2018年「年賀状」シーズン到来!えっ実は迷惑!?子供の写真入りのマナーは?写真付きはいつまで?

寒くなり、町はクリスマスムード一色です。しかし、クリスマスが終わるとやってくるのは「新年」です。12月後半ともなれば、お歳暮にクリスマス会・大掃除に新年の帰省準備などバタバタと過ぎていくでしょう。今のうちから年賀状の手配をしておいてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

年賀状は作りましたか?

11月ごろから、カメラ屋さんやスーパーの文具売り場で見られるのが『年賀状コーナー』。近年は、昔よりも「写真入り年賀状」の割合が増えてきており、早めに注文をするという家庭が多いようです。 お子様をお持ちのご家庭であれば、親戚や友人だけでなく、習い事先の先生やお友達・ママ友や同じクラスの子など送る相手も増えるでしょう。

こんな年賀状が来たら嬉しい★ SNSで見つけた素敵な年賀状!

emiさん(@n.e.m.i)がシェアした投稿

ふたば書道会の別のお教室で行っていた年賀状書き。インスタで拝見し、素敵なイベントだなぁと思って、ふたばの凜でも真似っこしてみました固形の墨をすって淡墨をつくったり、落かん印風に印泥を綿棒でアレンジして愉しんでくれたようですみんな大事な人に年賀状送ってね〜
Instagramより抜粋

年賀状にはいつまで写真をいれるもの?

結婚や出産を機に、毎年写真入りの年賀状を送っているという方は多いのではないでしょうか。 そこで悩むのが「いつまで写真入りでおくるべきなのか」という点です。あまり会えない親戚などは、写真入り年賀状を楽しみにしているし、ママ友は皆写真入りだし。。となんとなくみんなやっているからという理由で写真入りにしているのであれば一度考えたほうが良いかもしれません。

写真付き年賀状でこんなトラブルも

Q.子どもの写真入り年賀状をもらうのは嫌ですか? はい 35%
いいえ 65% Q.それはどうしてですか? <「子どもの写真入り年賀状をもらうのは嫌」派> ■興味がない
■かわいくない
■自慢・自己満足に見える
■自分には子どもがいない
■理解できない
このように、写真入り年賀状に否定的な方が一定の割合でいることを頭に入れておきましょう。
すべての人がそうという訳ではありませんが、写真入り年賀状に否定的な意見を持った方がいることは事実です。 送る相手をしっかりと見極めないと、お互いに嫌な思いをすることになってしまうこともあります。

意見はさまざまです。

年賀状、子供たちの写真入りにするか普通に犬のプリントされてる年賀状にするかで迷う。。なんかね、子供の写真入りの年賀状って賛否両論あるんだよね。。もらっても困る的な人も増えてるんだとか。近況報告的な感じにあたしは思ってたんだけど一般的に喜ばしくない人もいるみたいで、、迷う。

— ᴍ (@akkashuakka) November 22, 2017

もう年齢が年齢だけど未婚の友達多いのと、2人目ってことで今後自分が赤ちゃんできた時に妊娠報告どころか出産報告もわざわざLINEとかでしないつもり。
なにかのついでとか年賀状で。
ちなみに年賀状は子供の写真は載せない派。

— melruru@2人目妊活 (@melruru) November 22, 2017

子供写真の年賀状なんて「わたしたちはここまで親バカです!!」という親バカ合戦だから。勝っても別にいいことないけど。

— あしか。 (@cbbs40) November 22, 2017

「年賀状に子供の写真は不快だからやめてほしい」みたいな話をよく聞きますが、知人は出産してから毎年息子の写真入り年賀状を送ってくるんだけど、「高校生になりました!」と頭がピンクで口の周りがピアスだらけの息子の写真を送ってきたときには、その一貫した姿勢に心から感動した。

— 深爪@新刊「深爪流」重版御礼!好評発売中 (@fukazume_taro) November 5, 2017

もうすぐ「子供の写真入り年賀状ウゼエ結婚も子供も出来ない女の気持ちも考えろバカ」というおばちゃんたちの怨嗟の声が響き渡る季節ですなあ(´-ω-`)

— みき (@North_Fomalhaut) November 22, 2017

年賀状で自分の子供の写真を送りつけてくる人を児童ポルノ法で成敗してくれ

— Rei⊿【女子大生のホンネ】 (@Rei292941) November 21, 2017

年賀状、子供の写真入りにしようかと思ったけど他人の子供の成長具合なんて正直どうでもいい(親しい友人とかなら別だけど)のでやめようと思う。
不妊治療中とかなら心を傷めるだけだし。

— ま な * (@mi16kitties) November 21, 2017

まとめ

大切なのは、自分のエゴを押し付けないこと。子供がいるのだから、写真付き年賀状を送るのは当然という考え方はやめましょう。 かわいい我が子のかわいい年賀状を多くの人に見てもらいたいという気持ちはわかります。しかし、その年賀状で悲しい気分やいやな気持になる方もいるのです。 写真入りを送る相手と、イラストのみのものを送る相手と分けて、夫婦で話し合って決めるのが現代の年賀状マナーなのではないでしょうか。
]]>

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

最新情報をチェックしよう!