子供の『ムダ毛のお悩み』寄り添ってあげて!間違ったムダ毛(脱毛)処理していませんか?

子供の『ムダ毛のお悩み』寄り添ってあげて!間違ったムダ毛(脱毛)処理していませんか?

現代のお子さまは発育がよろしく、同時に大人のような体の悩みを持つのも早いようですね。特に最近よく耳にするのが「女の子なんだけど毛深いのを気にしてて…」というママの声です。「子供なんだから気にしない!」なんて言わないで、独自の”間違ったムダ毛処理法”をしちゃう前に、悩みに寄り添ってあげてみませんか?

 

スポンサーリンク

イマドキの『コドモ事情』

「日焼け止め塗ってきたぁ?」
「あったりまえじゃ~ん」 これ小学生女児の朝の会話です。実際に聞いてとても驚きました。やはりイマドキの小学生ですよね。紫外線対策も怠らないなんて素晴らしすぎます。 小学生のパパママは、30~40代前半の世代が多いかと思います。お化粧の仕方や、プチプラファッションなんかとても上手ですよね。 おしゃれなパパママ世代のお子さんですから、美意識も昔とは比べ物にならないくらい高いでしょう。美意識が高くなってくると自然に、自分の身の回りのこと(洋服・髪型・スタイルなどなど)気にするようになります。過度になり過ぎず、楽しめるようであれば、明るい親子関係にも繋がりそう!

子供の肌事情をよく知ることから始めましょう

さて、美意識が高くなってくると、自分の体のことを非常に気にするようになります。体毛、ムダ毛が気になりだしてくるのも同時期ではないでしょうか? 10歳前後のお子さんは、第二次性徴期に入ることから、ホルモンの関係で体毛が濃くなってきます(個人差はあります)生まれつき体毛が濃かったお子さんは、気になって気になって仕方が無いかも?!周りのお友達と比べたり、時には冷やかしに合うお子さんもいるかと思います。 ただ、この気になりだす時期と言うのは、まだまだお肌も発展途上です。大変デリケートです。自己処理を始めてしまうと、後々にお肌トラブルになり兼ねません!「子供なんだから気にしないの!」なんて言わないで、真摯に子供の悩みを受け止めてあげてください。

今すぐヤメテ!『間違った自己処理方法』

■カミソリで剃る

手軽に自宅でできる脱毛方法として、カミソリで剃るというものがあります。すぐにきれいになるので、ついつい大人もやってしまいがちですよね。 本当は大人でもカミソリで剃ってしまうのは、肌に良いことではありません。子供のデリケートな発展途上のお肌なら尚更いけません。 お風呂で使用できる電動のものなども同じことが言えます。個人差はありますが、剃った後に肌がチクチクするなどのトラブルも避けられません。 また、剃った後はきれいに見えますが、剃る前よりも太く見え濃くなったような気がしてしまいます。ずっと剃り続けないとならなくなり、肌をどんどん痛めてしまいがちです。

■毛抜きで抜く

毛抜きで抜くと毛根から引き抜くので、カミソリで剃ったよりも見た目がきれいなんですよね。ただカミソリよりも肌トラブルは大きいのです。 毛抜きで抜き取った後に、毛穴から出血したことはありませんか?そこからバイ菌が入り、発熱してしまったり、腫れて痛くなる可能性もあります。子供は絶対に止めた方が良いです。

■脱毛ワックス・除毛クリームでの処理

何度も言っていますが、子供の肌はデリケートなものです。刺激の強すぎるワックスやクリームはいけません。 定期的に使用しなければならないこれらの薬剤に、子供の肌は耐えられません。せっかくのきれいなお肌をボロボロに美しくないものへと変えてしまうかもしれません。成人してからの使用をおすすめ致します。

『子供向け脱毛エステ』ってどうなの?

聞くところによると『子供向けエステ』なるものが存在するとのこと!もう大人顔負けですね。脱毛を専門としているので、知識はもちろん豊富でしょうし、間違った処理法はないかと思います。 下記に、幼児~小中学生のお子さんに対応している脱毛を扱うサロンをご紹介しています。エステってどうなの?とお思いのパパママ、一度のぞいてみてはいかがでしょう?

=まとめ=

私たち親世代のときと時代は変わり、子供でも”エステ”に行き脱毛を施すようになりました。子供の肌に負担をかけず、安心安全を優先させるなら、それも一つの選択肢だと思います。 毛深い悩みは、思春期にはつらいものです。親として、子供の悩みに寄り添ってあげられると良いですよね。
子供の『ムダ毛のお悩み』寄り添ってあげて!間違ったムダ毛(脱毛)処理していませんか?
最新情報をチェックしよう!