2018年4月10日 更新

ヘルパンギーナは夏風邪とはどう違うの?症状は?治療期間はどれくらい?

夏になると流行するヘルパンギーナは、急性の咽頭炎です。子どもがかかりやすい病気として知られていますが、実は大人もかかることがあります。もしヘルパンギーナにかかってしまったらどんな症状が出るのか、その原因やお休みしなければいけない期間などについてまとめてみました。

575 view お気に入り 0

ヘルパンギーナってどんな病気?

thinkstock (45104)

ヘルパンギーナは、夏場になると乳幼児や子どもを中心に流行しやすいウイルス性の感染症です。感染者のほとんどが5歳以下の乳幼児で、その中でも0歳と5歳の割合が最も多いと言われています。

毎年5月ごろから流行が始まり、7月ごろにピークを迎えて夏の終わりまで流行が続きます。

感染者のほとんどが乳幼児とはいえ、大人は感染しないというわけではありません。抵抗力が落ちているときは大人も感染することが多く、重症化する場合があるので注意が必要です。

ヘルパンギーナの症状とは?

thinkstock (45107)

ヘルパンギーナの症状の特徴は、高熱と強いのどの痛みです。39℃を超える高熱が突然出て、喉の奥の炎症や発疹などが口の中に現れます。

口の中にできた発疹は水疱になり、これが口内炎のようになって強い痛みを伴います。飲み物や食べ物だけでなく、唾液や母乳などもしみて痛みが出ることがあります。

ヘルパンギーナと夏風邪の見分け方は?

thinkstock (45110)

自分の症状を言葉で伝えることができない赤ちゃんが高熱を出した時、ただの夏風邪なのかヘルパンギーナなのか様子の変化をしっかりと確認しましょう。

熱が高くぐったりしていたら、以下のことを確認しつつ口の中もチェックしてみてください。

・よだれが多くなる(唾液が痛みで飲み込めない)

・ミルクや母乳、飲食物を嫌がる

・痛みで機嫌が悪い

ヘルパンギーナにかかると、喉の痛みや発熱の他に倦怠感や関節の痛みが出たり、発熱の刺激で熱性けいれんを起こす子どももいます。首の痛み、頭痛や吐き気、嘔吐の症状が見られた場合は、髄膜炎を疑う必要も出てきます。

自己診断はせず、早めに病院で診察を受けるようにしましょう。

妊娠中の感染にも要注意!

thinkstock (45330)

抵抗力が落ちている妊娠中は、大人はかかりにくいと言われているヘルパンギーナにも感染しやすくなります。

出産直前の妊婦さんがヘルパンギーナに感染した場合、生まれてくる子どもに感染してしまう可能性があります。多くの場合は軽症で済むようですが、まれに重症になって、酷い時には赤ちゃんが死亡してしまうケースもあるようです。

特に夏場に出産を迎える妊婦さんは、ただの夏風邪と見くびらず、ヘルパンギーナに対応するためにもしっかりと予防をするようにしましょう。

ヘルパンギーナの治療法は?

thinkstock (45333)

ヘルパンギーナはウイルスが原因で発症する病気なのですが、このウイルスを殺すことができる薬は残念ながら見つかっていません。また、予防接種でヘルパンギーナを予防できるワクチンも今のところ存在していません。

ヘルパンギーナにかかった場合、行われる治療は対症療法が基本となります。発熱には熱さまし、口の中の痛みで食事が出来ない場合は点滴などがその一例です。

家で休む際にも出来るだけ水分をとり、辛い・熱い・冷たい・酸っぱいなどの刺激物を避けて人肌程度でのど越しの良いものを中心に摂るようにしましょう。

基本的には3~4日で回復に向かいます。

出席停止の義務はあるの?

gettyimages (45336)

ヘルパンギーナには、学校保健法の規定では出席停止の義務はありません。熱が下がって24時間程度が経過し、全身の状態が安定していれば登園・登校が可能です。

実際にはヘルパンギーナを引き起こすウイルスは、感染しても何も症状が出ないという状態の人が少なくありません。

感染しても症状が現れていない人から感染するケースや、汚れたものを触って感染することなども考えられるので、一概にヘルパンギーナ感染者からだけが感染経路だと言い切れないため、出席停止の義務は定められていないようです。

ヘルパンギーナの予防のためには何をしたらいい?

thinkstock (45339)

