子供の事故やトラブル!入っていますか?個人賠償責任保険!~補償と特約~

子供の事故やトラブル!入っていますか?個人賠償責任保険!~補償と特約~

子どもの成長はうれしいものですが、考えておかなくてはならないのがトラブルや事故。子どもが人にけがをさせてしまったり、物を破損してしまったりと、加害者側になってしまう可能性も出てきます。そういう時に役立つのが”個人賠償責任保険”です。この保険についてカンタンにご紹介します。

 

スポンサーリンク

賠償責任

買い物に行った際、誤って商品を落として壊してしまった。自転車で駅に向かう途中、人にぶつかってケガをさせた。子どもがキャッチボールをしていて人の家の窓ガラスを割ってしまった。 このようなケースはどれも身近にありそうなトラブルです。高額の賠償を背負うケースもニュースで聞きます。 誰でも、「加害者」にも「被害者」にもなりうるわけです。もしも事故やトラブルで加害側になってしまった時は法律上の損害賠償責任を負うことになります。 その対応をする保険が「個人賠償責任保険」です。

特約として

契約してなかったと思っていても、意外に、今持っている保険に特約としてついている場合があります。 住宅の火災保険、共済、自動車保険の特約など。クレジットカードに補償が付いているものもあります。 特約の個人賠償責任保険であれば保険契約の本体に追加で付けても年間保険料はそれほど高くなく、おおよそ1000円台。補償の金額が大きくても少なくても支払う保険料に大きな差はないので、契約更新の際に検討するときは大きい金額で入っておいた方が安心です。 家族みんな補償の対象になるので確認してみましょう。

対象とならない事故

ただし、対象とならない事故・トラブルがあります。 主なものは下記の通りです。 ・仕事中の賠償事故
・車両の所有や使用・管理により発生した事故
・闘争行為(いわゆるケンカ)
・他人から借り物を壊した場合の賠償事故
・同居の親族に対する損害賠償 保険金が支払われない事柄はありますが、子どもの日常の行動を考えると生活全般をカバーするので対象の範囲はかなり広い保険です。

ポイント1

ただし、個人賠償責任保険で確認しておいた方が良いポイントがあります。 第1に、示談交渉のサービスがついているかどうかという点です。 最近では示談交渉サービス付きのものが主流になりつつあり、保険の改訂で示談交渉サービス付きに改善されている保険も多いですが、以前から契約していた長期間の保険の場合は確認が必要です。 しかし仮に示談交渉サービスがなくても、保険がないよりあったほうがいいのはいうまでもありません。

ポイント2

第2に、特約で個人賠償責任保険を付けている場合、その保険契約を解約してしまうと特約も消えてしまうという点です。 例えば、自動車保険に付けている場合、その自動車保険を解約すると、個人賠償責任保険もなくなります。 保険証券を確認したり保険会社に問い合わせたりして、保険のことは意識して覚えておきましょう。もしもの時を考えて、準備してあげられるのは親だけです。 家族を守るためにもしっかり確認しておきたいですね。
 

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

子供の事故やトラブル!入っていますか?個人賠償責任保険!~補償と特約~
最新情報をチェックしよう!