ペットを飼うことが子どもに与えるメリット・デメリットとは?

ペットを飼うことが子どもに与えるメリット・デメリットとは?

家族「かわいいワンちゃんを見つけちゃった!」または「子どもがペットを飼いたいと言い出した!」でもどうしよう…こんな風にペットを飼おうか悩んでいるご家庭も多いかと思います。今回は、子どものいる家庭でペットを飼うことのメリット・デメリットをまとめました。

 

スポンサーリンク

ペットを飼うことのメリット

命の大切さを感じる

現代の子どもたちは自然の中で過ごすよりも、ゲームやテレビ・インターネットの世界などバーチャルなものに触れる機会が圧倒的に増えてしまっています。 子どもはペットと過ごすことにより、「生きている命」というものの大切さに日々触れながら生活をします。また、ペットの面倒を見るということを通して、頼り頼られて生きる、自分以外の誰かを大切にしながら生きるということに気づくことができるのです。
動物に愛情を持ち、心を注ぐことは、自分以外の他者を思いやるという心を育てるための、とても貴重な体験になります。

子どもの感性を育む

ペットは話すことができません。人間同士とは違い、コミュニケーションに言葉を介すことができないのです。 この言葉を使わないコミュニケーションは、相手の気持ちを推し量る感性を必要とします。この感性が、想像力や思いやりなどの心を育ててくれるのです。
豊かな感性を持つことは「生きるチカラ」につながります。その能力を高めるためにも、子どもとペットの「言葉はいらない」ふれあい体験は欠かせません。

幸せホルモンが出る

ペットを触ることで、「オキシトシン」別名を「幸せホルモン」と呼ばれるホルモンが出ます。 幸福感が高まり、ストレスが減ると言われているこのホルモンのおかげで、家族みんなが幸せな気持ちになることができるのです。
ペットを飼っている高齢者の調査では、犬や猫にふれると血圧が下がり、心拍数が安定するというデータがあります。ペットとふれあい、世話をすることは、子どもだけでなく、すべての世代によい影響を与えます。

ペットを飼うことのデメリット

アレルギー対策が必要

ペットの毛やフケがアレルギーを引き起こす原因となってしまう場合があります。アレルギー体質の子どもの場合、ペットを飼うことで症状が悪化してしまう可能性があるのです。 こまめにシャンプーをしてあげる、空気清浄機をつける、寝室にはペットを入れない、掃除や洗濯をしっかりするという対策が必要となります。
ペットアレルギーとその対策~犬編~ 一昔前までは屋外での飼育も多く見られましたが、最近では小型犬を室内で飼育するケースが増加しています。密閉された空間では、フケや毛、唾液、尿などのアレルゲンが空気中に飛散・舞い上がりやすく、人の皮膚に接触したり体内に侵入する機会も格段に増加します。症状例としては、皮膚が赤く炎症を起こしたり、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどが現れます。また、飼育から5~6年でアレルギー症状を突然発症することも多いようです。 対策としては、犬のアレルゲンとして最も多い「フケ」対策として、週2回のシャンプーを習慣づけましょう。また、室内から屋外の飼育に変えたり、室内で飼育するとしても犬の生活空間と人の生活空間の線引きをすることも重要です。アレルゲンが付着しやすい布類やカーペットなどは犬のテリトリーに置かないようにします。最後に、こまめに掃除をし、換気することも基本の対策となります。
ペットアレルギーとその対策~猫編~ 犬よりもアレルギーの発生率が高く、アレルゲンは毛、フケ、尿に多いのが特徴的です。気管支喘息やアレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎などの症状が現れます。家庭で飼育していなくても、猫を飼育している方の衣類を介して症状を引き起こす場合もあります。 対策としては、奔放な性格から犬よりも難しいかもしれませんが、寝室には入れないようにするほか、できる限り生活空間をわけること。そして布類やカーペットの使用を避け、まめな掃除や換気を心がけます。後は、猫を触った後は手を洗い、服も着替えた方が望ましいです。
ペットアレルギーとその対策~ハムスター編~ ハムスターは、尿中のタンパク濃度が高く、乾燥によって空気中に飛散しやすくなります。また、唾液に含まれるタンパクもアレルゲンとなるため、注意が必要です。くしゃみや目のかゆみよりは、咳などの気管支症状が多く見られます。 対策としては、犬とほぼ同様で、週2回のシャンプー、布類やカーペットからの隔離、まめな掃除や換気を心がけましょう。また、尿を放置しないことが重要となるため、トイレの砂は汚れたらすぐに取り換えるようにします。そして、噛まれると、傷口から唾液中のタンパクが体内に侵入する危険性があるため、噛まれないよう注意しましょう。 噛まれることでアナフィラキシーショックをおこし、死亡するという事例もあります。また、夜行性のため、夜間はゲージにカバーをかぶせ、室内へのアレルゲンの飛散を抑えるというのも効果的です。
一度ペットを飼い始めると、なかなか手放すというわけにはいきません。心配な方は事前に病院でアレルギー検査をするとよいでしょう。

ペットとともに生きる選択

ペットブームに沸く現在、ペットを飼っている家庭は決して珍しくありません。 ペットとともに育つことは、子どもにとっても多くのメリットがあります。家族の一員としてペットを迎え入れて、責任をもって飼えるかどうかを家族で十分に話し合って決めてくださいね。

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

ペットを飼うことが子どもに与えるメリット・デメリットとは?
最新情報をチェックしよう!