ヘルパンギーナの主な感染経路は、くしゃみなどによる飛沫感染と、手を介した接触観戦です。基本的な予防対策としては基本の手洗いうがいが効果的です。

家に帰ったらまずは手洗いうがいをするようにしましょう。ヘルパンギーナに感染している人が咳やくしゃみをするときは、マスクをしているのが一番ですが、どうしても無い場合にはティッシュで口と鼻を覆ってからするようにすると、飛沫感染を防ぐことができます。

赤ちゃんは手を舐めてしまうことが多いので、ママがこまめに手を除菌ティッシュなどで綺麗にしてあげるようにしてください。

大人の対策としては、子どもが大勢いる場所に行く時はマスクをつけるなどの対策が効果的です。

大人も子どもも、夏はヘルパンギーナに要注意!

ヘルパンギーナは子どもだけの病気ではありません。家族の内誰か一人がかかってしまうと、家族全員に蔓延してしまってもおかしくない怖い病気なんです。

感染しても3~4日で回復するとはいえ、楽しい夏を病気でつぶしてしまうのはもったいないですよね。

楽しい夏の思い出作りの為にも、手洗いうがいを習慣づけて、ヘルパンギーナだけでなく夏の怖い病気を撃退していきましょう!
30 件
クレジットカード審査甘い

クレジットカード審査申請基準が甘い厳選17枚を比較!審査のポイントを解説

初めてクレジットカードを作る場合や審査に自信がない場合には、審査の基準が高いクレジットカードの申込みは避けましょう。一度クレジットカードの審査に落ちてしまうと信用情報に記録が残ってしまいます。

マタイク関連記事 こんな記事も人気です♪

おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

クレジットカードニュース編集部では、クレジットカードを検討している人に特徴とおすすめポイントを分かりやすく解説している記事とクレジットカードにまつわるニュースや豆知識記事を随時更新してお届けしています。
アメックス

アメックス

アメックスのクレジットカード12枚の特徴や審査申請基準をまとめて解説!
子供だけじゃない!手足口病には大人も気を付けて!初期症状は?治療法は?何科?何日で治る?

子供だけじゃない!手足口病には大人も気を付けて!初期症状は?治療法は?何科?何日で治る?

子どもの病気だと思いがちな「手足口病」は大人は感染しないと思っていませんか?実は大人もしっかり感染する病気で、大人がかかると重症化しやすいのも特徴です。これから夏にかけて感染しやすく、なかなか大変な大人の手足口病の予防や治療法についてまとめました。
れぺて | 1,220 view
赤ちゃんが風邪を引いた!症状別「熱性けいれん」の対処法《発熱編》

赤ちゃんが風邪を引いた!症状別「熱性けいれん」の対処法《発熱編》

大切な赤ちゃんが風邪を引いてしまった!焦らず適切な対応をとってあげることで、1日でも早く回復できるようサポートしてあげましょう。今回は『高熱が出た場合』についての発熱時の対処法を徹底解説していきます。
塚原朋子 | 84 view
この発疹ってアトピー?原因と皮膚の症状は?治療法は?ステロイドって大丈夫なの?

この発疹ってアトピー?原因と皮膚の症状は?治療法は?ステロイドって大丈夫なの?

アトピー性皮膚炎という言葉を、一度は聞いたことがあると思います。アトピーはアレルギーの一種なのですが、皮膚がカサカサしたりかゆくなったりするのは有名ですよね。子どもの皮膚が荒れると、アトピーではないかと心配してしまうママもいるかと思います。この記事では、アトピーの原因、皮膚の症状、治療法について取り上げます。
りょうか | 318 view
知っておくと便利!赤ちゃんが病気の時の「症状別離乳食」【病気の時のホームケア】

知っておくと便利!赤ちゃんが病気の時の「症状別離乳食」【病気の時のホームケア】

赤ちゃんが病気になったとき、薬のことは病院からの処方でわかるけれど、自宅では何をどんなふうに食べさせればいいの?と不安に思ったことのあるママも多いと思います。そこで赤ちゃんの病気の時の「症状別の離乳食」の紹介です。ママは赤ちゃんが早く回復に向かうように、病気の症状に合わせて離乳食を作ってあげてくださいね。
miyamu | 490 view
子宮筋腫!症状は?治療法は?診断を受けたらどうしたらいい?

子宮筋腫!症状は?治療法は?診断を受けたらどうしたらいい?

