冷えがツラい…これって単なる不調?それとも「プレ更年期」?

冷えがツラい…これって単なる不調?それとも「プレ更年期」?

なんだか寒さがこたえる。肩こりもひどい…不調が続いたり疲れやすくなったり。

単なる疲れかな、冷えなのかな、と思っていたら、もしかして「プレ更年期」かもしれません。

チェックリストで確認してみましょう。

スポンサーリンク

ひどい冷え…体調不良と「プレ更年期」

年齢の早い段階で更年期のような症状が出て、「プレ更年期」の状態になる方が増えています。
一般的に「女性ホルモンは35歳から減少する」と言われていて、閉経を迎える50歳前後の約10年間が、もともとの「更年期」と呼ばれる時期です。
しかし、その年齢よりもかなり早い時期に、まるで更年期のような症状を抱える女性が増えてきているのです。
女性ホルモンに不調があると、月経が乱れたり、冷えが起こるようになります。逆に冷えることで、女性ホルモンの不調を招いてしまうこともあります。

一般的な「更年期」特有の症状

本来の更年期の時期は45〜55歳頃と言われています。更年期特有の症状として
  • 体の冷え
  • 体のほてり
  • 体が重たい
  • イライラ
などの症状があります。
育児中で寝不足だったりする時には、わりとよくある感覚なのかもしれません。

一方、「更年期」である場合は、これらの特有の症状は、卵巣機能の低下から起こります。

育児による生活リズムの変化が原因なのか、やっぱり体調面の変化なのか。自分でも見分けが難しい面もあるでしょう。

さまざまな要因を考えてみるために、以下のようなプレ更年期用のチェックリストで確認してみませんか。

【プレ更年期用】チェックリスト

  • 月経周期がこれまでよりも短くなってきた
  • 経血量が多かったり、少なかったりムラがあるようになった
  • 月経前や月経中に疲れやすくなった
  • 腰や手足が冷えやすい
  • 便秘しやすい、下痢しやすい
  • 肩こり、腰痛、手足の痛みがある
  • 目がかすむ、目が悪くなる
  • 寝つきが悪い、または眠りが浅い
  • 怒りやすく、すぐイライラする
  • 髪の毛のハリがなくなる、白髪が目立つ
このような内容のチェックリストとなっています。

全部で30項目。気軽にチェックしてみましょう。

冷えがツラい…これって単なる不調?それとも「プレ更年期」?2

目が悪くなった気がする…「スマホ老眼」の可能性も

「目がかすむ」「目が悪くなる」という感覚も、プレ更年期の症状に該当する項目です。
単なる目の疲労なのか、加齢によるものなのか、原因がはっきりしない場合は眼科を受診しておくと安心でしょう。

また、スマホなどのデジタル機器の見過ぎによる視力の低下は「スマホ老眼」と呼ばれ、若年層にも広がりを見せています。

スマホ老眼とは

 

長い時間、スマートフォンやタブレットを見続けることで、目の筋肉が緊張状態となり、凝り固まってしまうことで、ピント調節が一時的に出来なくなってしまいます。
若い年齢から老眼のように近くのものが見えにくくなる症状を現代病として、スマホ老眼といいます。

最近では、スマホを長時間使用する20~30代の若い方が、スマホ老眼の症状で眼科を訪れるケースが急増しています。
「視力1.2の人が2時間スマホを見続けた後に再度視力を測ると1.0にまで下がったという事例も」あるといいます。
自分の目も気になる、子供もスマホを見ることが多い、という場合は、家族でテレビやスマホ、ゲーム機器などの使用時間を少しセーブしてみてはいかがでしょうか。
家族で取り組むことで子ども達も約束を実行しやすくなりますし、ママの目の症状も回復するかもしれませんね。
  • 「視力アップ」と「脳の活性化」が同時にできる視力トレーニング
  • 1分間でできる!基本トレーニング例「まる・さんかく・しかく」
  • 親子で楽しみながら視力アップできるゲームも豊富!

目の疲労と肩こりの関連性

肩こりは更年期に限った症状ではなく、誰にでも起こる症状です。
「もともとひどい肩こり」という方もいると思います。
ただし、更年期の時期の肩こりは、特にがんこなコリや痛みを感じることがあるようです。
その原因は、
女性ホルモンの分泌の急激な低下による自律神経の乱れが血行不良を招くこと、
加齢によって首や肩、腰部や関節を支える筋力が低下すること、
眼精疲労や老眼などとも関係があるようです。
また、自律神経が不安定になると痛みに対しても敏感になると考えられています。
このような関連性からも、婦人科系の不調だけでなく、何気ない目の疲れや冷え、肩こりなどが一連の不調につながっている可能性もあります。

婦人科系はなかなか自分でコントロールできませんが、目に負担を掛けないような生活を心掛けたり、軽く運動して血行を改善するなど、自分で取り組めることはあると思います。

不調が続く…そう感じたら、症状に一つずつ対処していきましょう。

さいごに

身体に不調を抱えていると育児生活にも響いてきますよね。
できるだけ早めに原因を確認して対処していきましょう。

クレジットカードとキャッシュレス by クレジットカードニュース編集部

ここ最近でキャッシュレス化がどんどん進み、日常的な買物の場で【クレジットカードが必須】に近い状況にな ...…

冷えがツラい…これって単なる不調?それとも「プレ更年期」?
最新情報をチェックしよう!