を示します。 しかし日本は仏教なのにキリスト教のイベントをお祝いする習慣があるのは不思議ですよね。クリスマスは、1900年頃から徐々に浸透していき今に至ると言われています。 最初のきっかけは、新聞や子供向けのシールの発売から発展したのです!

「サンタクロース」は実際に居た人物!?

じつはサンタクロースとは実在の人物をモチーフにしています! サンタクロースのモデルは、3~4年世紀の現トルコに居た「聖ニコラウス」という人。 聖ニコラウスが貧しい子供にお金を恵んだことによって、その子供(女の子)が幸せに結婚までできたというお話があります。 そのことから、子供にこっそりプレゼントをあげることが習慣になったそうです。
日本で親しまれているサンタクロースは、 「体が大きい(太っている)」 「赤い上下の洋服を着ている」 「真っ白な長いひげを伸ばしている」 これらが特徴的です。 このサンタクロースのイメージはあの有名は「コカ・コーラ社」が原点なのです! 1931年にクリスマスキャンペーンのために描いた、「赤い服」「白いあごひげ」のサンタクロースは見るからに陽気で楽しそうに描かれていました。 それは、人間味があふれる表情やしぐさで、たちまち人々の心をとらえたそうです。 イラストだけで人々の心を捉えられ、現在でもこの先未来でも、ずっとクリスマス=サンタクロースは永久不滅でしょう!

「クリスマスツリー」「リース」を飾る理由とは!?

12月に入ると玄関にリースを飾ったり、ツリーに飾りつけをするお家やお店が増えてくる時期。 何気なくやっていることですが、ツリーやリースを飾る行為は、それぞれにちゃんとした意味があります。

【リース】

玄関に飾ることで、家の中を守る魔除けや豊作を願って飾ったそうです。 リースが輪っかなのには、「永遠」という意味が込められています。

【ツリー】

モミの木は、ラテン語で「永遠の命」 すべてイエス・キリストに関係があるようです。昔の人の「命の尊さを大切にしたい」という気持ちが込められています。

ツリーの飾り付けには、それぞれ意味がある!

クリスマスツリーに飾り付けをしますよね。その飾り付けにも、一つ一つ意味が込められてあるんですよ! 知っていると飾り付けも楽しくできるはず♪

【頂上の星】

希望の星という意味

【ベル】

キリスト教誕生を知らせた「天使のベル」

【キャンディー】

キャンディーは羊飼いの杖に見立てています。 迷った羊を、杖の先でひっかけて群れに戻すことから「助け合いの心の象徴」

【靴下】

聖ニコラスが金貨を煙突から投げた際に、たまたま下に靴下があった

【ろうそく・イルミネーション】

空に輝く無数の星を意味している

まとめ

クリスマスに関係するすべてに意味があり、想いが込められています。 だからこそ、恋人や家族など大切な人と過ごすクリスマスは自然と素敵なイベントなのでしょう♪ 余談ですが「メリークリスマス」って言いますよね?「メリー」って、「楽しい・陽気な」という意味なのですよ! 今年は、一味違ったクリスマスをお過ごしください☆
]]>

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

最新情報をチェックしよう!