妊娠中、授乳期にヘアカラーをしても良いの?赤ちゃんへの影響は?ママへの影響は?

妊娠中、授乳期にヘアカラーをしても良いの?赤ちゃんへの影響は?ママへの影響は?

ヘアサロンでヘアカラーをしたいけれど、妊娠中や授乳期間中にヘアカラーしても大丈夫なのかな?赤ちゃんに影響あるのかな?母乳に良くないのかな?美容院に行っていいのかな?と不安になっているプレママさんやママさんはいませんか?そんな疑問にお答えします!

 

スポンサーリンク

そろそろヘアカラーしたいんだけど…

なかなか余裕が無くて行けなかったヘアサロン。そろそろ子供を旦那さんやお母さんに預けてリフレッシュしたいところ…しばらく控えていたヘアカラーも久々にしたいけど、授乳中だし、してもいいのかな? と、疑問に思っているママさんも多くおられると思います。せっかく時間を作って行くヘアサロンですから、ヘアカラーでもして気分転換したいものですよね。

ヘアカラーはしてもいいの?

ヘアカラーの成分が頭皮の毛穴から入って赤ちゃんや母乳へ行ってしまい悪影響はないのかな?と不安でなかなかヘアカラーをするのに躊躇してしまいませんか…? 答えは、ヘアカラーはお腹の赤ちゃんや母乳への影響はないと今のところ言われています。
2、3ヶ月に1回程度のカラーリングであれば特に母乳には影響はないとされています。カラーリング剤が頭皮につかないようにすれば、なお母乳への影響は無いといえるでしょう。

ただ、気をつけたいことは

ヘアカラーはしても大丈夫なのですが、気をつけたいことは、妊娠中や授乳中は肌が敏感になっているということ! なので、ヘアカラーの成分で頭皮が荒れてしまう場合があります。せっかくのヘアカラー、安全に綺麗な色を楽しみたいですよね。 そこで、染める前に美容師さんに妊娠中や授乳中ということを伝えましょう。頭皮にヘアカラー剤を付けないように工夫してくれたり、優しい成分のヘアカラー剤をすすめてくれたりと対応してくれます。
出産直後の母体はまだホルモンバランスが安定せず、ちょっとした刺激が原因で肌が荒れてしまいます。もちろんカラーリング剤の刺激も例外ではなく、湿疹・カブレ等の皮膚トラブルを起こしやすいと言えます。 カラーリング剤が赤ちゃんになにか原因を及ぼすというよりも、カラーリング剤が原因でお母さんの体調が崩れてしまい、その結果赤ちゃんの体調不良を引き起こしてしまう、ということが考えられます。

染めたけど、次回いつ来れるか分からない…

ヘアカラー後、3ヶ月ほど経ってくると気になりだすのが、根元の新しく伸びて来た部分の黒髪。育児に忙しかったり、体調によってはなかなかヘアサロンに行く時間を取るのが難しかったりしますよね。 そこでオススメしたいのが、伸びた部分が分かりにくいダークブラウンにしたり、根元を暗めに毛先に向かって明るめにするグラデーションカラーです! ダークブラウンなら色持ちも良いので嬉しいですね。美容師さんに相談するのもよいでしょう。

まとめ

やっと行けるヘアサロン!貴重なヘアサロンの時間は普段頑張っている自分へのご褒美ですよね!思いっきりリフレッシュしてストレス発散して下さいね♪

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

妊娠中、授乳期にヘアカラーをしても良いの?赤ちゃんへの影響は?ママへの影響は?
最新情報をチェックしよう!