妊娠中に苦しむ人の多い便秘を少しでも楽にするための便秘解消法!

妊娠中に苦しむ人の多い便秘を少しでも楽にするための便秘解消法!
妊娠する前には便秘をしたこともなかったのに、妊娠したとたん便秘になってしまった、という人も少なくありません。
なおかつ、便秘薬を簡単に使えない状況ともなれば八方ふさがりのような気持ちになってしまいがち。
体重管理の面からも便秘は解消しておいきたいものです。
ぜひ、経験談からのおすすめ情報ですので参考にしてみて下さいね。
スポンサーリンク

どうして、妊娠中に便秘が起こるのでしょうか?

快適な妊婦生活を送るために

快適な妊婦生活を送るために

妊婦さんの便秘は、薬も簡単に飲めないので苦しむ人が多いのが現状。
人それぞれで、便秘をまったくしない人もいます。苦しむ人は、数日すっきりしないことが当たり前になります。
快適な妊婦生活を送るためにも、参考にしてみて下さいね。
黄体ホルモンの影響 妊娠中に活発に分泌される黄体ホルモンは、子宮の収縮を抑える働きがあります。この働きの影響で、子宮のみならず、食物を肛門に送り出す「平滑筋」と呼ばれる筋肉の収縮も抑えるため、腸の蠕動(ぜんどう)運動が減ってしまいます。 また、黄体ホルモンは、体内に水分を蓄えるように働きかけます。そのため、大腸から水分を吸収する量が増え、便の水分量が少なくなり、便が普段より固く、排便しにくくなります
 
妊娠中のホルモンバランスの変化

妊娠中のホルモンバランスの変化

まず、妊娠することでホルモンバランスが大きく変化します。
そして、妊娠中もホルモンバランスは変化します。

 

関連記事

ここ数年。テレビや雑誌をみていても良く耳にする「腸活」腸を健康にすると良い事がたくさんあるそうです。 最近では「乳酸菌」入りの食品がブームとなっている模様。 さて、一体「腸活」とは何だろう?どのようにすればいいのかな?どんな効果があ[…]

話題の「腸活」って何?どうすればいいの?「腸活ダイエット」で健康な体を手に入れよう!

 

まずは食事を見直してみましょう。

食物繊維には、便秘解消効果だけでなく、脂質・糖・ナトリウムをそのまま排出する効果があり、ダイエットや生活習慣病予防にも効果があるんです。

食物繊維は、動物性食品にはほとんど含まれず、植物性食品に多く含まれていることから、近年の日本人の食習慣では不足しやすい成分の一つになっています。植物性食品の摂取を増やすことで、食物繊維の摂取量を増やすことはできますが、目的に合わせて効果的に食物繊維を摂取することも大切です。

体を冷やしにくい温野菜サラダ

体を冷やしにくい温野菜サラダ

通常食物繊維を取ろうと思うと、サラダを食べようと思ってしまいがち。
でもちょっと待ってください。生野菜は体を冷やしてしまいます。
妊婦さんに冷えは大敵です。
妊娠中はサラダ=温野菜サラダと思っていてもいいかもしれません。
物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。名前の通り、水に溶ける食物繊維と水に溶けない食物繊維です。
実はどちらも、便秘やダイエット、生活習慣病予防に効果があるんです。でも、働きは少し違います。
便秘解消には、どちらも摂取してもらいところですが、それぞれの効果を理解して目的に合わせて摂取すると良いですね。
具沢山のわかめ味噌汁

具沢山のわかめ味噌汁

水溶性の食物繊維を取るために、わかめがオススメ。
わかめを温かい状態で摂取する一番の料理がお味噌汁。
野菜も一緒に摂取できる上に、体を温める料理です。
発酵食品のお味噌も最高の組み合わせです。
最高に理想的な献立

