子育てに適している物件とは!?新居をお考えならぜひ知っておくべきポイント!

家を探すポイントはいろいろあると思います。しかし今回は「子供」「子育て」にスポットを当てて、物件選びのポイントをご紹介いたします!知識として知っておけば、いざという時にとても役に立つ情報が満載!!ぜひ今後、引越しをする予定があるのなら知っておいてほしい情報です!

スポンサーリンク

住むにあたって「ポイント」は!?

【1階に住もう!】

子供って家の中でも走り回ったり、おもちゃや食器を落としたりと毎日騒がしいですよね。小さな子供がいるご家庭なら当たり前の日常ですが、2階よりも上の階に住んでいたら「下の階の人にかなりの迷惑をかける」ことになります。 1階に住むメリットはもう1つあり、「子供の転落事故」です! 2階以上に住んでいるよりはリスクは軽減できますし、転落事故を未然に防ぐことができます。子供は予想外の行動をしますので、そういった面の配慮もしっかりと頭に入れておきましょう!!

【周りに子供が多く住んでいるところ!】

同じ年の子供が住んでいれば必然的にお友達になるでしょう!ママにとっても、お家が近くだと共通点がありママ友を作ることもできます♪ もしも、子供の騒音や大声などあった場合でも「子供が居ればお互い様」となりますね!子供連れが多く住んでいる物件や地域は、ある意味「子育てに適している環境」と言っていることと同じです(^^)

【公園の近くに住もう!】

小さな子供が居ると、公園に行くことが毎日の日課になります。そんな時近くに公園があるととっても便利!しかも「近く」だけでなく「質の良い」公園を探すことがポイントです! 「質が良い」というのは、遊具が充実しており、整備されているかどうかの確認をしましょう! また「見晴らしの良い公園」を選ぶことをオススメします!植木や建物で隠れている公園は人の目に留まりにくくく、「変質者」が現れやすいと言われているので気をつけましょう。

住居の空間作りをしよう!

【子供部屋に鍵なし】

子供がある程度大きくる思春期頃に、鍵有りだと部屋から出てこなかったり、変な隠し事をする可能性もあります。事前に鍵なしの部屋にしておけば、未然に防げるのではないでしょうか。

【オープンキッチン】

子供が居るうちは、リビングとキッチンが一緒になっているオープンキッチンがオススメですよ! ママがキッチンで料理をしていても、キッチンからリビングにいる子供の様子をすぐに把握できますし、会話もでき、家族のコミュニケーションが取れます♪ 大人がちょっと目を離したすきに、子供が危ないことをするかもしれないので、大人の目が届く範囲で遊んでくれると助かりますよね! また小学校に上がったら宿題を自分の部屋でやるのではなく「リビング」ですることができます。 子供部屋で宿題をするよりも普段からリビングで宿題や勉強をやっていたほうが、集中力などが養われるため、教育番組でもよく推進しています!

子供が成長した時のことを考えよう!

【収納スペースが多い・広い】

子供が大きくなるにつれて、荷物が増えるのは当然のこと。使わなくなったおもちゃ・赤ちゃんの時に使っていた歩行器・ベビーベッド、洋服・アルバムなどの細々したものまで予想以上に増えます。 あらかじめ、収納スペースが多い・広い物件を選ぶことをオススメします♪

【子供部屋の数】

兄弟が居て、もしも異性だった場合に確実に小学校・中学校と思春期の時期になると「自分の部屋がほしい」となります。 物件を選ぶ段階で子供部屋の数を把握・確保しておきましょう!

まとめ

「子供目線」や「子育て」にスポットを当てると、物件探しのポイントがだいぶ変わってくることが、お分かりいただけましたか? そう簡単に引越しすることができないので、時間をかけてゆっくりと検討してみてください! また、さらに時間があるのであれば、物件周りの環境や子供が住んでいるか、保育園・幼稚園は近いかどうかも調べておくととても役に立ちますよ♪
]]>

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

最新情報をチェックしよう!