子育て中気付くと白髪が…「抜いてはいけない」理由!人気のヘアカラートリートメントご紹介

子育て中気付くと白髪が…

育児をし始めて気がつくと、シミが増えていたり、白髪が増えていたり、いろんな症状に悩まされますよね。とくに白髪は気になって抜きたくなりますが、無理に抜いてしまうのはお勧めできません。白髪になる仕組みと抜かない方が良い理由についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

白髪はやっぱり抜かない方が良い

育児をし始めて気がつくと、シミが増えていたり、白髪が増えていたり。いろんな症状に悩まされますよね。とくに白髪はシミと違ってメイクでは隠せないし、抜こうか染めようかというところです。 白髪は生えてくる人と、まったく目立たない人もいます。気になって抜いてしまいたくなりますが、白髪を抜くのはお勧めできません。その理由をご紹介します。

白髪の原因は「メラノサイト」の機能低下

毛穴の毛根から生まれたばかりの髪の素は、白(透明)なのです。毛根部分に存在している「メラノサイト」が髪に「メラニン色素」を与えるため、毛穴から出る時には髪は黒くなっています。 白髪はメラニン色素をつくる働きが衰えている状態で、色素が供給されなくなると髪の毛に色がつきません。自然と白いまま生えてきたのが白髪です。一度このように機能が低下すると、同じ毛穴からは白いままの髪が生えてくることになります。

髪の色に関わらず、色が抜けて白髪になる

毛根部分は血液からたんぱく質などの栄養をもらって働いています。紫外線を受け続けるとこれらの栄養素が酸化されてしまうため、肌のシミと違って、日に当たっても髪が黒くなることはないのです。 外国の様々な髪の色の人たちも年を取ると髪の色が抜けて白髪になってきます。日本人と同じように毛穴の「メラノサイト」の機能が低下することで白髪になるのです。
紫外線にはビタミンDの合成やカルシウムの吸収を促進して骨を強くするなど身体維持に役立つ効果もたくさんあります。しかし多くの量を浴びると活性酸素を発生させてしまうので、お肌にも髪にもデメリットになります。 頭皮が日焼けをしたり、皮膚に炎症も起こりますので、やはり紫外線は要注意です。髪は黒くならず、お肌が日焼けをしてしまいます。

白髪は抜かない方が良い理由

では、見つけた白髪は抜かない方がいい理由はどこにあるのでしょうか。もう黒髪は生えてこない毛根なら、抜いてしまっても同じで、問題もない気がします。しかし、無理に毛穴から抜くことでダメージが起こります。周辺の毛穴のメラニン機能に影響はありませんが、雑菌が入ってくる可能性があるのです。 気になる箇所の白髪を抜き続けていると、同じ箇所の毛穴が繰り返しダメージを受けることになります。すると今度は髪の毛そのものが生えてこなくなるなどの変化もでてきます。そのため、白髪を見つけたら抜くのはお勧めできないというわけなのです。

白髪は根元からカットする、染める

白髪を見つけたら、毛根近くからハサミで切ったり、白髪隠し剤を使うなどのケアをしていきましょう。本数が少ないうちは、部分隠しも便利です。だんだんと色が染まっていくタイプもあります。 また、全体的に増えてきた時は白髪染めが確実です。トリートメントの中にはだんだんと染まっていく安心成分のケア製品もありますので、頭皮に合う種類を利用してみましょう。

年齢的に「若白髪」!

まだ若い世代なのに白髪が出てくることもあります。理由としては、遺伝、ストレス、血行不良が考えられます。家系的に頭皮のメラニン色素が作られにくいケースがありますし、ストレスにより自律神経が影響を受けたり、血行不良のため頭皮へ栄養が十分に運ばれず、毛根も影響を受けていることがあります。 毛根がダメージを受けると年齢を問わず髪にダメージが起こります。とくにストレスは、年齢や性別に関係なく影響を受ける要因となります。若い世代の白髪は、再び髪色が回復する種類の白髪ですので、ストレスの原因を解消していくことが改善のポイントになります。

人気のヘアカラートリートメント

Amazon | アンファー (ANGFA) スカルプD ヘアカラーコンディショナー (118922)

Amazon | アンファー (ANGFA) スカルプD ヘアカラーコンディショナー

¥2,300
 
※価格・在庫は2019年3月1日現在の情報です。
Amazon | LPLP(ルプルプ) ヘアカラートリートメント モカブラウン 200g (118920)

Amazon | LPLP(ルプルプ) ヘアカラートリートメント モカブラウン 200g

¥3,240
 
※価格・在庫は2019年3月1日現在の情報です。

まとめ

育児で疲れた日々を送る中で、生えてきた白髪にふと気がつくと疲労感も倍増してしまいます。 疲労感やストレスを解消するには、疲れている脳を休息させる方法が最適だといわれています。脳は目からの情報をたくさん集約していますので、ちょっとしたすき間に目を閉じて目や頭を休めるようにしましょう。 また、産後のダイエットなどで食事を制限していると栄養面から白髪になる可能性もあります。無理のないようにバランスの取れた食生活を心がけるようにしましょう。
子育て中気付くと白髪が…
最新情報をチェックしよう!