いつまで仕事を続けても大丈夫!?妊娠中に仕事をするうえで気をつけるべき4つのこと!

働く女性は現在の日本でとても増えてきています。それと同時に女性のための福利厚生や職場の配慮も手厚くなってきました!でも、いくら制度が充実したからといって、やはり妊娠中にとってはお腹の赤ちゃんに良くない仕事もあります。それでも働くと決めたのであれば、今回は「妊娠中に仕事をするうえで気をつけるべきこと」「その対処法」などお教え致します。

働く女性は現在の日本でとても増えてきています。

それと同時に女性のための福利厚生や職場の配慮も手厚くなってきました!

でも、いくら制度が充実したからといって、やはり妊娠中にとってはお腹の赤ちゃんに良くない仕事もあります。

それでも働くと決めたのであれば、今回は「妊娠中に仕事をするうえで気をつけるべきこと」「その対処法」などお教え致します。

 

スポンサーリンク

実際のところ仕事はいつまで大丈夫?

仕事内容によって働ける期間は大きく変わるでしょう。
つわりや体調など自分の体の事もありますし、職場の理解やその仕事が妊婦でも差し支えなくできるのかどうかでも大きく左右されます。
福利厚生が整った会社であれば「産休」「育休」を有効活用して、子供がある程度大きくなり保育園に預けられる月齢になってから復帰する、というかたちがベストです!
それまでは無理しないで、体を休めることに専念することをオススメします。
ですので、「いつまで?」の答えは一概に言えません。
ご自身が今なされている仕事内容が
「妊娠中でも無理なく働くことができるのか?」
「体調が悪い時は休むことができるのか?」
「周りの理解は得やすい職場かどうか?」
などで判断してみてはいかがでしょうか(^^)

妊娠中に働くうえで、4つの気をつけるべきこと!

1.立ち仕事

接客業などに多いのが「立ち仕事」。仕事中は常に立ちっぱなしで、座ることができるのは休憩時間だけ…。
じつは「立ちぱなし」は妊娠中に大きなリスクがあることをご存知ですか?
思っている以上に立ち仕事には大きな負担がかかっています!
つわりや体調不良はもちろんのこと、立ちっぱなしが原因で血行が悪くなり足が浮腫む・体重増加で腰にかなりの負担がかかっています。
妊娠中の立ち仕事はあまりオススメしません。
どうしてもという場合は、適度な休憩をもらい座れる時間をこまめに取りましょう!

2.座り仕事

立ち仕事よりも「マシ?」と思いがちですが、じつは座り仕事でもリスクがあります!
じつは大きくなったお腹で長時間座りっぱなし・同じ姿勢だとお腹を圧迫してしまい、吐き気やむくみの原因になるんです!
圧迫している姿勢を長時間いることは、お腹の赤ちゃんにも少なからず負担がかかっています。
解決法としては、
  • 「適度に運動を行う」
  • 「時々立ってストレッチをする」
  • 「座りながらできるマッサージをする」
などして対応しましょう!

3.重い荷物を持つ

妊娠初期は特に注意が必要です!お腹に過度な力が入ると、お腹が張りやすくなります。
妊娠初期は特に安静することを医師から勧められますが、お腹の赤ちゃんに負担が大きすぎることからいわれます。

4.自転車・バイク・自動車を使う

妊娠中の自転車は絶対にやめましょう!
自転車での事故はとても多いです。万が一妊娠中に自転車で転倒してしまったら、大惨事になってしまうことも…。
また自動車・バイクでも振動がお腹に伝わり、お腹が張りやすくなってしまいます。
自動車やバイクは、長時間座り続けることで血流が悪くなり結果、エコノミー症候群を引き起こす原因になるので最新の注意をはらいましょう!

まとめ

あなたの職場は上記に当てはまりますか?
女性にとって今まで築いてきた仕事やキャリアももちろん大切です。ですが、お腹に赤ちゃんを授かったのであれば話は別問題です!
妊娠が発覚した時点であなたの体は1人のものではなくなったといっていいでしょう。
それにお腹の赤ちゃんの命を守るのもあなた、いや!ママの役目です!!
仕事を続けるのであれば、周りの理解はもちろんのこと、今一度どんな福利厚生や制度があるのか確認しておくことをオススメします。
いざというときに慌てなくて済みますよ(^^)

クレジットカードとキャッシュレス by クレジットカードニュース編集部

この数年で世の中のキャッシュレス化がどんどん進み、日常的な買物の場で【クレジットカードが必須】に近い ...…

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

働く女性は現在の日本でとても増えてきています。それと同時に女性のための福利厚生や職場の配慮も手厚くなってきました!でも、いくら制度が充実したからといって、やはり妊娠中にとってはお腹の赤ちゃんに良くない仕事もあります。それでも働くと決めたのであれば、今回は「妊娠中に仕事をするうえで気をつけるべきこと」「その対処法」などお教え致します。
最新情報をチェックしよう!