妊婦検診には何を着ていけばいい?おすすめの服装と妊婦検診基本情報!

妊婦検診は、エコーでお腹の赤ちゃんを見ることができて嬉しいですよね。

でも、待ち時間は長いのに、いざ呼ばれると病院内の移動が多かったり、脱いだり着たり履いたりの繰り返しで、ちょっとあたふたしませんか?

そこでこの記事では、妊婦検診でおすすめしたい“服装”をご紹介します。

妊婦検診の具体的な検診内容も、妊娠初期・中期・後期に分けて、簡単解説。

検診内容を知ることで、ある程度「こういう服装がいいのかな?」と想像がつくかもしれません!

スポンサーリンク

妊婦検診ってどんなことするの?

マタイク

厚生労働省が例示している「標準的な妊婦検診」を元に、妊婦検診の内容をご紹介します。

産婦人科や助産院によって若干異なる場合もありますので、あくまでも目安としてくださいね。

妊娠初期(~23週まで)

受診間隔 4週間に1回
検査項目 問診、身長・体重・腹囲・子宮底長測定、血圧測定、浮腫検査、尿検査、子宮頸がん検診、超音波検査、保健指導

めでたく妊娠が判明してから23週までは、4週間に1回の割合で妊婦検診を受けます。

つわりがつらくて食べられないなど、日常生活に支障が出ている場合は、我慢せずに先生や助産師さんに相談しましょう。

また初めての妊娠の方は、よろこびの反面、不安な気持ちが芽生えているかもしれません。

妊娠・出産に関してわからないこと、不安に思っていることも、遠慮せず相談・質問することをおすすめします。

プレママが感じるストレス(負の感情)は、母体だけではなく、お腹の赤ちゃんへ悪影響を与える恐れもあります。

「こんな初歩的なこと、聞いていいのかな…」と感じる必要はありません。

誰だって最初はわからないことだらけですから。

妊娠中期(24週~35週まで)

受診間隔 2週間に1回
検査項目 問診、体重・腹囲測定・子宮底長、血圧測定、浮腫、尿検査、B群溶血性レンサ球菌、超音波検査、保健指導

妊娠24週を迎えると妊娠中期となり、検診は2週間に1回になります。

この時期になると、「体重の増加」を指摘されたり、「妊娠糖尿病」が疑われたりする妊婦さんが増えてきます。

先生や助産師さんによっては、「体重増加」に関して厳しい指導もしますので、妊婦さんには相当なストレスになることも…。

でも体重が増えすぎるのは食生活に原因がありますよね。

胎児の発育に影響を及ぼす「貧血」や「妊娠中毒症」にならないためにも、食事の栄養バランスには十分に気を配りたいところです。

妊娠後期(36週以降)

受診間隔 1週間に1回
検査項目 問診、体重・腹囲測定・子宮底長、血圧測定、浮腫、尿検査、超音波検査、NST(ノンストレステスト)、保健指導

妊娠後期(36週)に入ると、妊婦さんの体はいつ出産してもおかしくない状態になります。

受診の間隔は1週間に1度が目安となりますが、病院によっては出産予定日を過ぎると、週2回の受診を行うところもあります。

検査項目にある「NST(ノンストレステスト)」というのは、横になった状態でお腹に機械を付け、子宮の収縮があるかどうか、赤ちゃんの心拍と健康状態をモニタリングするもの。

NST検査は所要時間が30~40分かかるため、「次回はNST検査をやりますよ」とあらかじめ予告されることが多いようです。

 

関連記事

妊婦健診でもらうエコー写真を保存するアルバムがあるのをご存知ですか? せっかく産婦人科でもらったエコー写真を、そのまま置いておくのはもったいないですよね。 この記事ではエコー写真のアルバムの種類やおすすめのアルバムについてご紹介[…]

妊娠中も赤ちゃんの記録を残したい♪おすすめのエコー写真アルバム3選

 

妊婦検診では「着脱の楽さ」がポイント!

マタイク

待ちは長く、順番が来ると慌ただしい妊婦検診

産婦人科は数が少ないため、いつ行っても混んでいて、待ち時間がものすごく長い!

でも名前が呼ばれて順番が来ると、急に慌ただしくなります。

血圧を測ったら尿検査、先生と問診して、ハイ次は内診、ハイ次は腹部エコー…。

つわりのひどい妊娠初期も、お腹が大きくて重たくなった中期~後期も、呼ばれたらサッと動かないといけません。

お会計の頃には、長い待ち時間と慌ただしく多い検査の疲労が、ドドーっとやってきます。

疲労を軽減するためにも、ゆったりしているけれど、できるだけ身動きが取りやすく、着脱が楽な服装にしておきましょう。

「ウエスト部分がゴムのスカート」がおすすめ!

結論から言うと、妊婦検診時にイチオシの服装は「ウエスト部分がゴムのスカート」です。

  • お腹をパッと出すのにゴムの部分を下げればいいだけ!
  • ショーツを脱いでおけば、内診台へ上がったら裾をまくるだけ!

例えばワンピースやジャンパースカートは、お腹だけを出せません。

パンツスタイルも内診を受けるときの脱ぎ着が問題。

お腹が出てくると、ショーツを脱いだり履いたりするだけでも大変になります。

おまけに下半身すっぽんぽん状態で内診台まで歩き、よいしょっと台へ上がるには羞恥心もあるでしょう。

タオルをかけてもらえるまでの、あの恥ずかしさはなかなか…。

よって妊婦検診には、ワンピース、ジャンパースカート、パンツは不向き。

ゴムウェストのスカートがイチオシです。

足の冷え予防の意味を込めて、ロング丈だと尚イイですね!

 

 

まとめ

妊婦検診のときのおすすめの服装、いかがでしたか?

着脱が楽なウエストゴムのスカートは、ファッション的には手抜きの印象も持たれがちですが、いまどきのマタニティウェアはデザインも豊富です。

また妊娠中だけではなく、授乳にも機能的なものも多く販売されています。

かわいい系、フェミニン系など、好みのウェアを探して、ママになってもぜひおしゃれを楽しんでくださいね!

ナチュラルマーククリームお特用
先輩ママに大人気!25年以上選ばれ続けています!
潤いと肌の弾力サポートに欠かせない妊娠中のボディケアのための美容成分配合で、肌の潤い、弾力、柔軟性をサポートします。
皮膚科専門医、産婦人科医、協力のもと開発。
においに敏感な妊娠中に嬉しい無香料だから、においを気にせずケアできます。

 

最新情報をチェックしよう!