飲む点滴!甘酒の栄養素について大公開!話題の甘酒を飲んで綺麗になろう!

今、大ブームの甘酒!飲んでいますか?実は甘酒は「飲む点滴」と言われ話題になっています。美肌や美容に良いだけではなく健康にも最適な飲み物なんです。甘酒が大好きな人も、苦手な人も必見です!甘酒の栄養素についてご紹介します!

スポンサーリンク

甘酒とは?

甘いお酒と書いて甘酒(あまざけ)。甘酒にはアルコールを含むものと、米麹で作られたアルコールを含まないものがあります。 よく初詣などで配られている甘酒はアルコール入りなので、子供たちは少し苦手かも。甘酒が苦手な人でも飲める甘酒や美容にも良い栄養素をご紹介していきます!
甘酒(あまざけ、カンシュ、醴)は日本の伝統的な甘味飲料の一種で、見た目はどぶろくに似て混濁している。甘粥(あまがゆ)とも呼ばれる。 主に米こうじと米、あるいは酒粕を原料とする。酒という名がつくものの、アルコール含有はわずかで、市販されている商品はソフトドリンク(アルコール度数1%未満)に分類される。

甘酒のあれこれ

甘酒と言えば、寒い冬に飲む定番の飲み物ですよね。まだ甘酒がメディアなどのブームに乗っかる前、冷やし甘酒と言う物も発売されていました。 昔よりも甘酒離れが進む中、夏にも甘酒を飲んでもらおう!という提案だったのか水色のようなパッケージで販売されているのをよく見かけました。 現在では自宅で甘酒を作る人が増えてきていると言います。今では本や雑誌、テレビでもご紹介される甘酒。その栄養素の秘密に迫ります。
甘酒って冬のイメージがありますが、実は江戸時代には、夏の飲み物だったんですね。それこそ、夏バテ防止のための栄養満点のドリンクが甘酒でした。

甘酒の栄養

甘酒に含まれる成分の代表は主に以下の通りです。

・ビタミンB1.B2.B6

糖質をエネルギーに変換し、皮膚や髪の毛、つめなどの細胞の成長促進! 脂肪の代謝をサポートしつつ、脂肪肝の予防もしてくれます!

・葉酸、食物繊維、オリゴ糖、アミノ酸、ブドウ糖

妊娠前に必要な葉酸と腸内環境を良くしてくれる食物繊維&オリゴ糖。エネルギーになるアミノ酸!脳にもいいブドウ糖は血糖値を下げて集中力をアップさせてくれます。 他の栄養ドリンクと比べて、体内吸収率はなんと!90%以上と素晴らしいもの。だから飲む点滴と言われるんですね。
Amazon | ぶんご銘醸 麹天然仕込 酒蔵のあまざけ 900ml (127000)

Amazon | ぶんご銘醸 麹天然仕込 酒蔵のあまざけ 900ml

595
※価格・在庫は2019年8月9日現在の情報です。

まとめ

最近では甘酒も飲むだけではなく、キャンディーになったり、プリンになったり、和漢素材が入った物まで出てきていて、日常生活に当たり前のようにあります。たくさん飲んだからと言って必ずしも体に良いと言うわけではなく、1日、1~2杯を目安に飲むといいと言われています。 これから暑い夏が始まります。冷やし甘酒も良いと思いますが、冷たい物ばかり飲むと夏バテに繋がってしまいますので、寝る前などに温かい甘酒を飲むのもいいかもしれません。しょうが入りの甘酒もあるので寝ているとき冷えた体をあたため血行をよくしてくれるでしょう。
審査が甘いクレジットカード

主婦に人気のおすすめクレジットカード7枚の審査基準や特徴を解説!

クレジットカードで主婦の方に人気の7枚の特徴を分かりやすく解説。審査通過のコツも大公開中!パルコや無印良品のクレジットカードも大人気です!

]]>

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

最新情報をチェックしよう!