家計簿が続かないズボラな人に朗報!簡単1行家計簿で無理なくできる節約術!

家計簿が続かないズボラな人に朗報!簡単1行家計簿で無理なく節約できるやり方!

子どもが生まれてから家計簿をつける余裕がなくなってしまった…。

新しい家計簿を買ってすぐはやる気が出るんだけど、続けられたことがない…。

はい、人は様々な理由で家計簿を付けなくなる生き物です。

実は筆者もその一人だったのですが、これ、実はものすごくもったいないのです。

ズボラ主婦の筆者でも、「1行家計簿」に出会ってからは無理なく続けることに成功!

そこで今回は、誰でも簡単にできる1行家計簿をご紹介します。

スポンサーリンク

節約に不可欠なのは出費を把握することだった!?

家計簿が続かない人に朗報‼簡単1行家計簿で無理なく節約できる‼

節約するのに必要不可欠なのは、出費を把握することです。

どうしても生活しているうえで無駄な出費ってありませんか?

筆者は出産、マイホームの購入、子どもの進学など、お金を貯めておきたい理由は沢山あるのに、無駄遣いをやめられない主婦でした。

「なぜ無駄遣いをしてしまうのか?」と考えたときに、毎日いくら出費しているか全く把握していないことが発覚。

その出費を把握するようになってから、使いすぎを自分で抑制することに成功しました。

それからというもの、必要なのか不必要なのかの判断を付けやすくなり、無駄遣いはどんどん減少。

このことから、出費を把握すると節約ができることがわかり、家計簿の重要さを知りました。

 

関連記事

目に見えて物価上昇中の2022年夏です。 頑張らなきゃと思うものの、なかなかできない「節約」。 巷で流行っていても、今更聞けない「ポイ活」。 でもご注意ください。ダイエットと一緒で、無理な節約にはリバウンドがつきものです。[…]

ゆる節約とゆるポイ活_eyecatch

 

ズボラでも無理なく続けられる1行家計簿とは?

家計簿が続かない人に朗報‼簡単1行家計簿で無理なく節約できる‼

さて、家計簿の大切さはわかっていただけたかと思いますが、家計簿を書くのってぶっちゃけめんどくさいですよね。

ズボラな筆者ですが、やる気満々で家計簿を買って始めてみるも、1カ月もすると置物になっていることもしばしば。

「家計簿すらも無駄遣いだ」と旦那に言われてしまうこともありました。

ですが「1行家計簿」に出会ってからは、3年ほど家計簿をつけ続けられています。

ズボラな筆者でも続けられたので、あなたもきっと続けられますよ。

1行家計簿のやり方を紹介!毎日合計出費を書くだけ!

1行家計簿のやり方は「毎日の合計出費を書く」、それだけです。

それでは、実際の筆者のノートを見てみてください。

家計簿が続かない人に朗報‼簡単1行家計簿で無理なく節約できる‼

日付と金額しか書いてないのがわかりますね。

自分の出費ですし、金額が高い日はその日の写真などをみれば何をしたか大体わかるので、細かい出費理由は書いていません。

2年目に入った頃から手帳に記入するようになりました。

このころから日付を書くことすらやめています。

家計簿が続かない人に朗報‼簡単1行家計簿で無理なく節約できる‼

その代わり、お金を使った場所を記入するようになり、どのような出費があったのかがわかりやすくなりました。

私の場合は生活費のみしか書いていませんが、水道光熱費や家賃、カードの支払いなどもまとめて書くとより把握しやすいですね。

更に、お金を使わなかった日の欄にシールを貼るようにしました。

子どものようですが、シールを貼ると大人もかなり達成感があり、節約にも効果がでたのでおすすめです。

ポイントは配偶者にチェックしてもらうこと!

家計簿を長く続けるポイントは、家族で共有することだと思います。

普段の買い物をしているのが奥さんの場合は、旦那さんに。旦那さんの場合は奥さんに、週1くらいでチェックしてもらいましょう。

家計を管理していても、夫婦のうち片方がなにも把握していないと、お金の感覚に温度差が生まれてしまいます。

温度差があると喧嘩も起こりやすいので、夫婦間で共有することが大切になります。

家族のお金をお互いに把握することで、使い道の相談もしやすくなります。

我が家では金曜日にチェックをして、週末にいくらまで使って大丈夫かを確認しています。

使える金額に合わせて週末の予定を組むと、罪悪感なくお金を使うことができますよ。

【実録】ズボラ主婦でも続いてるのは簡単すぎるから!

この「1行家計簿」、筆者以外にも続いてるズボラ主婦の意見もいただきました。

筆者を生み出したズボラ主婦の母です。

母は現在2年半ほど、1行家計簿が続いています。

なんと、母は過去30年ほど家計簿が続いたためしがなかったそうです(親子の証明)。

なぜ?この方法だと続けられるのかを教えてもらいました。

1番の理由は、「1日3分かからないから無理なく続けられる」だそうです。

パソコンを開いたり、スマホを開かなくていいのもポイントが高いそう。

夜に気づいたらサッと書く、項目などは書かなくていいので、とにかく楽だと言っています。

書くのを忘れてしまい、「1週間分まとめて書いても10分くらいで書き終わる」のも、続けられる理由の一つだそうです。

 

 

まとめ

以上、簡単だから長く続けられる「1行家計簿」をご紹介しました。

1行家計簿のやり方は「毎日の合計出費を書く」、ただそれだけです。

家計簿を長く続けるポイントは家族で共有すること!だと思うので配偶者にチェックしてもらうのもおすすめ!

ズボラ主婦でも続いた方法なので、あなたもぜひ試してみてはいかがですか?

Fammプレママ&ママ応援プレゼントキャンペーン
写真共有アプリ「Famm」がWeb上で展開!3万人以上のプレママ&ママが応募! プレママ&ママなら誰でも無料でプレゼントが貰えます。
プレゼントにはFammのベビーアルバム、バースデーボードなどに使えるお得なクーポン7500円分に加え、 ギフト券やかわいいスタイ、キッチンマットをご用意。
さらには抽選で電動付き自転車や人気家電、抱っこひもなどの育児に嬉しいグッズももらえます。

 

家計簿が続かないズボラな人に朗報!簡単1行家計簿で無理なく節約できるやり方!
最新情報をチェックしよう!