ひらがなはいつから教える?興味を引き出してくれるおもちゃをご紹介!

ひらがなはいつから教える?興味を引き出してくれるおもちゃをご紹介!

ひらがなは何歳ぐらいから読み書きできるものなのでしょう。

いつからどのように教えるのが正解?

今回は、子どもが楽しみながらひらがなを学べるおすすめの絵本やおもちゃ、知育教材を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

修学前からひらがなの読み書きができる子が多い

小学校1年生でひらがなの読み書きを習いますが、近年は幼児学習に力を入れる方が増えており、就学前からひととおり読んで書ける子がほとんどだと思います。
ひらがなを保育時間中に教えてくれる園も多くあります。
ひらがな練習のスタートは、読むことから始めます。
身の回りにはたくさんひらがながあり、ひらがなが読めるようになると自分の名前、看板、絵本などが読めるようになり、世界が広がります。
後々苦労しないよう、小さいころからひらがなに触れて欲しいと思うのが親心。
でも楽しくないと子どもは興味を示してくれません。
無理強いは逆効果! そこで今回は、子どもが楽しみながらひらがなを学べるおすすめの絵本やおもちゃ、知育教材を紹介したいと思います。

「ひらがな」はいつから教える?

では、実際いつごろからひらがなの勉強を始めるとよいのでしょうか?それは「子どもが文字に興味を持ったとき」です。
そのタイミングは一般的には男の子だと4,5歳ぐらい、女の子だと3,4歳ぐらいです。
同い年の子がひらがなを読めるのに、自分の子はまだ読めないと焦ってしまうことがあると思います。
しかし、早く読めたほうが良いとかその子の頭が良いという訳ではありません。
まだ興味がないだけなので、遊びながら楽しくひらがなの概念や読み方を教えてあげましょう。

絵本

ひらがなに特化した絵本を親子で読めば、コミュニケーションをとりながら読み方や形に親しむことができます。
リズム感が良いものを選べば、歌を覚えるような感覚でひらがなの読み方や順番を覚えられておすすめです。

お風呂用のポスター

お風呂は子供とゆっくり過ごせる絶好の場所。
スキンシップをとりながらひらがなを教えてあげられます。
他に何もない空間だからこそ子供も親も集中できます。

積木

つみきは一字ずつ読んで覚えるのにも適していますが、いくつか組み合わせて言葉を作る遊びもできます。
名前や好きな言葉を組み立ててみましょう。

濁音や半濁音が揃っているものであればどのような言葉でも作れます。

パズル

文字の読み方だけではなく、あいうえおの順番も自然と覚えられるのがパズル。
大好きなキャラのパズルであれば興味を持ちやすいですね。

ひらがなマグネット

マグネットを使用しているので、かんたんに専用のボードにくっつけたり動かしたりすることができます。
書いたり、細かい作業をしたりすることがまだ難しい子どもでも、マグネット式のものを使うことで、楽しみながらひらがなに親しむことができます。

タブレット

幼児教育に電子機器を使うことには賛否両論ありますが、子どもが喜んで使ってくれるのがタブレットです。
他のおもちゃは親がつきっきりでないといけませんが、タブレットであればひとりでも遊びながら学習してくれます。

まとめ

いかがでしたか?
一口にひらがなを学べるおもちゃと言ってもいろいろな種類がありますね。
ぜひ、子どもの年齢や性格にあったおもちゃを見つけてあげてください!

 

マタイク編集部【女性・ママへ】おすすめ記事

口コミで人気の妊娠線予防クリームはこれ!人気商品6選!

 

クレジットカードとキャッシュレス by クレジットカードニュース編集部

この数年で世の中のキャッシュレス化がどんどん進み、日常的な買物の場で【クレジットカードが必須】に近い ...…

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

ひらがなはいつから教える?興味を引き出してくれるおもちゃをご紹介!
最新情報をチェックしよう!