最高に理想的な献立

さらに頑固な便秘さんには玄米ご飯をオススメします。
私自身が頑固な便秘に苦しんだ妊婦時代でした。
そこで、一番心強い味方だったのが玄米ご飯です。
玄米ご飯で不溶性食物繊維を摂取し、わかめで水溶性の食物繊維を摂取することが出来ます。
また、納豆や味噌でたんぱく質と大豆イソフラボンの摂取が出来ます。

運動不足も便秘の原因になります。

妊娠初期には自分の体調の変化に過敏になる事で、出歩く機会が減ってしまう場合があります。
その事で運動量が減ってしまいます。
また、妊娠中期以降はお腹も大きくなってきて重くなったり体が反る事で歩きづらくなるため
運動量が減ってしまいがちです。
しかし、歩くことは腸の動きとも密接な関係があるのです。
妊娠中に無理のない範囲で歩くことはとても大事な事なのです。
マタニティ用のスポーツウエアで気分も上がりそうです!

マタニティ用のスポーツウエアで気分も上がりそうです!

マタニティ用にこんなウエアはどうですか?
期間限定だから・・・と思いがちですが、期間限定妊婦期間だからこそ、楽しんでほしいと思います!!
妊婦は運動不足が出産に影響します。適度な筋肉や体力は、長時間の陣痛と出産でママ自身を支えます。妊娠中は体重増加にも気を付けたいので、ウォーキングや毎日の家事が運動に適しています。

妊娠中の体重管理に過度の食事制限や、ダイエット薬は禁物です。近所の移動を車から徒歩に変えたり、毎日の生活の中で体を動かすことを心がけます。結果的に、腸の運動機能も刺激されて便秘になりにくい体を目指せます。

なんか曇ってきたな〜
久々ちょっとだけウォーキングした🚶
妊婦の間半年近くほぼ毎日
歩いてたな〜(笑)
全然痩せやんかったけどそのおかげで
スピード出産できたかな(笑)

— miyabi (@m63804322) March 11, 2017

 

それでもダメな時は、医師に相談して便秘薬も可能です。

薬も成分によっては赤ちゃんに悪影響を与える心配がないものもあり、妊娠中に使える便秘薬もありますよ。便秘についてかかりつけの産婦人科医に相談すれば、妊娠中に使える便秘薬や下剤を処方してもらえます
妊娠中に飲んでもいい薬と飲んではいけない薬があるのは、その成分が胎盤を通過して赤ちゃんまで届くかどうか、成分の血中濃度の高さなどに左右されます。同じような効果をもつ薬であっても、成分が違うと、胎盤の通過率や血中濃度が違ってくるため、影響の出方も変わってくるのです

@moominpeanuts 1人目のときはギリギリ産後の軽い切れ痔で済んだんですが今回は妊娠中からなので後が大変そうです酸化マグネシウムは一番マイルドな便秘薬みたいなのでおすすめですよもらっておくと安心です!お互いほんといろいろスッキリさせたいですね〜

— おしず (@oshizu111) March 13, 2017

 
一番よくないのは、無理に出そうとしてイキむこと!

一番よくないのは、無理に出そうとしてイキむこと!

便秘中に、どうにか出そうとトイレでイキんでいませんか?
妊婦さんにイキは一番よくありません。
イキむことなく、便を出すために便をやわらかくしなくてはいけません。
食事や運動の改善をしてもダメな時には無理をせず医師に相談してください。
妊婦さんによく出される酸化マグネシウムは下剤というニュアンスではありません。
便に水分を与える。というイメージが正しいかと思います。
医師に相談して、快適な妊婦生活を送ってください。
 
関連記事

妊娠中は便秘になりやすいと言われています。出産したら治ると思っていたら産後も便秘が続いたまま・・という人も多いはず。お腹の痛みの原因は何?と悩んでいるママも多いでしょう。そこで授乳中のママでも試せる便秘解消法をご案内します。   産後[…]

産後のつらい便秘!原因は?赤ちゃんへの害や改善するための解消法!

 

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

妊娠中に苦しむ人の多い便秘を少しでも楽にするための便秘解消法!
最新情報をチェックしよう!