健診を受けて「子宮筋腫」と診断された場合、どうしたらよいのでしょうか。悪化する?経過観察?このままでいいの?婦人科の腫瘍のなかで最も多い病気が子宮筋腫と言われています。成人女性の4~5人に1人といわれる身近な病気「子宮筋腫」についての情報をお伝えします。
COFFEE | 115 view
もし赤ちゃんに嘔吐や下痢という症状が出たら…応急処置とママたちの気持ち

もし赤ちゃんに嘔吐や下痢という症状が出たら…応急処置とママたちの気持ち

もし小さな赤ちゃんの我が子に嘔吐や下痢といった症状がでたら、原因はなに?すぐにでも病院に連れていくべきなの?など、どうしていいか分からないし、とても心配になるのは想像がつきますよね。そんな時の対応を詳しく解説。また、他のママはどうしているのか、どんな気持ちで過ごしているのかご紹介します。
りょうか | 308 view
慌てずに!赤ちゃんの高熱「突発性発疹」の対処法のポイント!

慌てずに!赤ちゃんの高熱「突発性発疹」の対処法のポイント!

生後半年~2歳くらいまでの間にかかることが多い感染症です。突然38度くらいの熱で発症し、その日のうちに40度近くまで上がることもあります。この病名を「突発性発疹」といい、多くの赤ちゃんが経験する病気のひとつです。そんな赤ちゃんの症状にママは慌てず対処が必要です!突発性発疹について、理解しておくべきポイントを押さえておきましょう!
ビオラちゃん | 271 view
インフルエンザの予防接種は受けるべき?効果あるの?接種しても感染するなら受けなくても同じ?

インフルエンザの予防接種は受けるべき?効果あるの?接種しても感染するなら受けなくても同じ?

空気が乾燥してくる時期に子供も大人も気を付けたいのは『インフルエンザ』です。インフルエンザの予防接種には、医師によって意見が分かれているようで、接種を勧める医師と接種の必要はないと主張する医師がいます。両者はどのような根拠に基づいた考えなのでしょうか。インフルエンザの予防接種の必要性について考えてみました。
塚原朋子 | 75 view
こんな軽症状でも「インフルエンザB型」でした!隠れインフルエンザ蔓延中~人生初インフルに感染した体験談~

こんな軽症状でも「インフルエンザB型」でした!隠れインフルエンザ蔓延中~人生初インフルに感染した体験談~

インフルエンザの特徴である”高熱”が出なかった為、病院へ足を運ぶ決定打にかけ「病院へ行くべきか…」2日間迷いに迷いました。素人考えの”インフルエンザに対する思い込み”です。自覚症状に乏しくても、家族内に患者がいる場合は早急に病院へ行きましょう!
旅行や発表会など、イベントを風邪でお休みさせたくない!今日からできる身体改善方法まとめ

旅行や発表会など、イベントを風邪でお休みさせたくない!今日からできる身体改善方法まとめ

保育園や幼稚園など、集団に入ったとたんに増えるのが風邪などの感染症。小学生になっても中学生になってもそれは変わりません。これからの時期は特に病気にかかる子供が増えてきます。そんな冬に是非試してほしい「免疫力を高め、病気にならない強い体を作る」ための方法をまとめました。
塚原朋子 | 227 view
赤ちゃんが風邪!お風呂は入れて大丈夫?「熱や鼻水」症状別の判断記事と注意することのポイント!

赤ちゃんが風邪!お風呂は入れて大丈夫?「熱や鼻水」症状別の判断記事と注意することのポイント!

寒さや乾燥が増して風邪をひいてしまうこの季節。もしも、赤ちゃんが風邪をひいてしまったら「お風呂は入れて大丈夫?」「どの程度の症状だったらお風呂に入れてもいいの?」など、症状別、判断基準や注意点についてお教えいたします!
naay76 | 108 view
自分の声が響く!?耳鳴り?めまい?その症状、もしかして耳管開放症かも!原因は?

自分の声が響く!?耳鳴り?めまい?その症状、もしかして耳管開放症かも!原因は?

