「帝王切開」の基本知識と実体験のお話 ~不安のない帝王切開のために ~

「帝王切開」の基本知識と実体験のお話 ~不安のない帝王切開のために ~

日本の帝王切開での出産は約5人に1人といわれています。中には帝王切開が人生で初めての手術となる妊婦さんもおられるかと思います。痛みやリスクなど不安に感じることでしょう。そこで骨盤位(逆子)のため帝王切開で出産した実体験をもとにお話します。不用意な恐怖心を招かないためにも基本知識をしっかり身につけましょう。

 

スポンサーリンク

今や5人に1人が帝王切開!

日本で「帝王切開」により出産した人は、2014年の統計では、総出産数およそ100万人のうち19.7%にあたる約20万人と推定されています。 つまり妊婦さんの約5人に1人が帝王切開により出産していることになります。 また、出産数自体は減少しているにもかかわらず、帝王切開による出産は増加しています。
理由として、赤ちゃんの安全を重視する様になったことや医療技術の進歩により安全な手術が可能となってきたことが挙げられます。
帝王切開は他人事。と思っている妊婦さんも多いのではないでしょうか? 実際私も「勝手に自然分娩になるんだろうな〜」と思っていたら、逆子の状態から戻らなかったため帝王切開で出産をしました。

帝王切開には2種類ある!

帝王切開といっても「予定帝王切開」と「緊急帝王切開」の2種類あります。 「予定」とされるものは他児妊娠(双子以上)や逆子など。「緊急」とされるものは自然分娩で進めていて、急激に赤ちゃんの心拍数低下など、名の通り緊急時に行われることです。

麻酔はどうなるの?

麻酔は病院や状況によって異なり「全身麻酔」…名の通り全身に麻酔が回るので自身は眠った状態になります。と「硬膜外麻酔・腰椎麻酔」…部分麻酔になるので手術中も意識があり赤ちゃんが出てくる際もはっきりとわかります。があります。

帝王切開後も自然分娩が可能!VBAC、そのメリットとリスクとは? – マタイク

帝王切開後も自然分娩が可能!VBAC、そのメリットとリスクとは? - マタイク
できれば経膣分娩で出産してみたい。しかし、いろんな原因で帝王切開となってしまった場合、次回も帝王切開が当然とされて来ました。

お腹の切り方は?

初産でない場合は、前回同様の切り方をされますが、第1子の場合は緊急時を除いて選ばせてくれる場合があります。

 

最近はキズが目立ちにくいとされる「横切り」と短時間で赤ちゃんを取り出すことができる「縦切り」があります。

体験談まとめ

実際に私は逆子のため「予定帝王切開」で出産しました。

 

予定でのメリットは、出産日が予めわかること。旦那と両親を含め病院でみんな揃って赤ちゃんを迎えることができました。私は硬膜外麻酔で縦切りを選択しました。

人生初の手術室にドキドキしましたが、室内でお気に入りのCDを流してくれたり、手術台が温めてあったり、麻酔師の先生が優しくずっと話しかけてくれるなど、時間中すっかり安心していました。

赤ちゃんが出てきた時も顔の横に連れてきてくれ、我が子の誕生に大変感動しました。赤ちゃんが無事産まれてくれたことに感謝しています。

低置胎盤とは?治る?帝王切開なの?前置胎盤との違いと出産方法について – マタイク

低置胎盤とは?治る?帝王切開なの?前置胎盤との違いと出産方法について - マタイク
みなさん「前置胎盤」という言葉はよく聞くと思いますが、「低置胎盤」という言葉はあまり聞き覚えがないかと思います。

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

「帝王切開」の基本知識と実体験のお話 ~不安のない帝王切開のために ~
最新情報をチェックしよう!