赤ちゃんの急な発熱!熱が出た時の応急処置で押さえとくべき3つの対処法

赤ちゃんの急な発熱!熱が出た時の応急処置で押さえとくべき3つの対処法

赤ちゃんが病院の開いてない夜中や、旅行先で急に発熱してぐったりしてしまったらつい慌ててしまいますよね。赤ちゃんの発熱には様々な症状や原因がありますが、そんな時にママやパパが慌てないために、赤ちゃんが急に熱を出したときの応急処置を知っておきましょう!

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの発熱って何℃から?

お子さんの体温が37℃を超えると、もう心配するお母さんがいらっしゃいます。しかし、熱が出た程度を判断するには、その人の平熱を知らなければわかりません。つまり同じ37.5℃の熱が出たとしても、平熱が36.5℃の人の場合は平熱より1℃高いのですが、平熱が37.2℃の人では0.3℃しか高くなっていないということになります。 感染症法では、37.5℃以上を「発熱」、38.0℃以上を「高熱」に分類しています。
赤ちゃんの発熱は、37.5℃未満であれば普段の体温からどれだけ高いか、を考えて判断しなければいけません。目安としては、1℃以上高ければ発熱と言って良いです。

熱が出た時にできる応急処置:体を温める?冷やす?

熱の出始めは寒気がするので暖かめに、熱が上がりきったら涼しくしてあげましょう。体温を下げるためには、ぬるま湯で体を拭いてあげるのも効果があります。熱が40度以上あるときは、ワキの下、首の周り、足の付け根を冷やします。
赤ちゃんが寒い時は温め、暑い時は薄着にしてあげるのがベスト。大人も一緒ですよね。「熱があるから」といって、熱が上がり切ってもずっと厚着をさせたままというのはNGです。暑すぎて赤ちゃんの体力を逆に奪ってしまいます。

熱が出た時にできる応急処置:お風呂で清潔にしてあげる?

本人が元気で、お風呂に入りたいのなら、入れてもいいでしょう。ただし、湯船にあまり長く入ると体力を消耗するので、湯冷めしない程度にサッと入るのがコツです。
赤ちゃんの様子を見て、元気そうならさっとお風呂に入れ、体をスッキリさせてあげましょう。ただし、しんどそうに見えるなら無理して入れなくてもOK。赤ちゃんの体調を最優先で考えてあげて。

熱が出た時にできる応急処置:食べ物はどうする?

脂分の多い食事は消化が悪いので炭水化物や消化のよいたんぱく質を選びます。フルーツ類は水分補給になり、ビタミンも多く、カボチャやニンジンはカロチンが多いので、抵抗力を高めるといわれています。
大人と同じで、脂っこいものは避け、おかゆやフルーツを食べさせるのが良いでしょう。ただし、赤ちゃんが吐いているときは無理に食べさせないで!余計に吐いてしまいます。

小児科を受診すると安心!

やっぱり最後に頼りになるのは、小児科。 小児科に行ける環境になったら、必ず受診させてあげましょう。風邪だと思っていても、中には怖い病気、重い病気だったというケースがあります。自己判断は禁物です!
 

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

赤ちゃんの急な発熱!熱が出た時の応急処置で押さえとくべき3つの対処法
最新情報をチェックしよう!