何だか最近、話している時に自分の声が耳に響いて不快だな…と感じている妊婦さんもおられると思います。それってもしかして、耳管解放症かも?しれません。妊娠やストレスも原因の一つと言われています。今回は耳管開放症についてご紹介します。
vv_aya_paris_vv | 654 view
赤ちゃんが風邪を引いた!咳が止まらない?原因は?症状別の対処法《咳・喉編》

赤ちゃんが風邪を引いた!咳が止まらない?原因は?症状別の対処法《咳・喉編》

大切な赤ちゃんが風邪を引いてしまった!焦らず適切な対応をとってあげることで、1日でも早く回復できるようサポートしてあげましょう。今回は『長引く咳や喉の痛み』についての対処法を徹底解説していきます。
塚原朋子 | 131 view
知ってる?実は間違ってる!子どもが鼻血を出した時の正しい止め方と対処法

知ってる?実は間違ってる!子どもが鼻血を出した時の正しい止め方と対処法

小さい子どもは鼻血を出すことが多いもの。鼻をぶつけた、鼻をほじった、理由はないけど突然、などさまざまです。血が出てしまうと、子どもはうろたえてしまいますが、大人はどんと構えて「大丈夫よ」と言ってあげたいもの。今回は、鼻血が出てしまった際の正しい対処法についてご紹介します。
minto | 99 view
市販の風邪薬はいつから使う?病院に行けない時には市販の薬がとっても便利!って知ってた?

市販の風邪薬はいつから使う?病院に行けない時には市販の薬がとっても便利!って知ってた?

様々な種類の子供用風邪薬が、ドラックストアや薬局にて販売されています。子供が風邪を引いたときは、小児科に連れて行くから買ったことがないという方も多いのでは?病院に行けない時などに、便利な市販薬についてまとめてみました。知っておくと、万が一の時にきっと役に立つはずです。
塚原朋子 | 576 view
赤ちゃんが風邪を引いている!お風呂って入れても大丈夫?判断基準・注意点を症状別に教えます!

赤ちゃんが風邪を引いている!お風呂って入れても大丈夫?判断基準・注意点を症状別に教えます!

赤ちゃんが風邪をひいている時に「お風呂」に困ったことはありませんか?今回はお風呂に入れても大丈夫なのかどうか「症状別」にお教えいたします!判断基準や注意点なども一緒にご紹介していますので、合わせて見てください!
naay76 | 58 view
子供の手洗い正しくできてますか?感染症予防のためにも親子で手洗い上手になろう!ママが選ぶおすすめのハンドソープ10選

子供の手洗い正しくできてますか?感染症予防のためにも親子で手洗い上手になろう!ママが選ぶおすすめのハンドソープ10選

2歳前後から、子供は自分で手を洗えるようになりますがまだまだ洗い残しが多いはずです。普段は、パパやママが一緒に洗ってあげているのではないですか? 幼稚園や保育園など、親が一緒にいない場所では、どうしても自分自身で上手に手洗いをする必要があります。 『子供に上手な手洗いを教える』という意味でも、まずはママが手洗い上手になりましょう。
塚原朋子 | 290 view
【突発性発疹】赤ちゃんの急な高熱と発疹に慌てないための基礎知識!原因は?症状は?

【突発性発疹】赤ちゃんの急な高熱と発疹に慌てないための基礎知識!原因は?症状は?

生後間もない我が子が突然の発熱、そしてどんどん熱が高くなってくると、パパママは驚き慌ててしまうのではないでしょうか?もしかしたら我が子の人生初の発熱かもしれません。発熱の時点で病院へ行くかと思いますので、発疹は出ていないかも。突発性発疹の原因と、どのような症状が出るのか?を調べまとめてみました。
子供が咳で吐いたらどうするべき!?病院へ行くタイミングは?原因と対処法のポイント!

子供が咳で吐いたらどうするべき!?病院へ行くタイミングは?原因と対処法のポイント!

体調が悪くない・熱はなし・いつもどおり元気。だけど咳をすると吐いてしまうのは、もしかして病気の兆候!?こういう場合は「病院へ行って診察してもらったほうがいいの?」など子供の体調を気にすると分からないことばかり。今回は、病院へ行くタイミングや子供が咳込んで吐く原因とその対処法などお教えいたします!ぜひ、参考にしてください。
naay76 | 352 view
あれ?もう抜けた?早く乳歯が抜けてしまう「低ホスファターゼ症」が増えているって本当?

あれ?もう抜けた?早く乳歯が抜けてしまう「低ホスファターゼ症」が増えているって本当?

「低ホスファターゼ症」という病気はご存知ですか?骨の発達に関わる疾患として、近年話題となっているものです。早期診断が重要となってくるこの病気。初めて聞いたという人は、この記事をよんで是非知識を深めてください。
塚原朋子 | 617 view

この記事のキーワード

この記事のライター

れぺて れぺて

人気まとめ記事

mataiku編集部イチオシ

おすすめの記事

今注目の記事

NEW 新着記事

最近投稿された記事

関連おすすめ記事

mataiku relation